近衛天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
近衛天皇
第76代天皇
元号 永治
康治
天養
久安
仁平
久寿
先代 崇徳天皇
次代 後白河天皇

誕生 保延5年5月18日1139年6月16日
崩御 久寿2年7月23日1155年8月22日
近衛殿
陵所 安楽寿院南陵
御名 躰仁
父親 鳥羽天皇
母親 藤原得子(美福門院)
皇后 藤原多子
中宮 藤原呈子(九条院)
皇居 近衛殿
テンプレートを表示

近衛天皇(このえてんのう、旧字体:近衞保延5年5月18日1139年6月16日)- 久寿2年7月23日1155年8月22日))は、日本の第76代天皇(在位:永治元年12月7日1142年1月5日) - 久寿2年7月23日1155年8月22日))。躰仁(なりひと)[1]

系譜[編集]

鳥羽天皇の第九皇子。母は藤原得子(美福門院)

系図[編集]

 
(71)後三条天皇
 
(72)白河天皇
 
(73)堀河天皇
 
(74)鳥羽天皇
 
(75)崇徳天皇
 
重仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
覚行法親王
 
 
最雲法親王
 
 
(77)後白河天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実仁親王
 
 
覚法法親王
 
 
(76)近衛天皇
 
 
 
 
 
 
 
媞子内親王
(郁芳門院)
 
 
 
輔仁親王
 
(源)有仁
 
 
 
 
篤子内親王
 


来歴[編集]

生母の得子が鳥羽上皇の寵愛を受けていたため、崇徳天皇の中宮・藤原聖子准母とし、わずか2歳で異母兄・崇徳天皇の譲位を受けて即位した。在位中は鳥羽上皇が院政を敷いた。しかし病気がちで、15歳の時には一時失明の危機に陥り、譲位の意思を関白・藤原忠通に告げたという(『台記』仁平3年9月23日条)。病弱な上に17歳で早世したため皇子女はなく、異母兄・雅仁親王が即位した(後白河天皇)。鳥羽法皇が崩御すると皇位を巡って朝廷が後白河天皇方と崇徳上皇方に分裂し、保元の乱が起こる。

近衛天皇の死は左大臣・藤原頼長の呪詛によるものという噂が流れた。口寄せによって現れた近衛天皇の霊は「何者かが朕を呪うために愛宕山の天公像の目に釘を打った。このため朕は眼病を患い、ついに亡くなるに及んだ」と述べたので、調べてみると確かに釘が打ちつけられていた。住僧に尋ねてみると「5〜6年前の夜中に誰かが打ち付けた」と答えたという(『台記』久寿2年8月27日条)。

后妃[編集]

在位中の元号[編集]

  • 永治 - 元年12月7日(1142年1月5日)践祚、2年4月28日(1142年5月25日)即位により康治に改元
  • 康治 - 3年2月23日(1144年3月28日)甲子革令により天養に改元
  • 天養 - 2年7月22日(1145年8月12日)彗星出現により久安に改元
  • 久安 - 7年1月26日(1151年2月14日)暴風・洪水により仁平に改元
  • 仁平 - 4年10月28日(1154年12月4日)厄運により久寿に改元
  • 久寿 - 2年7月23日(1155年8月22日)崩御

諡号・追号[編集]

兵範記』久寿2年7月27日条によると、葬礼の準備が進められる中で院号定があり、まず右大弁藤原朝隆が「近衛院」を提案した。院号は邸宅に因むという原則があり、近衛殿は天皇の里内裏だった。しかし花山院忠雅は近衛の字は追号に憚りがあるので「後陽明門院」ではどうかと発言した。忠雅はその理由を述べていないが、「近衛とは天皇の護衛兵であり院号にふさわしくない」、「それならば近衛大路に通じ、別称でもある陽明門が良い」、「陽明門院は禎子内親王の院号としてすでに使用されているので、後の字を付けて区別する」という発想があったと推測される。これに対して中御門宗能は「天皇と天皇ならば前後の字があるべきだが、天皇と国母、男女の間では前後の字を付けた例はない」と反論し、これにより「後陽明門院」や「陽明門院」は撤回され、当初の「近衛院」に決定した。

陵・霊廟[編集]

安楽寿院南陵

(みささぎ)は、京都府京都市伏見区竹田浄菩提院町にある安樂壽院南陵(安楽寿院南陵:あんらくじゅいんの みなみの みささぎ)に治定されている[2]。公式形式は多宝塔。

また皇居では、宮中三殿のひとつ皇霊殿において他の歴代天皇や皇族とともに近衛天皇の霊が祀られている。

補注[編集]

  1. ^ 「躰」は「體」の俗字。今日の日本語では「體」のもう一つの俗字である「体」を新字体として常用漢字に用いていることから、躰仁親王のことを体仁親王と記すことも多い。
  2. ^ 天皇陵(宮内庁)