清寧天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
清寧天皇
第22代天皇
在位期間
清寧天皇元年1月15日 - 同5年1月16日
先代 雄略天皇
次代 顕宗天皇

陵所 河内坂門原陵
異称 白髪皇子
白髪武広国押稚日本根子天皇
白髪大倭根子命
父親 雄略天皇
母親 葛城韓媛
皇居 磐余甕栗宮
テンプレートを表示

清寧天皇(せいねいてんのう、允恭天皇33年? - 清寧天皇5年1月16日)は、第22代天皇(在位:清寧天皇元年1月15日 - 同5年1月16日)。御名は白髪皇子(しらかのみこ)。和風諡号白髪武広国押稚日本根子天皇(しらかのたけひろくにおしわかやまとねこのすめらみこと)、白髪大倭根子命古事記)。

系譜[編集]

天皇系図 15~26代

雄略天皇の第三皇子。母は、葛城韓媛(かつらぎのからひめ)。 后妃なし、従って皇子女もなし。

皇居[編集]

都は磐余甕栗宮(いわれのみかくりのみや、奈良県橿原市東池尻町の御厨子神社が伝承地)。

略歴[編集]

御名の「白髪皇子」の通り、生来白髪であったため、父帝の雄略天皇は霊異を感じて皇太子としたという。

雄略天皇23年8月、雄略天皇崩御。吉備氏の母を持つ星川稚宮皇子が大蔵を占拠し、権勢を縦にしたため、大伴室屋東漢直掬らにこれを焼き殺させる。翌年正月即位

皇子がいなかったことを気に病んでいたが、清寧天皇2年、市辺押磐皇子の子である億計王(後の仁賢天皇)・弘計王(後の顕宗天皇)の兄弟を播磨で発見したとの情報を得、勅使を立てて明石に迎えさせる。翌年2王を宮中に迎え入れ、億計王を東宮に、弘計王を皇子とした。

5年正月崩御した。『水鏡』に41歳、『神皇正統記』に39歳という。

陵・霊廟[編集]

(みささぎ)は、大阪府羽曳野市西浦6丁目にある河内坂門原陵(こうちのさかどのはらのみささぎ)に治定されている。公式形式は前方後円。考古学名は西浦白髪山古墳前方後円墳、全長112m)。

また皇居では、皇霊殿宮中三殿の1つ)において他の歴代天皇・皇族とともに天皇の霊が祀られている。

在位年と西暦との対照[編集]

当天皇の在位について、実態は明らかでない。『日本書紀』に記述される在位を機械的に西暦に置き換えた年代については「上古天皇の在位年と西暦対照表の一覧」を参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]