藤原賢子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

藤原 賢子(ふじわら の けんし/かたいこ、天喜4年(1057年) - 応徳元年9月22日1084年10月24日))は、第72代白河天皇中宮、第73代堀河天皇の国母。父は右大臣・源顕房、母は源隆俊の女・隆子。太政大臣・藤原師実の養女。

生涯[編集]

延久3年(1071年)3月9日、東宮・貞仁親王に入内する。貞仁親王即位(白河天皇)に伴い、延久5年(1073年)7月23日に女御となり、翌6年(1074年)6月20日に中宮に冊立された。この時懐妊中であり、同年(改元して承保元年)12月、第一皇子・敦文親王を産む。承保4年(1077年)に敦文親王は夭折するが、承暦3年(1079年)に善仁親王(後の堀河天皇)を出産。他に媞子内親王(郁芳門院)令子内親王禛子内親王を産んだ。28歳で崩御

賢子を非常に寵愛した白河天皇は、重態に陥った時も宮中の慣例に反して退出を許さず、ついに崩御した際には亡骸を抱いて号泣し、食事も満足に取らなかった。これを見かねた権中納言・源俊明が、天皇穢れに触れてはいけないからと遷幸を勧めると、「例はこれよりこそ始まらめ」と反論した逸話は有名である。

白河天皇の嘆きはひとかたならず、応徳3年(1086年)円光院を建て遺骨を納め、毎月仏像を造り、さらに円徳院勝楽院常行堂などを建てて供養した。陵は京都市伏見区の上醍醐陵。

寛治元年(1087年)12月28日、堀河天皇が即位すると皇太后追贈された。