九条任子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

九条 任子(くじょう にんし、承安3年9月23日1173年10月31日) - 暦仁元年12月28日1239年2月3日))は平安時代末期から鎌倉時代にかけての后妃、女院後鳥羽天皇中宮。父は関白九条兼実。母は藤原兼子。院号宜秋門院。法名は清浄智。子女は昇子内親王(春華門院)。

生涯[編集]

文治5年(1189年)、従三位。文治6年(1190年)1月、後鳥羽天皇の元服に伴い入内し、女御宣下され、4月には中宮に冊立。建久6年(1195年昇子内親王出産。建久7年(1196年)、建久七年の政変で父・兼実の失脚により内裏を退出。

正治2年(1200年)院号宣下、宜秋門院となる。正治3年(1201年)、母・兼子の死去により、法然の下で受戒。承元元年(1207年)父・兼実が薨去建暦元年(1211年)昇子内親王が薨去。建暦2年(1212年院号年官年爵を辞した。

承久3年(1221年)、承久の乱で、夫・後鳥羽上皇が隠岐島に配流となる。暦仁元年(1238年崩御。享年66。

関連項目[編集]