藤原顕季

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

藤原 顕季(ふじわら の あきすえ、天喜3年(1055年) - 保安4年9月6日1123年9月27日))は、平安時代後期の貴族歌人美濃藤原隆経の息子。官位正三位修理大夫六条修理大夫と号した。歌道家の流派のひとつ六条藤家の祖。善勝寺流初代。

経歴[編集]

藤原北家魚名流で、魚名の子末茂の後裔である正四位下美濃藤原隆経[1]の子として生まれる。末茂の子孫では光孝天皇の母藤原沢子の甥として中納言に昇った有穂が唯一の公卿であり、顕季の家は代々受領を務める中級貴族に属する家であった。

母親が白河天皇の乳母であったため、乳兄弟として白河天皇の信任が厚く、若い頃より讃岐国丹波国尾張国上国国司を歴任。永保3年(1083年)には29歳にして早くも正四位下に昇進する。その後も大国である播磨守や大宰大弐に任官する等により財力を蓄え、その邸宅六条殿は白河院の院庁となるほど豪勢なものであった。また、家格を上げるために、白河上皇の生母藤原茂子の兄である藤原実季の養子にもなった。

院の近臣として権勢を誇り、長治元年(1104年)には従三位に昇進、末茂の子孫としては前述の有穂以来の公卿となった。しかしながら、議政官への昇進は叶わず、極官は正三位・修理大夫であった。なお、顕季が白河法皇に対して参議への任官希望を伝えたものの、漢詩が作れないことを理由に沙汰止みになったとされる[2]

顕季の3人の息子(長実家保顕輔)及びその子孫も院の近臣として活躍。顕季から始まる家系は善勝寺流と呼ばれ、四条家を始めとして、7家の堂上家羽林家)を輩出した。

官職[編集]

歌人として[編集]

藤原忠通主催の歌合ほかで判者をつとめるなど、時代を代表する歌人であった。自身も歌合を主催するなど精力的に活動した。承暦2年(1078年)の『承暦二年内裏歌合』、寛治7年(1093年)の『堀河百首』、『郁芳門院根合』、『堀河院艶書合』、『鳥羽殿北面歌合』などに出詠して名声を博した。

元永元年(1118年)には、柿本人麻呂の図像を祭り歌を献じたが、これは史上最初の「人麿影供(えいぐ)」の記録とされる。

後拾遺和歌集』以下の勅撰和歌集に48首の作品が採録されている[3]。特に白河法皇の院宣により編纂された『金葉和歌集』には20首が入首し、顕季の歌が巻頭に記されている。家集に『六条修理大夫集』がある。

代表的な歌[編集]

  • み山いでてまだ里なれぬ時鳥うはの空なる音をやなくらん(金葉和歌集)
  • 夏衣すそのの草葉ふく風におもひもあへず鹿やなくらん(金葉和歌集)
  • わが恋は烏羽にかく言の葉のうつさぬほどはしる人もなし(金葉和歌集)
  • わぎもこが声たちききし唐衣その夜の露に袖はぬれにき(金葉和歌集)
  • 種まきしわが撫子の花ざかりいく朝露のおきて見つらん(詞花和歌集)
  • 五月闇さ山の峰にともす火は雲のたえまの星かとぞみる(千載和歌集)
  • 夜とともに行方もなき心かな恋は道なきものにぞありける(千載和歌集)
  • 霞しく木の芽はるさめふるごとに花の袂はほころびにけり(新勅撰和歌集)

系譜[編集]

  • 義兄弟:藤原通俊…妻の兄弟。歌人。『後拾遺和歌集』選者。

脚注[編集]

  1. ^ 実の父は系図上の兄に当たる無位無官の師隆であり、父が無官であるため、顕季を祖父隆経の子としたという説もある(竹内理三『日本の歴史 6 武士の登場』中公文庫、1973年、197頁)。
  2. ^ 今鏡』すべらぎの中 第2 釣せぬ浦々
  3. ^ 『勅撰作者部類』
  4. ^ 『殿暦』

外部リンク[編集]