安康天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
安康天皇
第20代天皇
在位期間
允恭天皇42年12月14日 - 安康天皇3年8月9日
先代 允恭天皇
次代 雄略天皇

陵所 菅原伏見西陵
父親 允恭天皇
母親 忍坂大中姫
皇居 石上穴穂宮
テンプレートを表示

安康天皇(あんこうてんのう、履中天皇2年? - 安康天皇3年8月9日)は、第20代天皇(在位:允恭天皇42年12月14日 - 安康天皇3年8月9日)。穴穂天皇穴穂皇子(あなほのみこ)。中国の『宋書』・『梁書』に記される「倭の五王」中の倭王興に比定されている。

系譜[編集]

天皇系図 15~26代
安康天皇陵比定地(奈良市)

允恭天皇の第二皇子。母は忍坂大中姫雄略天皇の同母兄。

皇居[編集]

都は石上穴穂宮(いそのかみのあなほのみや。現在の奈良県天理市田町、あるいは同市田部か)。

略歴[編集]

允恭天皇42年1月に允恭天皇が崩御する。

皇太子の木梨軽皇子には近親相姦前科が有ったために群臣は皆従わず、弟の穴穂皇子の側に付いた。

軽皇子は穴穂皇子を討ち殺そうとして兵を集めるが、群臣が離反していく不利な現況を悲嘆して、物部大前宿禰(もののべのおおまえのすくね)の家に潜んだ。穴穂皇子が率いる兵に包囲され、大前宿禰の計らいで戦は避けられたが、軽皇子は自裁した(尚、『古事記』では伊余湯流罪となったと記される)。こうして、穴穂皇子は12月に践祚した。

安康天皇元年、根使主の讒言を信じて大草香皇子仁徳天皇の皇子)を誅殺し、翌年にその妃であった中蒂姫を皇后に立てた。

同3年8月9日、天皇は中蒂姫の連れ子眉輪王により暗殺された。『古事記』『旧事紀』に享年56、『帝王編年記』に享年54と伝えられる。

皇太子を指名することなく崩御したが、従兄弟の市辺押磐皇子履中天皇の皇子)を皇位継承者に立てる腹積もりであったとされる。

近親相姦説[編集]

兄である木梨軽皇子には近親相姦疑惑があったとされているが、安康天皇も近親相姦をしていたのではないかという説がある。これは、『古事記』では大草香皇子を殺した後に妻にした皇后が、同母姉であるはずの長田大娘皇女とされており、木梨軽皇子と軽大娘皇女の逸話からして禁止されていると推測されている同母の兄弟姉妹婚に当たるためである。ただし『日本書紀』の雄略紀では安康天皇の妻は履中天皇の皇女である中磯皇女とし、亦の名は長田大娘皇女と註を付けている。

陵・霊廟[編集]

(みささぎ)は、奈良県奈良市宝来4丁目にある菅原伏見西陵(すがわらのふしみのにしのみささぎ)に治定されている。公式形式は方丘。考古学名は古城1号墳

ただし本古墳は、近年の調査結果から古墳ではなく中世の山城跡とする見方が強い。

また皇居では、皇霊殿宮中三殿の1つ)において他の歴代天皇・皇族とともに天皇の霊が祀られている。

在位年と西暦との対照[編集]

当天皇の在位について、実態は明らかでない。『日本書紀』に記述される在位を機械的に西暦に置き換えた年代については「上古天皇の在位年と西暦対照表の一覧」を参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]