懿徳天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
懿徳天皇
第4代天皇
在位期間
懿徳天皇元年2月4日 - 懿徳天皇34年9月8日
先代 安寧天皇
次代 孝昭天皇

誕生 綏靖天皇29年
崩御 懿徳天皇34年9月8日 77歳
陵所 畝傍山南繊沙渓上陵
異称 大日本彦耜友天皇(紀)
大倭日子鉏友命(記)
父親 安寧天皇
母親 渟名底仲媛命(紀)
阿久斗比売(記)
皇后 天豊津媛命(紀)
賦登麻和訶比売命(記)
子女 観松彦香殖稲尊(孝昭天皇
武石彦奇友背命
皇居 軽曲峡宮(軽之境岡宮)

欠史八代の1人。
テンプレートを表示

懿徳天皇(いとくてんのう、綏靖天皇29年 - 懿徳天皇34年9月8日)は、日本の第4代天皇(在位:懿徳天皇元年2月4日 - 懿徳天皇34年9月8日)。

和風諡号は、『日本書紀』では「大日本彦耜友天皇(おおやまとひこすきとものすめらみこと)」、『古事記』では「大倭日子鉏友命」。

『日本書紀』『古事記』とも系譜の記載はあるが事績の記述はなく、いわゆる「欠史八代」の1人に数えられる。

名称[編集]

漢風諡号である「懿徳」は、8世紀後半に淡海三船によって撰進された名称とされる[1]

和風諡号である「おおやまとひこ-すきとも」のうち、「おおやまとひこ」は後世に付加された美称、「すきとも」は「すきつみ」からの転訛で、その末尾の「み」は神名の末尾に付く「み」と同義と見られる[2]。このことから、懿徳天皇の原像は「すきつみ(耜友/鉏友)」という名のの神であって、これが天皇に作り変えられたと推測されている[2]

系譜[編集]

(名称は『日本書紀』を第一とし、括弧内に『古事記』ほかを記載)

父は第3代安寧天皇。母の記載は記紀で異なり、『日本書紀』では鴨王事代主神の孫)の娘の渟名底仲媛命(ぬなそこなかつひめのみこと)、『古事記』では師木県主波延(河俣毘売の兄)の娘の阿久斗比売(あくとひめ)とする。

第二子であり、兄弟として同母兄に息石耳命(または常津彦某兄)、同母弟に磯城津彦命がいる。

妻子は次の通り。

  • 皇后天豊津媛命 (あまとよつひめのみこと)
    『日本書紀』本文による。息石耳命の娘で、懿徳天皇の姪にあたる。
    ただし、同書第1の一書では猪手(磯城県主葉江の弟)の娘の泉媛、第2の一書では磯城県主太真稚彦の娘の飯日媛とし、『古事記』では師木県主の祖の賦登麻和訶比売命(ふとまわかひめ、亦名を飯日比売命)とする[2]
    • 皇子:観松彦香殖稲尊 (みまつひこかえしねのみこと、御真津日子訶恵志泥命) - 第5代孝昭天皇
    • 皇子:武石彦奇友背命 (たけしひこくしともせのみこと」日本書紀一書、多芸志比古命:古事記) - 日本書紀本文なし。血沼之別・多遲麻之竹別・葦井之稲置らの祖(記)。

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天火明命
 
尾張氏族]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
火闌降命
 
阿多氏族]
 
 
 
 
天照大神
 
天忍穂耳尊
 
 
瓊瓊杵尊
 
 
彦火火出見尊
 
彦波瀲武盧茲草葺不合尊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天穂日命
 
出雲氏族]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天津彦根命
 
額田部氏族]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(1)神武天皇
 
神八井耳命
 
多氏族〕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(2)綏靖天皇
 
(3)安寧天皇
 
(4)懿徳天皇
 
(5)孝昭天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天足彦国押人命
 
和珥氏族〕
 
 
(8)孝元天皇
 
大彦命
 
阿倍氏族〕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(6)孝安天皇
 
(7)孝霊天皇
 
 
倭迹迹日百襲姫命
 
 
(9)開化天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
吉備津彦命
 
 
彦太忍信命
 
屋主忍男武雄心命
 
武内宿禰
葛城氏蘇我氏へ〕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
稚武彦命
 
吉備氏族〕
 
 


事績[編集]

日本書紀』『古事記』とも事績に関する記載はない。

『日本書紀』によると、安寧天皇11年1月1日に立太子。安寧天皇38年12月6日の父天皇の崩御を受け、崩御の翌年(懿徳天皇元年)2月4日に即位。そして懿徳天皇2年1月5日に宮を軽曲峡宮に遷した。

その後、懿徳天皇34年9月8日に在位34年にして崩御した。時に『日本書紀』では77歳、『古事記』では45歳という[2]。乙丑年(崩御翌年)10月13日、遺骸は「畝傍山南纎沙谿上陵」に葬られた。

[編集]

宮(皇居)の名称は、『日本書紀』では軽曲峡宮(かるのまがりおのみや)、『古事記』では軽之境岡宮(かるのさかいおかのみや)[3]

宮の伝説地は、現在の奈良県橿原市大軽町周辺と伝承される[3][2]。同地付近の白橿町では、「軽曲峡宮跡伝承地」碑が建てられている(位置[4]

陵・霊廟[編集]

懿徳天皇 畝傍山南纖沙溪上陵
奈良県橿原市

(みささぎ)は、奈良県橿原市西池尻町にある畝傍山南纖沙溪上陵(うねびやまのみなみのまなごのたにのえのみささぎ、位置)に治定されている[5][6][7]。公式形式は山形。俗称「マナゴ山」(山形墳)。

陵について『日本書紀』では前述のように「畝傍山南纖沙溪上陵」、『古事記』では「畝火山の真名子谷の上」の所在とあるほか、『延喜式』諸陵寮では「畝傍山南繊沙渓上陵」として兆域は東西1町・南北1町、守戸5烟で遠陵としている[7]。しかし後世に所伝は失われ、幕末修陵に際して現陵に治定された[7]。なお、橿原市畝傍町のイトクノモリ古墳はその名から懿徳陵とされることもあったが、一説に皇后陵だともいわれる。

また皇居では、宮中三殿の1つの皇霊殿において他の歴代天皇・皇族とともに懿徳天皇の霊が祀られている。

在位年と西暦との対照[編集]

懿徳天皇の在位年について、実態は明らかでない。『日本書紀』に記述される在位を機械的に西暦に置き換えた年代については「上古天皇の在位年と西暦対照表の一覧」を参照。

考証[編集]

懿徳天皇を含む綏靖天皇(第2代)から開化天皇(第9代)までの8代の天皇は、『日本書紀』『古事記』に事績の記載が極めて少ないため「欠史八代」と称される。これらの天皇は、治世の長さが不自然であること、7世紀以後に一般的になるはずの父子間の直系相続であること、宮・陵の所在地が前期古墳の分布と一致しないこと等から、極めて創作性が強いとされる。一方で宮号に関する原典の存在、年数の嵩上げに天皇代数の尊重が見られること、磯城県主や十市県主との関わりが系譜に見られること等から、全てを虚構とすることには否定する見解もある[8](詳細は「欠史八代」を参照)。

伝承[編集]

中世の『古今和歌集序聞書三流抄』には、天皇が出雲行幸して、素戔嗚尊に出会うという逸話が見える。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 上田正昭 「諡」『日本古代史大辞典』 大和書房、2006年。
  2. ^ a b c d e 懿徳天皇(古代氏族) 2010年.
  3. ^ a b 軽曲峡宮(国史).
  4. ^ 軽曲峡宮(陵墓探訪記<個人サイト>)。
  5. ^ 天皇陵(宮内庁)。
  6. ^ 宮内省諸陵寮編『陵墓要覧』(1934年、近代デジタルライブラリーより)8コマ。
  7. ^ a b c 畝傍山南繊沙渓上陵(国史).
  8. ^ 上田正昭 「欠史八代」『日本古代史大辞典』 大和書房、2006年。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]