神八井耳命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

神八井耳命(かんやいみみのみこと[1]、生年不詳 - 綏靖天皇4年4月)は、記紀等に伝わる古代日本皇族

初代神武天皇皇子、第2代綏靖天皇の同母兄で、多臣(多氏)及びその同族の祖とされる。

系譜[編集]

(名称は『日本書紀』を第一とし、括弧内に『古事記』ほかを記載)

日本書紀』『古事記』によれば、初代神武天皇と、事代主神の娘の媛蹈鞴五十鈴媛命(ひめたたらいすずひめのみこと)、または大物主神の娘の伊須気余理比売命(いすけよりひめのみこと)との間に生まれた皇子である[1]

『日本書紀』では、同母弟に神渟名川耳尊(神沼河耳命、第2代綏靖天皇)を、『古事記』では加えて同母兄に日子八井命(日本書紀なし)の名を挙げる。

記録[編集]

日本書紀』綏靖天皇即位前紀によれば、朝政の経験に長けていた庶兄の手研耳命(たぎしみみのみこと)は、皇位に就くため弟の神八井耳命・神渟名川耳尊を害そうとした。この陰謀を知った神八井耳・神渟名川耳兄弟は、己卯[2]11月に片丘(奈良県北葛城郡王寺町香芝町上牧町付近か[3])の大室に臥せっていた手研耳を襲い、これを討った。この際、神八井耳は手足が震えて矢を射ることができず、代わりに神渟名川耳が射て殺したという。神八井耳はこの失態を深く恥じ、弟に皇位をすすめ(第2代綏靖天皇)、自分は天皇を助けて神祇を掌ることとなった。そして神八井耳は綏靖天皇4年4月に死去したという[1][3]

古事記』においても同様の説話が記されている。

墓・霊廟[編集]

墓は不詳。『日本書紀』では、神八井耳命は「畝傍山北」に葬られたと記されている[1]畝傍山の北に所在する八幡神社奈良県橿原市山本町)社伝では、同社は神八井耳命の墓の所在地であるといい、古くは「八井神社」と称されたとする。

また、多氏氏神社である多坐弥志理都比古神社奈良県磯城郡田原本町)を始めとする諸社で、命の霊が祀られている。

後裔[編集]

氏族[編集]

日本書紀』では、神八井耳命について多臣(多氏)の祖と記している[1]

また『古事記』では、意富臣(多氏)・小子部連・坂合部連・火君・大分君・阿蘇君・筑紫三家連・雀部臣・雀部造・小長谷造・都祁直・伊余国造科野国造道奥石城国造常道仲国造長狭国造・伊勢船木直・尾張丹羽臣・嶋田臣ら19氏の祖とする[1]

そのほか『新撰姓氏録』では、次の氏族が後裔として記載されている[1]

  • 左京皇別 多朝臣 - 出自は謚神武の皇子の神八井耳命の後。
  • 左京皇別 小子部宿禰 - 多朝臣同祖。神八井耳の後。
  • 右京皇別 島田臣 - 多朝臣同祖。神八井耳命の後。同条では五世孫に武恵賀前命、七世孫に仲臣子上の名を挙げる。
  • 右京皇別 茨田連 - 多朝臣同祖。神八井耳命男の彦八井耳命の後。
  • 右京皇別 志紀首 - 多朝臣同祖。神八井耳命の後。
  • 右京皇別 薗部 - 同氏。
  • 右京皇別 火 - 同氏。
  • 大和国皇別 肥直 - 多朝臣同祖。神八井耳命の後。
  • 河内国皇別 志紀県主 - 多同祖。神八井耳命の後。
  • 河内国皇別 紺口県主 - 志紀県主同祖。神八井耳命の後。
  • 河内国皇別 志紀首 - 志紀県主同祖。神八井耳命の後。
  • 和泉国皇別 雀部臣 - 多朝臣同祖。神八井耳命の後。
  • 和泉国皇別 小子部連 - 同神八井耳命の後。
  • 和泉国皇別 志紀県主 - 雀部臣同祖。

国造[編集]

前述のように、『古事記』では伊余国造科野国造道奥石城国造常道仲国造長狭国造の祖とする。

先代旧事本紀』「国造本紀」では、次の国造が後裔として記載されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 神八井耳命(古代氏族) 2010年.
  2. ^ 己卯年は神武天皇崩御年(神武天皇76年:丙子年)の3年後、綏靖天皇即位年(庚辰年)の前年にあたる。
  3. ^ a b 手研耳命(古代氏族) 2010年.
  4. ^ 『国造制の研究 -史料編・論考編-』(八木書店、2013年)p. 187。
  5. ^ 『国造制の研究 -史料編・論考編-』(八木書店、2013年)p. 211。
  6. ^ 『国造制の研究 -史料編・論考編-』(八木書店、2013年)p. 281。

参考文献[編集]

関連項目[編集]