神八井耳命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
神八井耳命
(かむやいみみのみこと)
続柄 神武天皇皇子
出生 不明
死去 綏靖天皇4年(紀元前578年)4月
大和国
埋葬 不明
大和国畝傍山の北墓
(伝承地:奈良県橿原市山本町の八幡神社
父親 神武天皇(初代天皇
母親 媛蹈鞴五十鈴媛命
テンプレートを表示

神八井耳命(かむやいみみのみこと、? - 綏靖天皇4年(紀元前578年)4月)は、『古事記』『日本書紀』等に記される日本皇族(王族)。神武天皇皇子で、母は媛蹈鞴五十鈴媛命。同母兄弟に日子八井命(『新撰姓氏録』には子)・綏靖天皇がいる。子に健磐龍命



動向[編集]

天皇略系図(初代 - 第10代) SVGで表示(対応ブラウザのみ)

父の神武天皇が崩じた後、朝政の経験に長けていた庶兄の手研耳命(たぎしみみのみこと)は皇位に就こうとして、弟たちを害そうとした。この陰謀を母后の歌から察知した神渟名川耳尊(後の綏靖天皇)・神八井耳命は片丘(奈良県北葛城郡王寺町)の大窖にいる手研耳を襲い、これを討った。この際、神八井耳は恐怖で手足が震えおののいて矢を放てず、代わりに神渟名川耳が射て殺したという(タギシミミの反逆を参照)。神八井耳はこの失態を深く恥じ、弟が天皇として即位するに及び、これを助けて天神地祇を掌ることとなったが、3年後に薨じた。畝傍山の北墓に葬られたと伝えられ、現在、奈良県橿原市山本町の八幡神社(古く八井神社と呼ばれた)はその伝説地とされる。

系図[編集]

 
(1)神武天皇
 
神八井耳命
 
多氏族〕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(2)綏靖天皇
 
(3)安寧天皇
 
(4)懿徳天皇
 
(5)孝昭天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天足彦国押人命
 
和珥氏族〕
 
 
(8)孝元天皇
 
大彦命
 
阿倍氏族〕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(6)孝安天皇
 
(7)孝霊天皇
 
 
倭迹迹日百襲姫命
 
 
(9)開化天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
吉備津彦命
 
 
彦太忍信命
 
屋主忍男武雄心命
 
武内宿禰
蘇我氏へ〕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
稚武彦命
 
吉備氏族〕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(10)崇神天皇
 
豊城入彦命
 
毛野氏族〕
 
 
日本武尊
 
(14)仲哀天皇
 
(15)応神天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(11)垂仁天皇
 
(12)景行天皇
 
 
(13)成務天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
豊鍬入姫命
 
 
倭姫命
 
 
五百城入彦皇子
 
  ◇
 
仲姫命
(応神天皇后)
 
 
 
 
 
 
 
彦坐王
 
丹波道主王
 
 
鐸石別命
 
和気氏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ◇
 
  ◇
 
気長宿禰王
 
神功皇后
(仲哀天皇后)
 
 
 
 


霊廟[編集]

多氏の氏神社である多坐弥志理都比古神社奈良県磯城郡田原本町)を始め、伊達神社和歌山県和歌山市)・嶋田神社(奈良県奈良市)等の式内社男成神社熊本県上益城郡山都町)などで祀られる。なお、「神」が「醸む(かむ)」に通じることから、好きな神として祀る神社もある。

後裔[編集]

古事記』・『新撰姓氏録』・『先代旧事本紀』・『阿蘇氏系図』によれば、神八井耳命の子孫は繁多に分かれ、多君太安万侶の一族)・小子部連坂合部連・火君・大分君雀部臣小長谷造伊予国造金刺舎人石城国造丹羽臣(のち椋橋宿禰)・茨田連・嶋田臣等がいた。

関連項目[編集]