日子八井命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日子八井命(ひこやいのみこと[1]、生没年不詳)は、『古事記』等に伝わる古代日本皇族

古事記』では「日子八井命」、他文献では「彦八井耳命(ひこやいみみのみこと)」等とも表記される。『日本書紀』に記載はなく、『古事記』でも事績に関する記載はない。

系譜[編集]

古事記』によると、初代神武天皇と、大物主神の娘の伊須気余理比売命(いすけよりひめのみこと、媛蹈鞴五十鈴媛命)との間に生まれた皇子である[1]。同書では、同母弟として神八井耳命、神沼河耳命(第2代綏靖天皇)の名を挙げる。

日本書紀』に命の名は無く、『新撰姓氏録』右京皇別 茨田連条や『阿蘇氏系図』では、命を神八井耳命の子とする異説が掲載されている[1]

後裔氏族[編集]

『古事記』では、日子八井命について茨田連・手島連らの祖とする[1]

新撰姓氏録』では、次の氏族が後裔として記載されている[1]

  • 右京皇別 茨田連 - 多朝臣同祖。神八井耳命男の彦八井耳命の後。
  • 山城国皇別 茨田連 - 茨田宿禰同祖。彦八井耳命の後。
  • 摂津国皇別 豊島連 - 多朝臣同祖。彦八井耳命の後。
  • 摂津国皇別 松津首 - 豊島連同祖。
  • 河内国皇別 茨田宿禰 - 多朝臣同祖。彦八井耳命の後。同条では、子に野現宿禰の名を挙げる。
  • 河内国皇別 下家連 - 彦八井耳命の後。
  • 河内国皇別 江首 - 彦八井耳命七世孫の来目津彦命の後。
  • 河内国皇別 尾張部 - 彦八井耳命の後。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]