日子八井命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日子八井命
(ひこやいのみこと)
続柄 神武天皇皇子?皇孫?
出生 不明
不明
死去 不明
不明
埋葬 不明
不明
父親 神武天皇(初代天皇)?
神八井耳命
母親 伊須気余理比売命(神武天皇の皇后
テンプレートを表示
天皇略系図(初代 - 第10代) SVGで表示(対応ブラウザのみ)

日子八井命(ひこやいのみこと、生没年不詳)は、日本神話に登場する日本皇族彦八井耳命彦八井命武国竜命高知保神。『古事記』によれば、初代神武天皇皇子で、母は大物主神の女・伊須気余理比売命であり、同母弟に神八井耳命神沼河耳命がいる。しかし、『日本書紀』には日子八井命の名は無く、『新撰姓氏録』・『阿蘇氏系図』では神八井耳命の子となっている。

菅原道真と共に大阪府門真市堤根神社の祭神として祀られている他、野口神社奈良県御所市)・草部吉見神社熊本県阿蘇郡高森町)でも祀られ、国龍神(國龍神、国竜神)・草部吉見神とも呼ばれている。『古事記』は茨田連(まむたのむらじ)・手島連の祖とし、『新撰姓氏録』は茨田宿禰・茨田連・下家連(しもやけのむらじ)・江首(えのおびと)・尾張部(おわりべ)・豊島連(てしまのむらじ)の祖としている。