王寺町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
おうじちょう
王寺町
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 奈良県
城郡
団体コード 29425-0
面積 7.00 km²
総人口 22,620
推計人口、2014年2月1日)
人口密度 3,230人/km²
隣接自治体 香芝市
城郡河合町上牧町
生駒郡三郷町斑鳩町
大阪府柏原市
町の木 ウメ
町の花 サツキ
王寺町役場
所在地 636-8511
奈良県北城郡王寺町王寺二丁目1番23号
北緯34度35分40.8秒東経135度42分23.6秒
王寺町役場庁舎
外部リンク 王寺町公式WEB

王寺町位置図

― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
王寺駅前(南口)の様子

王寺町(おうじちょう)は、奈良県城郡北端に位置する

地理[編集]

北は大和川を境に生駒郡三郷町斑鳩町と接し、東部は城郡河合町上牧町、南部は香芝市、 西部は大阪府柏原市と接する。町内は新興住宅地が多く、大阪市ベッドタウンとなっている。

大和川が県境を越えて大阪へ向かう、奈良県内における大和川水系の最下流の場所にあるため、県内で最も海抜が低い地域であり、1982年には町中心部で 水害による甚大な被害が出た。西方には城山地を控え、可住地面積は広くはない。ゆえに面積は全国の町村部でも最小級にありながら、人口密度は屈指の多さを誇り、奈良県内では大和高田市、上牧町に次いで第3位。また、農地面積、農業従事者は県内で最も少なく、水田は町の北部ではほとんど見られない。

王寺駅には西日本旅客鉄道(JR西日本)関西本線和歌山線近畿日本鉄道生駒線および田原本線(新王寺駅)が接続し、県北部のターミナルの一つとなっている。また、道路では国道25号国道168号が交わる交通の要衝でもある。

地域[編集]

王寺駅前(北口)の様子

町内全域で住居表示が実施されている。

  • 636-0002 王寺一丁目〜三丁目(おうじ)
  • 636-0011 下一丁目〜四丁目(かつしも)
  • 636-0003 久度一丁目〜五丁目(くど)
  • 636-0023 太子一丁目〜三丁目(たいし)
  • 636-0021 畠田一丁目〜九丁目(はたけだ)
  • 636-0014 藤井一丁目〜三丁目(ふじい)
  • 636-0001 舟戸一丁目〜三丁目(ふなと)
  • 636-0012 本町一丁目〜五丁目(ほんまち)
  • 636-0015 南元町一丁目〜三丁目(みなみもとまち)
  • 636-0022 明神一丁目〜四丁目(みょうじん)
  • 636-0013 元町一丁目〜三丁目(もとまち)

北部(王寺・久度・舟戸)[編集]

北は大和川、南は下川に挟まれ、中央部をJR線・近鉄線が横断する。 王寺駅を中心として市街地が広がり、駅南側の王寺地区に中高層のマンションが 林立するほか、町役場や消防署などの官公庁や、商業施設が集積している。

一方、駅北側の久度地区では市街地再開発事業が一段落したものの、未だ古い木造家屋や 道幅の狭い路地も多い。東側の舟戸地区では河合町境の馬見丘陵北端に 沿って住宅地が形成されている。

中部(下・本町・元町・南元町・藤井)[編集]

大和川・下川左岸の藤井・元町両地区では明神山麓に沿って住宅が点在する。2本の川に挟まれ、比較的なだらかな北部とは対照的に、起伏が激しい。

本町地区では町内を縦貫する国道168号沿道を中心に住宅が広がり、町内で最も人口が集中している。 河合町境の下地区では北の丘陵部が新興住宅地として開発がなされているが、南側の下川右岸 では田園風景を垣間見ることが出来る。

南部(畠田・明神・太子)[編集]

畠田駅や国道168号を核として住宅地・商業地が混在。町の南の玄関口である。 当地区だけでなく町内全域にも当てはまることであるが、国道の道幅が狭隘であり、 通勤時間帯を中心に渋滞が頻発する。特に畠田4丁目交差点付近においてその傾向が強い。

新興住宅地[編集]

南部の明神・太子両地区は、明神山東麓に開発された「王寺ニュータウン」を形成している。明神山への登山口でもある。現在も宅地の造成によって拡大を続けている。

2009年、中部の元町3丁目付近でも大規模な新興住宅地が造成され、新町名「南元町」が充てられた。

人口[編集]

Demography29425.svg
王寺町と全国の年齢別人口分布(2005年) 王寺町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 王寺町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
王寺町(に該当する地域)の人口の推移
1970年 14,783人
1975年 16,331人
1980年 17,213人
1985年 20,265人
1990年 23,625人
1995年 24,574人
2000年 23,782人
2005年 22,751人
2010年 22,164人
総務省統計局 国勢調査より

王寺町の人口推移

  • データ出典 奈良県統計課の調査による各年10月1日の人口。
  • 2007年10月1日現在 : 22,520人
  • 人口増加率(2002年→2007年) : -3.4%

県人口に比例して微減傾向が続いている。

歴史[編集]

王寺の名は、聖徳太子が建立した放光寺(片岡王寺)に由来するとされる。 現在、放光寺は片岡山の南麓に位置するが、かつては王寺町立王寺小学校付近にあったものと され、同小学校付近では国道168号の拡幅工事にあわせ、発掘調査が行われている。

古代の大和国葛下郡品治(ほむち)郷の地で、延喜式内・片岡神社が鎮座する。 王寺の地名の由来は先述の片岡王寺からという他にも、「品治」が転訛したという説もある。 放光寺と同じく、聖徳太子が建立したと云われる達磨寺が同町本町にある。

近代、鉄道の開通と共に発展を歩んできた「鉄道の町」としての側面を持ち、王寺駅はその象徴と言えよう。西和地区の中枢を担い、 北城郡3町(王寺・上牧・河合)および生駒郡香芝市北部をして、さながら小都市圏の様相を呈している。 なお、昭和35年の国勢調査から設定された人口集中地区では全ての調査において、奈良県で唯一設定されている町である。 (参考

沿革[編集]

町域の変遷[編集]

明治22年 明治29年 大正15年 現在
奈良県
葛下郡 北葛城郡
王寺村 王寺町

教育[編集]

大学

高等学校

中学校

  • 王寺町立王寺中学校(本町)
  • 王寺町立王寺南中学校(畠田)

小学校

  • 王寺町立王寺小学校(本町)
  • 王寺町立王寺北小学校(舟戸3丁目)
  • 王寺町立王寺南小学校(太子)

医療機関[編集]

救急指定病院

  • 医療法人 果恵会 恵王病院(王寺)

※当町からほど近い位置に奈良県立三室病院(三郷町)も存在する。

官公庁[編集]

国・県の機関[編集]

町の機関[編集]

  • 王寺町役場本庁舎(王寺)
    • 出張所(畠田)
  • 水道部(元町)
  • やわらぎ会館(王寺)
  • 町立図書館(王寺)
  • 王寺アリーナ(王寺)
  • 地域交流センター(久度)
  • 中央公民館(久度)
  • 文化福祉センター・南公民館(畠田)

コミュニティラジオ[編集]

隣接する自治体[編集]

交通機関[編集]

鉄道[編集]

王寺駅構内と王寺駅南口の風景
王寺駅は快速停車駅であり、天王寺駅(大阪市)まで平均19分、奈良駅奈良市)まで平均16分で結ばれている。なお、関西本線は三郷駅 - 河内堅上駅(大阪府柏原市)間でも王寺町を通過している。

バス[編集]

道路[編集]

一般国道

県道

経済・産業[編集]

日本郵政グループ[編集]

★印の郵便局はゆうちょ銀行ATMのホリデーサービスも実施(2010年4月現在)。

銀行・共同組織[編集]

王寺町内には三井住友銀行三菱東京UFJ銀行のメガバンク2行が進出している。日本の郡部においては極めて珍しいことである。 また、上記の両銀行と南都銀行(王寺南支店)にはいずれも、住宅ローン相談窓口が設置されており、奈良県中南部の基幹支店である側面を垣間見ることが出来る。

証券会社[編集]

農業協同組合[編集]

大型商業施設[編集]

その他事業所等[編集]

  • ニチアス王寺工場(王寺)

名所・旧跡・観光・祭事・催事[編集]

名所・旧跡[編集]

達磨寺の山門

祭事[編集]

  • 冬季イルミネーション(下川沿い)

町のキャッチフレーズ[編集]

和(やわらぎ)の鐘が鳴るまち王寺

和(やわらぎ)とは、聖徳太子が制定した十七条憲法の第一条、「以和為貴」の精神を表している。町内には「やわらぎ」と名の付く施設が散見される。また、西和地区7町合併構想(詳細は後項参照の事)が掲げられていた際、新市名の候補に「やわらぎ市」があった。国道25号国道168号が交差する、本町1丁目交差点角にはそのシンボルである和の鐘が設置されている。

政治[編集]

議員[編集]

衆議院

参議院

奈良県議会

町議会

行政[編集]

町長 [編集]

平井康之(2013年2月28日就任。現在1期目)

合併問題[編集]

生駒郡斑鳩町安堵町三郷町平群町城郡上牧町河合町との合併が審議され、新市名の候補は「西和市」「法隆寺市」「西奈良市」「やわらぎ市」「西大和市」の5つに決定。合併協議会での投票の結果、新市名は「西和市」(代表駅は王寺駅を予定していた)と決まったが、王寺町斑鳩町平群町で実施された住民投票の結果、財務状況が良好である王寺・斑鳩両町で反対票が多数となり、両町が合併協議会を離脱。協議会は解散され、合併は白紙に。県内第二の人口となる15万都市は幻と消えた。

出身人物[編集]

ゆかりのある人物[編集]

外部リンク[編集]