奈良駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
奈良駅
左:使用停止された仮駅舎中央奥:高架化された新駅舎の入り口右:保存された2代目駅舎
左:使用停止された仮駅舎
中央奥:高架化された新駅舎の入り口
右:保存された2代目駅舎
なら - Nara
所在地 奈良県奈良市三条本町1-1
所属事業者 JR logo (west).svg西日本旅客鉄道(JR西日本)
電報略号 ナラ
駅構造 高架駅
ホーム 3面5線
乗車人員
-統計年度-
17,469人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1890年明治23年)12月27日
乗入路線 3 路線
所属路線 関西本線大和路線)**
奈良線直通含む)
キロ程 133.9km(名古屋起点)
加茂から13.0km
京都から41.7km
*平城山 (3.8km)
(4.8km) 郡山
所属路線 桜井線(万葉まほろば線)
キロ程 0.0km(奈良起点)
(1.9km) 京終
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
* この間に佐保信号場有り(当駅から2.9km先)。
** このほか、片町線(学研都市線)の一部列車(早朝・深夜のみ)も当駅を発着。
駅前交差点から2代目駅舎、高架、仮駅舎を望む
西口
ホーム配置図

奈良駅(ならえき)は、奈良県奈良市三条本町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)のである。

概要[編集]

奈良市におけるJRの中心駅であり、京都天王寺方面へ向かう快速列車が多数発着している。第3回近畿の駅百選に選定されている[1]

2010年平成22年)の平城遷都1300年記念事業を目処に行われている駅周辺の土地区画整理事業とあわせて、当駅の高架化事業が行われ、同年3月13日に最後まで地上のりばから発着していた桜井線が高架化された[2]

なお、近鉄奈良線近鉄奈良駅は、当駅から約900mほど東に位置している。乗降客数は市中心部に位置する近鉄奈良駅の方が多く、当駅の約2倍となっている。

乗り入れ路線[編集]

当駅には以下の路線が乗り入れている。

線路名称上、当駅に乗り入れている路線は以上の2路線であるが、これらに加えて関西本線木津駅を起点・終点とする以下の2路線の列車も乗り入れている。

  • 奈良線 - 全列車が当駅まで乗り入れる。
  • 片町線 - 「学研都市線」の愛称がある。早朝・深夜の2往復のみが乗り入れる。

駅構造[編集]

2010年10月に完成した3階建ての駅舎の高架駅で、改札口は高架化を機に2階の1ヶ所に集約し、3階がホーム、2階は駅業務施設と商業施設、1階は商業施設が設けられている。ホームと線路の配置は島式ホーム3面5線の構造である。

駅舎ファサードの基本コンセプトは『「奈良らしさの表現」―青丹よし―』であり、3階のホームの側壁には五色のカーテンウォールが設置され、「青丹よし」を現代的に表現している。ホーム部分には寺社の伽藍をイメージした飾り鉄柱を設置、サーモンピンクに塗られている。飾り柱の上には、垂木をイメージした装飾も設置されている。また、2階部分外装は白壁を意識した白塗り、1階部分外装は近隣のなら100年会館のような瓦をイメージした黒タイル張りとなっている。

内装は、改札内は無装飾であるが、改札外部分は天井には格天井を意識した装飾が、また柱は吉野杉で美装されており、一部柱には組物を思わせる装飾が施されている。また、柱からは釣灯篭を思わせる照明も吊るされている。

駅舎構内には1階・2階部分に幅員20mの自由通路が作られ、西口2階はデッキと接続、東口2階はJR奈良駅NKビルと接続した上で、1階に降りる階段とエスカレーターが設置されている。また、2010年10月3日には、1階自由通路南側には商業施設「ビエラ奈良」が開業し[4]、2012年3月2日に自由通路北側の1・2階部分に「ビエラ奈良」の第2期分が増床オープンした[5]

当駅は駅長が配置された直営駅であり、管理駅として関西本線の加茂駅木津駅平城山駅、片町線の西木津駅佐保信号場を管理している。

のりば[編集]

路線名は旅客案内に合わせて愛称で記述する。

2012年3月17日現在
ホーム番号 路線 行先 備考
1 万葉まほろば線 天理桜井高田和歌山方面  
大和路線(一部列車) 王寺天王寺JR難波方面 早朝のみ
番号なしホーム 大和路線 王寺天王寺JR難波大阪方面  
2  
3  
奈良線 宇治京都方面 日中は主に4番
4・5 学研都市線 同志社前・長尾・四条畷方面 4番から早朝のみ
大和路線 木津加茂方面 一部3番のりば
奈良線 宇治・京都方面  
2番線

1番のりばと同一ホームの反対側は、数字のないのりばとなっている。2番のりばに到着する列車は両側で客扱いを行い、大和路線下り列車と万葉まほろば線の列車との同一ホームで乗り換えることができる。2番のりばへの到着時には、2番のりば側の扉が先に開き、発車時はのりば番号なし側の扉が先に閉まる。なお、数字のないのりばは「こののりば」と自動放送されている。

朝ラッシュ時に桜井線(万葉まほろば線)・和歌山線経由でJR難波駅へ向かう快速があるが、大和路線法隆寺駅経由の列車と誤乗を防ぐ意味で、「普通 万葉まほろば線経由王寺行き」と案内されている。

3方向すべての入線・発車に対応しているのは3・4番のりばのみである。1・2番のりばは木津・桜井方面からの入線と法隆寺・桜井方面への発車のみ対応しており、5番のりばは法隆寺方面からの入線と木津方面への発車のみ対応している。なお、関西本線の下り本線は2番線、上り本線は5番線である。

旅客案内上ののりばと運転取り扱い上の番線は次の通り。

  • 1番のりば…1番線
  • 番号無しのりば、および2番のりば…2番線(下り本線)
  • 3番のりば…3番線
  • 4番のりば…4番線
  • 5番のりば…5番線(上り本線)

利用状況[編集]

ジャパンレールパスやJR West Rail Passの登場後、外国人観光客の利用者は増加している。

「奈良県統計年鑑」[6]、「奈良市統計書」[7]によると、1日平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1993年 19,894
1994年 19,748
1995年 20,310
1996年 20,796
1997年 20,218
1998年 20,434
1999年 20,332
2000年 20,023
2001年 20,052
2002年 19,574
2003年 19,201
2004年 18,973
2005年 18,700
2006年 18,548
2007年 18,371
2008年 18,362
2009年 17,829
2010年 18,161
2011年 17,250
2012年 17,469

駅周辺[編集]

奈良市の目抜き通りである三条通り商店街の西端に位置する。春日大社参道の始点であり、参道入口を示す常夜灯が駅前広場に立つ。三条通りは歴史ある地元向け老舗店と観光客向けの土産店などが混在するが、2000年代に入ると全国チェーンのレストランカフェなども増えた。奈良旧市街地の中心である。

寺社の建ち並ぶ観光地である奈良公園へは、駅を東へ、三条通り商店街を徒歩(約15分)で向かうか、奈良交通の市内循環バスなどの公共交通機関を利用することになる。北側は古くからの市街地。さらに行くと奈良テレビ放送や鴻池運動公園がある。駅前東側を南北に奈良県道754号が走る。

西側はシルクロードタウン21と称した再開発が進み、マンションなどの住宅街である。高架新駅完成を見込んでいくつかのホテルショッピングモールも営業を開始しているが、西口のホテル建設が頓挫したため現在も一部は空き地となっている[8]。なお、線路高架化に伴う高架下の道路整備が遅れているため西側の交通事情はよいとは言えない。

駅東側
駅西側


バス路線[編集]

一般路線バス[編集]

一般路線はすべて奈良交通によって運行されおり、多くの路線が近鉄奈良駅も経由する。なお、かつては近畿日本鉄道京阪バス京都駅行など、比較的運行距離が長い路線も発着していた。

奈良駅を発着する主なバス路線は次の通り。(2013年3月17日現在)

バス停 のりば 行き先 出典
JR奈良駅 東口1 [2] 市内循環(外回り)近鉄奈良駅・県庁前・大仏殿春日大社前方面
[72][87] 高畑町
[70][97][98] 春日大社本殿
[19][40][43][48][79][85][86][135][147] 近鉄奈良駅
[20][22][23][63][90][136] 県庁前
[9][10]
東口3 [56][58][62] 山村町
[57][59] 藤原台
[61] 鹿野園町(ろくやおんちょう)
[55] 奈良佐保短期大学
[120] 奈良市都祁交流センター
[124] 北野
[122] 下水間(しもみま)
[123] 奈良春日病院
[9] 四条大路南町
[11][12]
東口4 高速バス・やまと号 名古屋(名鉄バスセンター)/横浜・上野・TDR/新宿
エアポートリムジンバス 関西国際空港/大阪(伊丹)空港
JR高速バス・プレミアムドリーム号青春エコドリーム号 新宿東京TDL
東口10 [22] 県立図書情報館
[23] 済生会奈良病院
[48] 学園前駅(南)(尼ヶ辻駅経由)
[43] 県立奈良病院(尼ヶ辻駅経由)
[63][70][72] 六条山(唐招提寺薬師寺西の京駅方面)
[52][97] 法隆寺前(唐招提寺・薬師寺・近鉄郡山駅方面)
[88] 近鉄郡山駅
[13][14]
東口11 [1] 市内循環(内回り)八軒町・田中町・紀寺町・高畑町方面 [15][16]
東口12 [16][19] 杏(からもも)中町
[85] 杏南町
[86] イオンモール大和郡山
[79][87][90] シャープ
[135][136] 白土町(しらつちちょう)
[17][18]
JR奈良駅
西口
西口1 [27][81][118] 青山住宅
[153] 州見台(くにみだい)八丁目
[105][106] 広岡
[96] 下狭川(しもさがわ)
[94] 石打
[102] 邑地中村(おおじなかむら)
[100][101] 柳生
[77] 緑ヶ丘浄水場
[19][20]
西口2 [160] 高畑町
[28][161] 近鉄奈良駅
[10] 四条大路南町
[31] 南福祉センター
[9] JR奈良駅東口
[21][22]
西口3 [160][161] 学園前駅(南)(阪奈菅原経由)
[28] 恋の窪町
[27] 二条大路南一丁目
[81] 大安寺
[23][24]
西口5 [109][209] 加茂駅
[108][208] 南加茂台五丁目
[112] 浄瑠璃寺
[115] 高の原駅
[130] 平城山駅東口
[12][14] 西大寺駅
[13][131][航空自衛隊
[25][26]
西口6 [44][50][82][92][192][250] 天理駅
[73] シャープ総合開発センター
[34] 米谷町(まいたにちょう)
[53] 窪之庄
[51] 下山
[27][28]

※2013年3月16日までは東口での発着が主だったが、奈良市のJR奈良駅東口駅前広場の整備工事に伴い、2013年3月17日より東口発着の一部路線が西口発着に変更された。 [29]

高速バス・リムジンバス[編集]

西日本ジェイアールバス
奈良交通[30][31]
東京富士交通
  • 「ナイトライナーアルファ」(東京富士交通):新宿・東京駅行

歴史[編集]

2代目駅舎(2002年)
  • 1890年明治23年)12月27日 - 大阪鉄道 (初代) 王寺駅 - 当駅間の開通時に、同線の駅(一般駅)として開業。
  • 1896年(明治29年)4月18日 - 奈良鉄道 木津駅 - 当駅間の開通時に、同線の駅が開業。
  • 1899年(明治32年)
  • 1900年(明治33年)6月6日 - 大阪鉄道が関西鉄道に合併。
  • 1905年(明治38年)2月7日 - 奈良鉄道が関西鉄道に合併。これを以って関西鉄道の単独駅となる。
  • 1907年(明治40年)
    • 8月21日 - 関西鉄道線 加茂駅 - 大仏駅 - 当駅間が廃止。
    • 10月1日 - 関西鉄道が国有化され、国有鉄道の駅になる。
  • 1909年(明治42年)10月12日 - 線路名称制定により、関西本線所属となる。
  • 1934年昭和9年) - 寺院風の駅舎が完成。
  • 1945年(昭和20年)7月22日 - 空襲による被害を受ける。
  • 1984年(昭和59年)2月1日 - 貨物営業廃止(旅客駅となる)。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる。
  • 2003年平成15年)
    • 9月7日 - 高架化工事のため仮駅舎に移転。
    • 11月1日 - ICカード「ICOCA」供用開始[32]
  • 2005年(平成17年)9月11日 - 高架化工事のため仮線・仮設ホームでの営業を開始[33](当初は同年5月22日の予定であったが、福知山線脱線事故の影響により延期された[34])。
  • 2006年(平成18年)7月7日 - 構内遺跡の存在が発表される。
  • 2008年(平成20年)6月29日 - 関西本線ホーム高架化[35]
  • 2010年(平成22年)
    • 3月13日 - 桜井線ホーム高架化され、駅機能がすべて高架部に移設[2]
    • 10月3日 - 東西自由通路開通し、ビエラ奈良が先行オープン[4]
  • 2011年(平成23年) - 駅東口デッキに屋根を設置。
  • 2012年(平成24年)3月2日 - ビエラ奈良がグランドオープン[5]

連続立体化事業[編集]

JR奈良駅周辺は、かつて関西本線(大和路線)と桜井線が地上を走っており、奈良市の旧市街地を東西に分断しているため奈良市都市部の発展を妨げていた。また、これらと交差する跨線橋も狭く、周辺道路の交通渋滞が激しく起こっていた。そのため、街の再生と交通の円滑化を図るため、平城遷都1300年にあたる2010年(平成22年)の高架完成を目指し、2002年(平成14年)から連続立体交差が進められ、周辺土地区画整理事業(シルクロードタウン)や3箇所の高架橋道路の平坦化が行われていた[36]

2003年(平成15年)9月6日まで使われていた2代目駅舎は1934年昭和9年)に完成したもので、周囲の景観に配慮して方形屋根に相輪を持つ和洋折衷様式が採用されている。大阪鉄道局建築課が京都帝室美術館懸賞設計に応募し落選した設計案を再利用したものだった[37]。高架化に伴い取り壊される予定であったが、その歴史的価値から反対の声は根強かったこともあり、曳家によって元の位置から18m移動された上で保存され、奈良市総合観光案内所として利用されている[38]。また、旧駅舎のホールにはなら・シルクロード博覧会に出品されたサモトラケのニケレプリカ像が飾られていたが、駅舎移設に際して奈良市立一条高等学校に寄贈されている。地上駅時代は乗り換え跨線橋で東西を結んでおり、東西2箇所に改札口があった。

構内遺跡[編集]

高架化工事中の2006年(平成18年)、旧駅ホームの下から謎の遺構が発見されたため奈良県立橿原考古学研究所による発掘調査が行われた結果、明治時代の転車台と判明した。発掘された転車台は高架化工事に支障するため、そのままの形で保存されることなく撤去されたが、一部のレンガなどは同研究所附属博物館が保存し、展示会も行われている[39]

奈良駅には奈良機関区(のち奈良気動車区)が所在していたことから、1980年代後半までは転車台と機関庫が存在しており、1986年(昭和61年)8月に蒸気機関車C56形160号機による「SL大和路号」が運転された際にこの転車台が使用されている。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
大和路線(関西本線)(学研都市線直通列車含む)
大和路快速・快速・区間快速・普通
平城山駅 - 奈良駅 - 郡山駅
直通快速(おおさか東線経由)
奈良駅 - 郡山駅
奈良線(木津駅までは関西本線)
みやこ路快速・快速
木津駅 - 奈良駅
区間快速・普通
平城山駅 - 奈良駅
万葉まほろば線(桜井線)
快速・普通
奈良駅 - 京終駅
※なお、平城山駅と当駅の間には佐保信号場がある。

かつて存在した路線[編集]

関西鉄道
本線(旧線)
大仏駅 - 奈良駅 (- 郡山駅)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第3回(平成14年)「近畿の駅百選」認定駅] (PDF) - 近畿運輸局
  2. ^ a b 奈良駅付近高架切り替えに伴う代行輸送の実施および奈良駅のご利用形態変更についてインターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2010年1月21日
  3. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年 ISBN 978-4-533-02980-6
  4. ^ a b JR奈良駅に「ビエラ奈良」開業(インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2010年9月24日
  5. ^ a b JR奈良駅の「ビエラ奈良」がグランドオープン (PDF) - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2012年2月17日
  6. ^ 奈良県統計年鑑 - 奈良県
  7. ^ 奈良市統計書「統計なら」 - 奈良市
  8. ^ ホテル計画白紙に-運営会社が撤退【JR奈良駅前】[リンク切れ] - 奈良新聞 2009年3月6日
  9. ^ JR奈良駅(東口)1のりば 標準発車時刻表(平日) (PDF) - 奈良交通
  10. ^ JR奈良駅(東口)1のりば 標準発車時刻表(土日祝) (PDF) - 奈良交通
  11. ^ JR奈良駅(東口)3のりば 標準発車時刻表(平日) (PDF) - 奈良交通
  12. ^ JR奈良駅(東口)3のりば 標準発車時刻表(土日祝) (PDF) - 奈良交通
  13. ^ JR奈良駅(東口)10のりば 標準発車時刻表(平日) (PDF) - 奈良交通
  14. ^ JR奈良駅(東口)10のりば 標準発車時刻表(土日祝) (PDF) - 奈良交通
  15. ^ JR奈良駅(東口)11のりば 標準発車時刻表(平日) (PDF) - 奈良交通
  16. ^ JR奈良駅(東口)11のりば 標準発車時刻表(土日祝) (PDF) - 奈良交通
  17. ^ JR奈良駅(東口)12のりば 標準発車時刻表(平日) (PDF) - 奈良交通
  18. ^ JR奈良駅(東口)12のりば 標準発車時刻表(土日祝) (PDF) - 奈良交通
  19. ^ JR奈良駅西口・1のりば 標準発車時刻表(平日) (PDF) - 奈良交通
  20. ^ JR奈良駅西口・1のりば 標準発車時刻表(土日祝) (PDF) - 奈良交通
  21. ^ JR奈良駅西口・2のりば 標準発車時刻表(平日) (PDF) - 奈良交通
  22. ^ JR奈良駅西口・2のりば 標準発車時刻表(土日祝) (PDF) - 奈良交通
  23. ^ JR奈良駅西口・3のりば 標準発車時刻表(平日) (PDF) - 奈良交通
  24. ^ JR奈良駅西口・3のりば 標準発車時刻表(土日祝) (PDF) - 奈良交通
  25. ^ JR奈良駅西口・5のりば 標準発車時刻表(平日) (PDF) - 奈良交通
  26. ^ JR奈良駅西口・5のりば 標準発車時刻表(土日祝) (PDF) - 奈良交通
  27. ^ JR奈良駅西口・6のりば 標準発車時刻表(平日) (PDF) - 奈良交通
  28. ^ JR奈良駅西口・6のりば 標準発車時刻表(土日祝) (PDF) - 奈良交通
  29. ^ JR奈良駅バスのりばの変更について - 奈良交通、2013年2月27日
  30. ^ 奈良交通のりば移設 8.9番のりば 2014年1月26日変更
  31. ^ 奈良交通のりば移設JR奈良駅(東口)8番・9番のりばの移設について ―平成26年1月10日(金)より― 
  32. ^ 「ICOCA」いよいよデビュー! 〜 平成15年11月1日(土)よりサービス開始いたします 〜(インターネット・アーカイブ) - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2003年8月30日
  33. ^ 奈良駅付近高架化に伴う線路切換工事の実施(インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2005年7月27日
  34. ^ 奈良駅付近高架化にともなう線路切換工事の延期(インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2005年5月10日
  35. ^ 奈良駅付近高架化に伴うバスもしくはタクシー代行輸送の実施について(インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2008年5月23日
  36. ^ 事業の必要性 - 奈良県
  37. ^ 『大阪鉄道局史』1950年、p.722。
  38. ^ JR旧奈良駅舎を利用した「総合観光案内所」オープン - 奈良経済新聞 2009年8月4日
  39. ^ 明治期の転車台を検出 JR奈良駅構内遺跡 - 奈良県立橿原考古学研究所附属博物館

関連項目[編集]

外部リンク[編集]