高田駅 (奈良県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高田駅
西口
西口
たかだ - Takada
所在地 奈良県大和高田市高砂町1-1
所属事業者 JR logo (west).svg西日本旅客鉄道(JR西日本)
電報略号 タタ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
2,499人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1891年明治24年)3月1日
乗入路線 2 路線
所属路線 和歌山線
キロ程 11.5km(王寺起点)
JR五位堂 (2.8km)
(3.4km) 大和新庄
所属路線 桜井線(万葉まほろば線)
キロ程 29.4km(奈良起点)
金橋 (2.1km)
備考 直営駅
みどりの窓口
JRホーム

高田駅(たかだえき)は、奈良県大和高田市高砂町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)のである。

概要[編集]

大和高田市の代表駅で、アーバンネットワークエリアに入っており、当駅の所属線である和歌山線[1]に、当駅を終点とする桜井線(愛称「万葉まほろば線」)を加えた2路線が乗り入れている。桜井線の列車は一部をのぞき和歌山線へ直通する。和歌山線運行上の境界駅になっているので当駅で折り返す列車もあり、当駅始発の関西本線大和路線)直通の快速・普通列車が運転されている。

なおJRグループ内では、東日本旅客鉄道(JR東日本)の信越本線高田駅新潟県)、九州旅客鉄道(JR九州)の長崎本線高田駅長崎県)があるため、それらとの区別のため乗車券などには「(和)高田」と表示される。

桜井線については路線案内上では「万葉まほろば線」で統一されているため、以下「万葉まほろば線」と記載する。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅で、橋上駅舎を有している。2・3番のりばが島式ホームである。1番のりばは主に朝夕のみに使われている。6両編成まで対応可能である。

王寺鉄道部が管理している直営駅で、ICカード乗車券ICOCA」の利用エリアに属している。自動券売機および自動改札機が設置されている。

ホーム 路線 方向 行先 備考
1・2 和歌山線 上り 王寺天王寺JR難波方面
下り 五条橋本方面 日中は2番のりば
万葉まほろば線 桜井奈良方面 日中は2番のりば
3 和歌山線 上り 王寺・天王寺・JR難波方面 日中はこのホーム
万葉まほろば線 桜井・奈良方面

万葉まほろば線は当駅が終端であるため、上表においては方向を省略した。

当駅始発終着列車や、3方向で相互に乗り入れる列車が非常に多いことからのりばは複雑になっている。そのため、3番のりばに五条方面の列車がない(配線上、五条方面から3番のりばに出入りできない)以外は、特に停車ホームを方向別に区別せずに運用している。和歌山線の上り本線は1番のりば、下り本線は2番のりばである。

日中は王寺方面からの列車(すべて大和路線直通の快速)が3番のりばで折り返す。五条方面と桜井方面を直通する列車が両方向とも2番のりばに入り、同一平面上で王寺方面の列車との接続を図っている。ただし、ダイヤの都合上3方向の列車が一斉に入線することもあり、その場合は五条方面の列車と桜井方面の列車のどちらかが1番のりばに入る。

王寺方面の折り返し列車は、接続列車の有無にかかわらず3番のりばを基本とするが、朝ラッシュ時には2番のりばで折り返す列車も設定されている(1番のりばは王寺方からの入線に対応していないため、折り返し不可)。

夜間滞泊の設定駅である。

利用状況[編集]

奈良県統計年鑑によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

  • 2,796人(2005年度)
  • 2,793人(2006年度)
  • 2,725人(2007年度)
  • 2,654人(2008年度)
  • 2,581人(2009年度)
  • 2,552人(2010年度)
  • 2,499人(2011年度)

和歌山線内の中でもかなり大きな規模を持つ駅である。JRが改良されてからは、近鉄の大阪方面への利用客(大和高田駅:2008年度乗降人員17,093人)の転移が見られた時期もあったが、近年は再び苦戦している。

駅周辺[編集]

東口

バス路線[編集]

奈良交通

  • 西口乗り場
    • [41]屋敷山公園前行
    • [43]忍海駅行(社会教育センター経由)
    • [41][43]近鉄高田駅行
  • 東口乗り場

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
和歌山線
快速(大和路線直通)・普通
JR五位堂駅 - 高田駅 - 大和新庄駅
万葉まほろば線(桜井線)
快速(高田駅・王寺駅経由JR難波行のみ運転)
金橋駅高田駅 (→ JR五位堂駅)
普通
金橋駅 - 高田駅 (- 大和新庄駅、JR五位堂駅)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年 ISBN 978-4533029806
  2. ^ 「ICOCA」いよいよデビュー! 〜 平成15年11月1日(土)よりサービス開始いたします 〜インターネット・アーカイブ) - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2003年8月30日
  3. ^ 桜井線の愛称名「万葉まほろば線」に決定! - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2009年12月24日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]