桜井駅 (奈良県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
桜井駅
南口(2008年1月14日)
南口(2008年1月14日)
さくらい - Sakurai
所在地 奈良県桜井市大字桜井
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本・駅詳細
近畿日本鉄道(近鉄・駅詳細
北口
JRホーム
近鉄ホーム

桜井駅(さくらいえき)は、奈良県桜井市大字桜井にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・近畿日本鉄道(近鉄)のである。

乗り入れ路線[編集]

JR西日本の桜井線(万葉まほろば線)と、近鉄の大阪線が乗り入れ、接続駅となっている。

両社ともICカードとして、ICOCA(JR西日本)・PiTaPaスルッとKANSAI協議会)が利用可能(厳密には、JRはICOCAエリア、近鉄はPiTaPaエリアで、相手側のICカードは相互利用対象である。その他の相互利用対象カードは各項目を参照のこと)。加えて近鉄の駅ではスルッとKANSAI対応各種カードが利用できる。

かつては大阪電気軌道長谷線1938年廃止)、大和鉄道1958年部分廃止)が乗り入れていた。

駅構造[編集]

高架上を走る近鉄大阪線の駅と地上を走る桜井線の駅が跨線橋によって接続する。跨線橋には、エレベーターおよびエスカレーターが設置されている。

かつては南口にJR(国鉄)の駅舎、北口に近鉄の駅舎があり、JRと近鉄は改札口を通らずに相互乗り換えできた(共同使用駅)。

近鉄大阪線は、かつて駅の伊勢中川寄りに最小半径201mのS字カーブがあり(この途中で、JR桜井線と既に廃線となった初瀬軌道→大阪電気軌道長谷線の跨線橋がある)、この区間で大きく減速(制限30キロ)していた。駅自体の老朽化も進んだことから、急曲線改良は1990年秋から1993年にかけて実施し、最小半径は500mに緩和された為に制限速度は85キロに向上した。また、この頃にホーム中ほどにあった上下の非常渡り線は撤去された。駅については、1993年から改修工事が行われ1995年に竣工し、両社の改札は分離された。

JR西日本[編集]

JR 桜井駅
さくらい - Sakurai
三輪 (1.7km)
(2.0km) 香久山
所在地 奈良県桜井市大字桜井191-1
所属事業者 JR logo (west).svg西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 桜井線(万葉まほろば線)
キロ程 19.7km(奈良起点)
電報略号 サク
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
2,111人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1893年明治26年)5月23日
備考 業務委託駅
みどりの窓口

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持ち、列車交換及び折り返しが可能な地上駅で、橋上駅舎を有している。改札口は跨線橋と同じレベルにある。

駅舎改築前には、南側の単式ホームに面して駅舎があり、いわゆる国鉄型配線となっていた。貨物扱い用の側線やトラバーサーも設けられていた。

王寺鉄道部が管理し、ジェイアール西日本交通サービスが駅業務を受託する業務委託駅である。自動改札機設置(ICOCA対応)。みどりの窓口あり。

なお、日中の奈良方面からの列車の半数は当駅で折り返しとなり、高田方面へは毎時1本のみの運転となる。

JR桜井駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1 万葉まほろば線 下り 高田王寺五条方面
2・3 万葉まほろば線 上り 天理奈良方面

上表の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で表記している。

下り本線は1番のりば、上り本線は3番のりば。2番のりばは上下共用の待避線(中線)である。上り列車については、高田駅方面から来る列車が3番のりば、当駅折り返しの列車が2番のりばを使用するのが基本であるが、僅かながら高田駅方面からの上り列車に2番のりばへ入線するものもある。

近畿日本鉄道[編集]

近鉄 桜井駅
さくらい - SAKURAI
大福 (1.6km)
(2.1km) 大和朝倉
所在地 奈良県桜井市大字桜井190-2
所属事業者 Kintetsulogo.png 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 大阪線
キロ程 39.8km(大阪上本町起点)
電報略号 サラ
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
17,374人/日
-2012年-
開業年月日 1929年昭和4年)1月5日

相対式ホーム2面2線を持つ高架駅で、駅事務所、改札口は地上階、ホームは高架上にある。

共同使用駅時代には、ホーム番号をJR(国鉄)と連続させて、4番(上り)、5番(下り)となっていた。

近鉄桜井駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1 大阪線 下り 榛原名張伊勢中川伊勢志摩名古屋方面
2 大阪線 上り 大和八木大阪上本町大阪難波尼崎三宮方面
  • 案内標識では上記のように記載されているが、当駅からの列車は最も遠くて下りは鳥羽駅、上りは大阪上本町駅までの運転である。大阪難波駅や三宮駅へは大和八木駅で特急へ乗り継ぐ(大阪難波駅のみ)か鶴橋駅奈良線系統の列車へ、名古屋方面へは名張駅で名阪乙特急へ乗り継ぐか、伊勢中川駅で名古屋線の列車へ乗り継ぐ必要がある。
  • 通常は特急以外の全ての列車が停車するが、年末年始の年越しダイヤでは大阪方面の特急が数本臨時停車する。
  • 自動改札機はオムロン製が設置されている。赤い自動改札機 (U-PG) は、出場時2枚一括処理、PiTaPaICOCAに対応する。
  • 定期券・特急券は自動発売機で購入が可能(販売時間は6 - 23時まで)。
    • 駅窓口でも定期券・特急券の購入が可能だが、2008年10月1日より営業時間が縮小され、朝夕のみの販売(定期券は7 - 9時と18 - 20時、特急券は6 - 9時と18 - 23時)となっている。
  • 大阪線ではこの駅から大阪上本町寄りの各駅にて、大阪難波駅経由の阪神電鉄線連絡乗車券が購入できる。阪神線内からの近鉄連絡乗車券も当駅までしか購入できない。
  • 当駅には駅長は配置されず、大和八木駅が当駅を管理している[1]

利用状況[編集]

JR西日本

奈良県統計年鑑によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

  • 2,053人(2005年度)
  • 2,084人(2006年度)
  • 2,123人(2007年度)
  • 2,122人(2008年度)
  • 2,142人(2009年度)
  • 2,161人(2010年度)
  • 2,111人(2011年度)

近畿日本鉄道

  • 主として通学・通勤用に利用される。
  • 近鉄桜井駅の利用状況の変遷を下表に示す。
    • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す。年度間の比較に適したデータである。
    • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
    • 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。
    • 2012年11月13日の乗降人員は17,374人[2]
年度別利用状況(近鉄桜井駅)
年 度 当駅分輸送実績(乗車人員):人/年度 乗降人員調査結果
人/日
特 記 事 項
通勤定期 通学定期 定期外 合 計 調査日 調査結果
1982年(昭和57年)   ←←←←     11月16日 22,524  
1983年(昭和58年)   ←←←←     11月8日 24,126  
1984年(昭和59年)   ←←←←     11月6日 23,215  
1985年(昭和60年)   ←←←←     11月12日 23,037  
1986年(昭和61年)   ←←←←     11月11日 24,226  
1987年(昭和62年)   ←←←←     11月10日 24,390  
1988年(昭和63年)   ←←←←     11月8日 25,696  
1989年(平成元年)   ←←←←     11月14日 25,351  
1990年(平成2年)   ←←←←     11月6日 25,771  
1991年(平成3年)   ←←←←          
1992年(平成4年)   ←←←←     11月10日 25,757  
1993年(平成5年)   ←←←←          
1994年(平成6年)   ←←←←          
1995年(平成7年)   ←←←←     12月5日 23,149  
1996年(平成8年)   ←←←←          
1997年(平成9年)   ←←←←          
1998年(平成10年)   ←←←←          
1999年(平成11年)   ←←←←          
2000年(平成12年)   ←←←←          
2001年(平成13年)   ←←←←          
2002年(平成14年)   ←←←←          
2003年(平成15年)   ←←←←          
2004年(平成16年)   ←←←←          
2005年(平成17年) 2,542,470 ←←←← 1,118,846 3,661,316 11月8日 18,637  
2006年(平成18年)   ←←←←          
2007年(平成19年)   ←←←←          
2008年(平成20年)   ←←←←     11月18日 18,879  
2009年(平成21年)   ←←←←          
2010年(平成22年)   ←←←←     11月9日 18,467  
2011年(平成23年)   ←←←←          
2012年(平成24年)   ←←←←     11月13日 17,374  

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

北口、南口にロータリがあり、以下の路線が乗り入れている。各路線ともに、奈良交通により運行されている。(※2010年4月1日現在)

北口

南口

  • 1番乗り場
    • [70]:菟田野 行(大宇陀経由)
    • [71]:大宇陀 行
    • 桜井市コミュニティバス:談山神社 行(多武峯経由)
  • 2番乗り場
    • [37]:石舞台
    • 桜井市コミュニティバス:与喜浦 行

歴史[編集]

JR西日本[編集]

近畿日本鉄道(旧大軌時代の廃止路線含む)[編集]

  • 1909年(明治42年)12月11日 - 初瀬軌道の桜井駅 - 初瀬駅間開業。国有鉄道桜井駅に乗り入れ。
  • 1912年大正元年) - 初瀬軌道が初瀬鉄道に改称。
  • 1915年(大正4年) - 初瀬鉄道が長谷鉄道に再編される。
  • 1928年(昭和3年)1月8日 - 大阪電気軌道が長谷鉄道を合併、同社の長谷線となる。
  • 1929年(昭和4年)
    • 1月5日 - 大阪電気軌道桜井線の大軌八木駅(現・大和八木駅) - 桜井駅間開業。
    • 10月27日 - 参宮急行電鉄本線の桜井駅 - 長谷寺駅間開業。大軌との境界駅となる。
  • 1938年(昭和13年)2月1日 - 大軌長谷線廃止。
  • 1941年(昭和16年)3月15日 - 大阪電気軌道と参宮急行電鉄が合併、関西急行鉄道大阪線の駅となる。
  • 1944年(昭和19年)6月1日 - 関西急行鉄道が近畿日本鉄道に再編され、同社の駅となる。
  • 1995年平成7年)3月10日 - 駅改良工事が完成し、供用を開始。ほぼ現在の姿となる。
  • 2007年(平成19年)4月1日 - PiTaPa使用開始。

大和鉄道[編集]

  • 1923年(大正12年)5月2日 - 大和鉄道味間駅 - 桜井町駅間開通に伴い、本駅の前身たる桜井町駅が開業。
  • 1928年(昭和3年)5月1日 - 大和鉄道が延伸し国有鉄道桜井駅に乗り入れ。桜井町駅の旅客営業廃止。
  • 1930年(昭和5年)5月1日 - 桜井町駅廃止。
  • 1944年(昭和19年)1月11日 - 田原本駅から当駅までが休止し、大和鉄道の列車の乗り入れはなくなる。
  • 1958年(昭和33年)12月27日 - 田原本駅から当駅までが正式に廃止されたことで、大和鉄道の駅としては廃駅となる。

分岐鉄道敷設計画[編集]

国が建設すべき鉄道路線(鉄道省の予定線)を定めた鉄道敷設法の81.には、「奈良県桜井ヨリ榛原、三重県名張ヲ経テ松阪ニ至ル鉄道及名張ヨリ分岐シテ伊賀上野附近ニ至ル鉄道並榛原ヨリ分岐シ松山ヲ経テ吉野ニ至ル鉄道」と、桜井駅を起点にして松阪駅伊賀上野駅に至る路線などの敷設計画があった。しかし、近鉄の前身の大阪電気軌道・参宮急行電鉄・伊賀電気鉄道が該当する路線の多くを開業させたため、名松線伊勢奥津駅 - 松阪駅間を除いて開業に至るものはなかった。詳しくは、以下の各項目を参照のこと。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
万葉まほろば線(桜井線)
快速(高田駅経由大和路線直通)・普通
三輪駅 - 桜井駅 - 香久山駅
近畿日本鉄道
大阪線
快速急行・急行
大和八木駅 - 桜井駅 - 榛原駅
準急・区間準急・普通
大福駅 - 桜井駅 - 大和朝倉駅
※行楽期に急行の一部が、通常の隣の停車駅との間にある以下の駅に臨時停車する事がある。
  • 春のぼたん祭り及び秋の紅葉の時期に長谷寺駅

かつて存在した路線[編集]

大阪電気軌道
長谷線
桜井駅 - 北口停留所
大和鉄道
大和鉄道線
東新堂駅 - 桜井駅

脚注[編集]

  1. ^ 『HAND BOOK 2010』、近畿日本鉄道総合企画部編、2010年9月
  2. ^ 駅別乗降人員 大阪線 - 近畿日本鉄道

関連項目[編集]

外部リンク[編集]