天理駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天理駅
駅全景(2008年1月2日)
駅全景(2008年1月2日)
てんり - Tenri
所在地 奈良県天理市川原城町
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本・駅詳細
近畿日本鉄道(近鉄・駅詳細

天理駅(てんりえき)は、奈良県天理市川原城町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・近畿日本鉄道(近鉄)のである。

概要[編集]

天理市の代表駅である。元々別々であった日本国有鉄道(JR西日本の前身)と近畿日本鉄道の天理駅が統合されて新しい天理駅が設置された経緯から、地元では天理総合駅(てんりそうごうえき)とも呼ばれており、天理総合駅前交番など一部の機関名にもこの名が使用されている。

駅前広場では天理教信者が奉仕活動として毎日清掃を行っている。

乗り入れ路線[編集]

JR西日本の桜井線(万葉まほろば線)と、近鉄の天理線が乗り入れ、接続駅となっている。天理線は当駅が終点である。桜井線については路線案内上では「万葉まほろば線」で統一されているため、以下「万葉まほろば線」と記載する。

駅構造[編集]

JR西日本[編集]

JR 天理駅*
てんり - Tenri
櫟本 (2.3km)
(3.0km) 長柄
所在地 奈良県天理市川原城町816
所属事業者 JR logo (west).svg西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 桜井線(万葉まほろば線)
キロ程 9.6km(奈良起点)
電報略号 テリ
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
2,660人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1898年明治31年)5月11日
備考 直営駅
みどりの窓口
* 改称経歴
- 1963年 丹波市駅→天理市駅
- 1965年 天理市駅→天理駅

ホームは高架の2階にあり、島式2面4線であるがこのうち通常使用されているのは3・4番のりばのみで、1・2番のりばは団体専用ホームとして使用されている。改札口は団体専用のものも含めて1階にあり、高架下1階の南側がJRの駅施設(待合室・出改札・コンコース)となっている。

王寺鉄道部が管理している直営駅で、ICカード乗車券ICOCA」の利用エリアの近畿圏エリアに含まれている[1]自動改札機エレベーターが設置されている。

ホーム[2] 路線 行先
1・2 (団体専用ホーム)
3 万葉まほろば線 奈良京都方面
4 万葉まほろば線 桜井高田方面

天理電留線[編集]

駅の北方には留置線があり、日中は臨時列車、夜間は大和路線・奈良線の列車が留置されている。以前は天理駅1番線および留置線は非電化であったが、2008年3月15日のおおさか東線開業により奈良電車区構内および王寺駅留置線が逼迫するため電化された。あわせて乗務員宿泊所も設けられている。


近畿日本鉄道[編集]

近鉄 天理駅
てんり - TENRI
前栽 (1.3km)
所在地 奈良県天理市川原城町815
所属事業者 Kintetsulogo.png 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 天理線
キロ程 4.5km(平端起点)
電報略号 テン
駅構造 地上駅
ホーム 4面3線
乗車人員
-統計年度-
6,833人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1915年大正4年)2月7日

天理線は1階にJR西日本とは直角に西方から乗り入れている。ホームは頭端式ホーム4面3線を有する地上駅で、駅西側には引き上げ線がある。

駅長が置かれ、天理線の全駅と橿原線の尼ヶ辻駅 - 笠縫駅間を管理している[3]

ホーム 路線 行先
1・2・3 天理線 平端方面
駅前の様子(2008年1月2日)


利用状況[編集]

当駅は天理市の中心駅である事から、日常的な利用のほか、特筆すべきは天理教の信者の利用(いわゆる「おぢばがえり」)がある。毎月26日の月次祭を始めとする祭礼時には、近鉄・JRともに臨時列車団体専用列車(通称:天理臨)が運転され、多数の信者が乗降する。その間は電車のダイヤなどが若干変更になることもある。


天理市統計情報によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 JR西日本 近畿日本
鉄道
1997年 3,735 9,334
1998年 3,669 9,147
1999年 3,505 8,773
2000年 3,449 8,561
2001年 3,207 8,280
2002年 3,042 8,016
2003年 2,940 7,907
2004年 2,849 7,742
2005年 2,857 7,660
2006年 2,948 7,737
2007年 2,852 7,456
2008年 2,829 7,383
2009年 2,769 7,046
2010年 2,757 7,139
2011年 2,644 6,979
2012年 2,660 6,833

近畿日本鉄道[編集]

  • 2012年(平成24年)11月13日の調査結果によると、近鉄天理駅の1日の乗降人員は10,089人。
  • 2010年(平成22年)11月9日の調査結果によると、近鉄天理駅の1日の乗降人員は10,779人[4]。この数字は、近鉄の全調査対象駅(287駅)中69位、奈良県内の近鉄の駅(93駅)の中では20位、そして天理線の駅では最多となっている(橿原線乗り換え駅である平端駅よりも多い)。
  • 2008年11月18日の調査では1日の乗降人員は10,694人、2005年11月8日の調査では11,250人。

駅周辺[編集]

駅前の様子(2008年1月2日)

バス路線[編集]

路線バス[編集]

奈良交通による路線バスが運行されている。

  • 1番のりば
    • 60・62系統:桜井駅北口(粟殿口経由)
    • 60系統:桜井駅北口(川合東口経由)
    • 28系統:国道針(苣原・国道一本松経由)
    • 29系統:針インター(苣原・福住経由)
    • 文系統:天理大学(開校日のみ)
  • 2番のりば
    • 21系統:山辺高校(名阪国道・針インター経由)
    • 17系統:国道山添(名阪国道・針インター経由)
    • 60系統(三重交通):上野市駅(土休日ダイヤ1往復のみ、名阪国道・国道山添経由)
    • 52系統:シャープ総合開発センター(朝夕のみ)
  • 3番のりば
    • 52系統:シャープ総合開発センター(昼間のみ)
    • 55系統:シャープ総合開発センター(昼間のみ、憩の家病院経由)
    • 65系統:シャープ総合開発センター(昼間のみ、憩の家外来棟経由)
    • 66系統:憩の家外来棟(休日運休)
    • 50系統:JR奈良駅西口(櫟本・近鉄奈良駅経由)
    • 82系統:JR奈良駅西口(上記および憩の家病院経由)
    • 92系統:JR奈良駅西口(上記および憩の家外来棟経由)
    • 182系統:JR奈良駅西口(上記および憩の家病院・奈良東病院経由)
    • 192系統:JR奈良駅西口(上記および憩の家外来棟・奈良東病院経由)

天理市コミュニティバス 「いちょう号」

  • エヌシーバス郡山営業所へ委託しての運行となっている。
    • 月曜日~金曜日(土曜日・日曜日・祝日および12月29日~1月3日は運休)
    • 大人100円、小人50円、障がい者無料
    • 1日5便(内回り3便・外回り2便)の運行。

高速バス[編集]

高速バスは以下の路線が運行されている。

歴史[編集]

  • 1898年明治31年)5月11日 - 奈良鉄道(現在の桜井線)の丹波市駅(たんばいちえき)として開業。
  • 1905年(明治38年)2月7日 - 関西鉄道が奈良鉄道から路線を承継し、同社の駅となる。
  • 1907年(明治40年)10月1日 - 関西鉄道が国有化され、官設鉄道の駅となる。
  • 1909年(明治42年)10月12日 - 線路名称制定。桜井線の所属となる。
  • 1915年大正4年)2月7日 - 天理軽便鉄道(現在の近鉄天理線)の天理駅開業。
  • 1921年(大正10年)1月1日 - 天理軽便鉄道が大阪電気軌道(大軌)に譲渡。
  • 1941年昭和16年)3月15日 - 大軌が参宮急行電鉄と合併し、大軌天理駅が関西急行鉄道(関急)の駅となる。
  • 1944年(昭和19年)6月1日 - 関急天理駅が近畿日本鉄道(近鉄)の駅となる。
  • 1963年(昭和38年)5月25日 - 国鉄丹波市駅が天理市駅(てんりしえき)に改称。
  • 1964年(昭和39年)10月30日 - 近鉄の天理駅が移転[8]
  • 1965年(昭和40年)9月1日 - 国鉄線高架化に伴い線路付け替え・駅移転。天理駅に改称し近鉄の天理駅と駅統合。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道と近鉄の駅となる。
  • 1988年(昭和63年)2月11日 - 近鉄天理線の天理駅 - 二階堂駅間が複線化。
  • 2005年平成17年)3月1日 - JR西日本でICカード「ICOCA」の利用サービスが開始[9]
  • 2007年(平成19年)
    • 4月1日 - 近鉄の駅でPiTaPaが利用可能となる。
    • 12月3日 - JR西日本の駅で留置線電留化、および電子連動使用開始。
  • 2010年(平成22年)3月13日 - 桜井線の愛称「万葉まほろば線」を使用開始[10]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
万葉まほろば線(桜井線)
快速(高田駅経由大和路線直通)・普通
櫟本駅 - 天理駅 - 長柄駅
近畿日本鉄道
天理線
  • 臨時特急発着駅(天理教月次祭<毎月26日>および、その他天理教の祭事時に運行される臨時列車。)
急行・普通
前栽駅 - 天理駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ご利用可能エリア 近畿圏エリア|ICOCA:JRおでかけネット - 西日本旅客鉄道
  2. ^ 天理駅│構内図:JRおでかけネット - 西日本旅客鉄道
  3. ^ 『HAND BOOK 2010』、近畿日本鉄道総合企画部編、2010年9月
  4. ^ 近畿日本鉄道 駅別乗降人員
  5. ^ 奈良交通グループホームページ/高速バス/リムジンバス - 奈良交通
  6. ^ 奈良交通グループホームページ/高速バス/夜行高速バス - 奈良交通
  7. ^ 奈良交通グループホームページ/高速バス/夜行高速バス - 奈良交通
  8. ^ 『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』近畿日本鉄道、2010年、p.674。
  9. ^ ICOCAをご利用いただけるエリアが桜井線へ広がりますインターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2004年12月22日
  10. ^ 桜井線の愛称名「万葉まほろば線」に決定!(インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2009年12月24日

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]