山辺の道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山辺の道

山辺の道(やまのべのみち)は大和の古代道路のひとつで、奈良盆地の東南にある三輪山のふもとから東北部の春日山のふもとまで、盆地の東縁、春日断層崖下を山々の裾を縫うように南北に通ずる古道。山の辺の道とも表記される。

概説[編集]

「山辺の道」風景

古事記』では崇神天皇の条「御陵は山辺の道の勾の岡の上に在り」、同じく景行紀には「御陵は山辺の道上に在り」とある。

乃楽山(奈良山)で討たれた平群鮪を追う影媛(物部麁鹿火の娘)の悲しみを詠んだ歌に「石の上 布留を過ぎて 薦枕 高橋過ぎ 物多に 大宅過ぎ 春日 春日を過ぎ 妻隠る 小佐保を過ぎ …」とあり(武烈天皇即位前紀)、布留(ふる)・高橋・大宅・春日・佐保を経て乃楽山に至っているが、山辺の道の延長であろう[1][2]

この道は奈良から石上・布留(天理市)を経て三輪(桜井市)に通じていたとみられるが、しだいに西側の上ツ道が多く用いられるようになった[2]

この山辺の道は、弥生時代後期には、布留遺跡纏向遺跡を結ぶ道であったとも推測されている。

その全長は約35kmであるが、その南部に古道の痕跡や景観が残り[2]、現在一般的にハイキングコースとして親しまれるのは天理市の石上神宮から桜井市の大神神社付近までの約15kmの行程で、その多くは東海自然歩道となっている[3]

また、山の辺の道は、山林、集落、田畑の間を縫うように通っている[3]。田畑の間を抜ける際にはその眼下に奈良盆地が大きく開けており、生駒山二上山[3]、そして葛城金剛の連嶺を背景にした大和三山なども遠望できる[2]

起点[編集]

現在のその道の起点は、海石榴市(つばいち、椿市:つばきのいち)である。古代には、海石榴市の八十(ヤソ)の衢(ちまた)と称されたところで、桜井市粟殿(おおどの)を中心とした地域であった。平安時代中期の延長4年(926年)には椿市観音堂付近が起点の地になった。

海石榴市、椿市[編集]

この市は、政治の中心が主として奈良盆地の東南部にあった頃、定期的に市が立って栄えた。北へたどる山辺の道の起点であり、そこに初瀬街道がT字形に合し、さらに飛鳥からの山田の道、磐余の道などの主要な街道が集まり[4]、また初瀬川を下り大和川に出る水運の河港もでき、水陸交通などの要衝の土地であった。その場所は三輪山の南、今の桜井市金屋付近である。

推古紀16年(608年)8月の条に「唐の客を海石榴市の衢に迎ふ」とあり、の使者は、初瀬川を船で遡り海石榴市で船を降り、市(衢)そこで出迎えられ、飛鳥小墾田宮に入京したのであろう。路傍に「海石榴市観音道」の石の道標があり、少し離れたところに「海石榴市観音堂」がある。

海石榴市の 八十(やそ)の衢(ちまた)に 立ちならし 結びし紐を 解かまく惜しも[4]

作者未詳, 『万葉集』巻12・2951

道程[編集]

金屋の集落を後にして三輪山の山麓を北へ行くと三輪山の神大物主を祭神とする大神神社につく。三輪山信仰は縄文または弥生時代まで遡るかも知れない。 古墳時代にはいると山麓地帯には全長が200メートルを超える巨大古墳が造られた。『古事記』には、「山の辺の道の勾(まがり)の岡の上(ほとり)に崇神天皇(242メートル)が、「山の辺の道の上」に景行天皇(310メートル)があると記している。初期大和政権がこの地に誕生したと考えられている。

このように両天皇の墓が「山の辺の道」の岡にあると『古事記』に記されているところから8世紀の初めにはこの道が出来ており、7世紀末の藤原京時代にもできあがっていたのではないかと推測できる。

現在では静寂さを取り戻しており、山裾の曲がりくねった道ではある。また、飛鳥、藤原の時代には、この海石榴市が栄えていた。

沿線の名所・旧跡[編集]

沿線の施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 角川書店角川日本地名大辞典 29 奈良県』 1138-1139頁
  2. ^ a b c d 平凡社『日本歴史地名大系 30 奈良県の地名』 28-29頁
  3. ^ a b c 『大和を歩く-ひとあじちがう歴史地理探訪』 178-180頁
  4. ^ a b 『ふるさとの文化遺産 郷土資料事典 29 奈良県』 143頁

参考文献[編集]

  • 奈良地理学会編『大和を歩く-ひとあじちがう歴史地理探訪』奈良新聞社 2000年 ISBN 4-88856-031-5
  • ワークス編『ふるさとの文化遺産 郷土資料事典 29 奈良県』人文社 1997年

関連項目[編集]