大神神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大神神社
Omiwa-jinja haiden.JPG
拝殿(重要文化財)
所在地 奈良県桜井市三輪1422
位置 北緯34度31分43.56秒
東経135度51分10.84秒
座標: 北緯34度31分43.56秒 東経135度51分10.84秒
主祭神 大物主大神
神体 三輪山神体山
社格 式内社名神大
大和国一宮
二十二社(中七社)
官幣大社
別表神社
創建 不詳(有史以前)
本殿の様式 なし
別名 三輪明神・三輪神社
札所等 神仏霊場巡拝の道21番(奈良8番)
例祭 4月9日
テンプレートを表示
三輪山神体山)と大鳥居
ニの鳥居

大神神社(おおみわじんじゃ)は、奈良県桜井市三輪にある神社式内社名神大社)、大和国一宮二十二社(中七社)の一社。旧社格官幣大社で、現在は神社本庁別表神社

別称として「三輪明神」、「三輪神社」とも呼ばれる。

概要[編集]

神武東征以前より纏向一帯に勢力を持った先住豪族である磯城彦が崇敬し、代々族長によって磐座祭祀が営まれた日本最古の神社の一つで、皇室の尊厳も篤く外戚を結んだことから神聖な信仰の場であったと考えられる。[1]旧来は大神大物主神社と呼ばれた。[2]近年、大和七福八宝めぐり(三輪明神、長谷寺、信貴山朝護孫子寺當麻寺中之坊、安倍文殊院おふさ観音談山神社久米寺)の1つに数えられている。平等寺大御輪寺浄願寺(尼寺)の三つの大きな神宮寺があったが、現存する平等寺以外は明治時代廃仏毀釈で廃絶した。

三輪山そのものを神体(神体山)としており、本殿をもたず、江戸時代に地元三輪薬師堂の松田氏を棟梁として建立された拝殿[3]から三輪山自体を神体として仰ぎ見る古神道(原始神道)の形態を残している。拝殿奥にある三ツ鳥居は、明神鳥居3つを1つに組み合わせた特異な形式のものである[4]。例年11月14日に行われる醸造安全祈願祭(酒まつり)で拝殿に杉玉が吊るされる、これが各地の造り酒屋へと伝わった。

摂社の檜原神社は天照大神をはじめて宮中の外に祀った「笠縫邑」の地であると伝えられ、元伊勢の始まりの地となっている。また、作者不詳の三輪」ではキリ(終りの部分)の歌に「思えば伊勢と三輪の神。一体分身の御事。いわくら(磐座・言わくら)や」の言葉があり、伊勢神宮の元であることが伺える。

全国各地に大神神社・神神社(美和神社)が分祀されており、既に『延喜式神名帳』(『延喜式』巻9・10の神名式)にも記述がある。その分布は、山陽道に沿って播磨(美作)・備前・備中・周防に多い。吉備国を征服する時代孝霊天皇御代に分祀された[5]

祭神[編集]

主祭神
  • 大物主大神 (おおものぬしのおおかみ、倭大物主櫛甕玉命)
配神

大物主神は蛇神であると考えられ水神または雷神としての性格を合わせ持ち稲作豊穣、疫病除け、酒造り(醸造)などの神として特段篤い信仰を集めている。また日本国の守護神(軍神)、氏族神(三輪氏の祖神)である一方で祟りなす強力な神(霊異なる神)ともされている。

大物主神にまつわる伝承は多い[6]が、その中には、当社の付近にある箸墓古墳と関連するものもある[7]

歴史[編集]

伝承[編集]

記紀には、次の記述がある。大国主神(大己貴神)は少彦名神とともに国造りをしていたが、大国主が、「お前は小さな神だな」と愚弄したために国造りなかばにして少彦名神は常世に帰ってしまった。大国主神が「この後どうやって一人で国造りをすれば良いのだ」と言うと、海原を照らして神が出現した。その神は大国主の幸魂奇魂(和魂)であり、大和国の東の山の上に祀れば国作りに協力すると言った。その神は御諸山(三輪山)に鎮座している大物主神である。

崇神天皇5年(紀元前93年)から疫病が流行り民が死亡し、同6年(紀元前92年)には、百姓流離し国に叛くものがあって、憂慮した天皇は、天照大神倭大国魂神を祀るが安からず、天照大神を豊鍬入姫命に託して笠縫邑に祀り倭大国魂神を渟名城入媛命に託して祀るが髪が抜け落ちてやせ細り祭祀が出来なくなった。 同7年(紀元前91年)2月、巫女的な性格を持つ倭迹迹日百襲媛命に憑依してし、大物主神を祀れば平らぐと神懸りし、その後、天皇に大物主神が夢懸りして現れ、その神託に従って同7年11月に物部連の祖伊香色雄(いかがしこを)に命じ、磯城彦後裔である三輪氏の祖である茅渟県(ちぬあがた)陶邑の意富多多泥古(大田田根子)を探し出して祭祀主として大物主神を祀らせた。その結果、国内が鎮まり、五穀豊穣して百姓が賑わった。

概史[編集]

国史には奉幣や神階の昇進など当社に関する記事が多数あり、朝廷から厚く信仰されていたことがわかる。貞観元年(859年)2月、神階は最高位の正一位に達した。また、『延喜式神名帳』には「大和国城上郡 大神大物主神社 名神大 月次相嘗新嘗」と記載され、名神大社に列している。

神階[編集]

六国史における神階奉叙の記録。いずれも神名は「大神大物主神」と記される。

摂末社[編集]

摂社[編集]

本社近く(二の鳥居の内側)
狭井神社
  • 高宮社(位置
    • 祭神:日向御子神
    • 三輪山上に鎮座する。
  • 狭井神社(位置
    • 祭神:大神荒魂神
    • 式内社「狭井坐大神荒魂神社五座」。病気平癒の神社。御神体である三輪山への登拝口が境内にある。但し、三輪山は御神体であり山そのものが神域であるため、軽率な気持ちで入山することは出来ない。(明治に渡るまで「神域」として一般の入山禁止であった。)登拝料を払い受付より渡されるたすきを首にかけるなどの厳守すべき規則があり、それを了承した上で登拝することが義務づけられている。なお、入山中は撮影・飲食は禁止である
  • 活日神社(位置
    • 祭神:高橋活日命
  • 磐座神社(位置
本社周辺
檜原神社
  • 大直禰子神社(若宮社、位置
    • 祭神:大直禰子・少彦名命・活玉依姫命
    • 明治の廃仏毀釈までは大御輪寺と呼ばれる神宮寺の中の末寺であり、旧来は平等寺の本尊前立観音であり現在は同桜井市の聖林寺にある十一面観音菩薩立像が廃仏毀釈後に一時安置されていた。社殿は入母屋造本瓦葺きの仏堂形式で、数回にわたって大規模改修された末に室町時代に現在の形態になり、内陣の部材には奈良時代のものが含まれることが近年の解体修理に伴う部材調査で判明している[8]
  • 檜原神社(位置
  • 神御前神社(位置
  • 神坐日向神社(位置
    • 祭神:櫛御方命・飯肩巣見命・建甕槌命
    • 式内社「神坐日向神社」。
  • 綱越神社(位置
  • 玉列神社(位置
    • 祭神:玉列王子神・天照大御神・春日大神
    • 式内社「玉列神社」。
奈良市内

末社[編集]

ほか多数。

文化財[編集]

年の瀬の大神神社

重要文化財(国指定)[編集]

  • 拝殿(附 棟札)
  • 三ツ鳥居(附 瑞垣)
  • 摂社大直禰子神社社殿
  • 朱漆金銅装楯
  • 紙本墨書周書 巻第十九

史跡(国指定)[編集]

  • 大神神社境内

現地情報[編集]

所在地
交通アクセス
  • 鉄道
  • バス
    • 桜井駅(JR・近鉄)北口バス乗り場から、二の鳥居前まで運行(土日祝の昼間時のみ・年末年始及び毎月1日を除く)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ >桜井市立埋蔵文化センター「三輪山西麓の磐座を訪ねて」より
  2. ^ 延喜式神名帳大和国の式内社一覧を参照。
  3. ^ 現在の拝殿(国の重要文化財)は寛文4年(1664年)に造営されたものである。それ以前は三つ鳥居(三輪鳥居)とそれに続く瑞垣が巡るに過ぎなかった。
  4. ^ なお、三峯神社などにも、ほぼ同型の三ツ鳥居がある。
  5. ^ 大神神社 (曖昧さ回避)」「三輪神社」「美和神社」等も参考のこと。
  6. ^ 大物主大神の項目参照。
  7. ^ 倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめ)に関する伝承で、一般に「三輪山伝説」と呼ばれる。詳細は箸墓古墳の項目参照。
  8. ^ 文化庁・国指定文化財等データベース 大直禰子神社社殿および大神神社公式モバイルサイト

参考文献[編集]

  • 神社由緒書『三輪の神奈備 三輪明神』
  • 中山和敬 『大神神社』 學生社、改訂新版 1999年
     初版 1971年、著者(1905年1995年)は、宮司1950年1983年)で退任後は神社本庁参与。
  • 鈴木正信「『大神朝臣本系牒略』の史料的性格」(『古文書研究』60、2005年)
  • 鈴木正信「大神朝臣本系牒略と髙宮信房」(『大美和』110、2006年)
  • 鈴木正信「『粟鹿大明神元記』の写本系統」(河野貴美子・王勇編『東アジアの漢籍遺産』勉誠出版、2012年)
  • 鈴木正信『日本古代氏族系譜の基礎的研究』(東京堂出版、2012年)
  • 鈴木正信「大三輪神の神格とその重層性」(『彦根論叢』393、2012年)
  • 鈴木正信「五~八世紀における大神氏の氏族的展開」(『滋賀大学経済学部研究年報』19、2012年)
  • 鈴木正信「三輪山祭祀の構造と展開」(『早稲田大学日本古典籍研究所年報』6、2013年)
  • 鈴木正信「大神氏の分布とその背景」(『彦根論叢』395、2013年)
  • 鈴木正信「神部直氏の系譜とその形成」(『日本歴史』780、2013年)
  • 鈴木正信「大神氏始祖系譜の歴史的背景」(『彦根論叢』396、2013年)
  • 鈴木正信『日本古代氏族研究叢書 大神氏の研究』(雄山閣、2014年)
  • 鈴木正信「上野国美和神社の官社化と神階奉授」(『桐生史苑』53、2014年)

外部リンク[編集]