飛鳥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岡寺より飛鳥全景

飛鳥(あすか)は現在の奈良県高市郡明日香村大字飛鳥あたりと大阪府羽曳野市及び太子町あたりを指す地域名。2つの飛鳥を区別するために、河内国(大阪府)の飛鳥は「近つ飛鳥」「河内飛鳥」とよばれ、大和国(奈良県)の飛鳥は「遠つ飛鳥」・「大和飛鳥」とよばれる。この場合の「近つ」、「遠つ」は都があった難波宮大阪市中央区)からみてちかいかとおいかによる(なお、遠つ飛鳥と近つ飛鳥を逆に解する説もある)。

現在では単に「飛鳥」といった場合には、大阪府の飛鳥(河内飛鳥)ではなく奈良県の飛鳥(大和飛鳥)を指すのが一般的である。したがって、ここでは奈良県の大和飛鳥について記述し、大阪の飛鳥は「河内飛鳥」の項目に記す。

概要[編集]

古い時代においてのみ公的であった名称ではなく、近年においても1956年合併によって明日香村がうまれるまではこの地域に飛鳥村があり地方自治体の名称として飛鳥は存在した。また、現在においても明日香村の大字(おおあざ)として飛鳥という地名は存在している。

名称について[編集]

「あすか」の語源については外来語由来説、地形名称由来説などがあるがはっきりとしたことはわかっていない。

外来語由来とする説は、アソカ(ムユウジュ)、アショーカなどのサンスクリッド語とする説。

万葉集』に「飛ぶ鳥の」歌がいくつかみえる。

  • 飛鳥(とぶとり)の 明日香の里を置きて去(い)なば君が辺は見えずかもあらむ(1-78)
  • 飛鳥の 明日香の河の上ッ瀬に生(お)ふる玉藻は下ッ瀬に流れ触らふ玉藻なす(略)(2-194)
  • 飛鳥の 明日香の川の上ッ瀬に石橋渡し下ッ瀬に打橋渡す石橋に生ひ靡(なび)ける(略)(2-194)

「飛鳥」を「飛ぶ鳥」とよませ、「明日香」の枕詞となっていることがわかる。ただし、飛鳥の地が近隣の他の地とくらべて格段に鳥類が多く飛んでいたという事実はない。

飛鳥の範囲について[編集]

現在では明日香村一帯、あるいは人によってはその近隣までを含んで飛鳥と指ししめすこともあるが、飛鳥時代当時はより狭い地域を示すものであったようである。飛鳥盆地を中心として飛鳥川の東側に当たるあまり広くないところ(平地にかぎれば南北1.6キロ、東西0.8キロほど)と考えられていた(岸俊男など)。

飛鳥京[編集]

この飛鳥には天皇大王)の宮がおかれたことがおおく、推古天皇が崇峻5年(592年)の豊浦宮(とゆらのみや)での即位から持統天皇8年(694年)の藤原京への移転までの、約100年間を日本の歴史の時代区分として飛鳥時代と称している。

また、永らく日本の政治・文化の中心地であったので、宮殿や豪族の邸宅などがたちならび、帰化系の人々も段々と付近に居住するようになり、なかでものちに有力氏族に成長した阿智使主(あちのおみ)を氏祖とする東漢氏がはやくから飛鳥にちかい檜隈に居をかまえていた[1]

6世紀半ばには飛鳥周辺に仏教が伝来して文化が発達していった。7世紀には、飛鳥は古代日本の政治と文化の中心地となり、都市機能の整備がおこなわれるなど宮都の様相を呈していたので、「飛鳥京」とも呼ばれていた(『紀』)。

飛鳥におかれた天皇(大王)の宮一覧[編集]

飛鳥時代には、豊浦宮は飛鳥の西方、飛鳥川をはさんだ対岸にあり、小墾田宮は飛鳥の北側の小墾田(小治田)と称される地域にあったとされており、その意味では、厳密には飛鳥におかれた宮ではない。豊浦宮は豪族の邸宅を利用していたと推定されており、の使者が往来するようになると小墾田宮を造営して、603年推古天皇が遷宮している。これは外国の使者の饗応にふさわしい宮殿が必要になったのだろうと推測されている。

また、古事記にしるされる允恭天皇の遠飛鳥宮、日本書紀にしるされる顕宗天皇の近飛鳥八釣宮については、前者がこの地で後者が河内飛鳥とする説、前者が河内飛鳥で後者がこの地とする説、両者ともに河内飛鳥とする説とがある。

なお、斉明と天武の間の天智天皇弘文天皇(大友皇子)の両代では飛鳥をはなれ近江大津に近江宮がおかれた。

『万葉集』と飛鳥[編集]

『万葉集』で奈良県にある地名ののべ総数約900の1/4は飛鳥に集中している。だれしも大和の『万葉集』のあとをたずねようとすれば飛鳥をおとずれるといっても過言ではない[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 犬養孝 『改訂新版 万葉の旅』上、平凡社平凡社ライブラリー〉(原著2003年11月10日)、初版、p. 66。ISBN 97845827648332010年8月14日閲覧。

関連項目[編集]