名松線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JR logo (white).svg 名松線
家城駅に停車中の名松線列車 キハ11形
家城駅に停車中の名松線列車 キハ11形
路線総延長 43.5 km
軌間 1067 mm
最高速度 65 km/h
停車場・施設・接続路線
STR
近鉄山田線
STR STR
紀勢本線
0.0 松阪駅
STRrf STR
近鉄:山田線
ABZrf
←紀勢本線↑
BHF
4.2 上ノ庄駅
BHF
7.0 権現前駅
AKRZu
伊勢自動車道
BHF
11.7 伊勢八太駅
STR+4 STR
近鉄:大阪線
BHF BHF
13.0 一志駅
STR3 STR
左:川合高岡駅
BHF
15.6 井関駅
BHF
18.5 伊勢大井駅
exSTRlg STR
中勢鉄道
21.3 伊勢川口駅
BHF
23.3 関ノ宮駅
KBHFxe
25.8 家城駅 ↓不通・バス代行区間
exBHF
29.5 伊勢竹原駅
exBHF
33.8 伊勢鎌倉駅
exBHF
36.6 伊勢八知駅
exBHF
39.7 比津駅
exKBHFe
43.5 伊勢奥津駅

名松線(めいしょうせん)は、三重県松阪市松阪駅から同県津市伊勢奥津駅に至る東海旅客鉄道(JR東海)の鉄道路線地方交通線)である。

概要[編集]

雲出川の渓流沿いを走るローカル線で、阪を結ぶ計画であったことから、両都市の頭文字をとって名松線と名付けられた。現在、終点の伊勢奥津駅から名張駅前行きの三重交通路線バスが運行されているが、早朝の1便のみであるため松阪から名張への移動に名松線を利用することは困難である。営業収入は約4000万円、営業費用(維持管理費)は約8億円となっている[1]。 なお、名張 - 松坂間は、近鉄大阪線および山田線によりほぼ直線的に結ばれている。

赤字83線として廃止勧告対象となり、特定地方交通線第2次廃止対象線区にも選ばれていたが、岩泉線とともに代替道路未整備を理由に廃止対象から除外された。現在は伊勢八知まで三重県道15号久居美杉線の道路整備が済んでおり、伊勢八知 - 伊勢奥津間も未改良ながら津市コミュニティバスが運行されている。

2009年10月8日の台風18号の被害により、家城駅 - 伊勢奥津駅間がバスによる代行運転となっている。(詳細後述)

路線データ[編集]

  • 管轄(事業種別):東海旅客鉄道(第一種鉄道事業者
  • 路線距離(営業キロ):43.5 km
  • 軌間:1,067 mm
  • 駅数:15(起終点駅含む)
    • 名松線所属駅に限定した場合、起点の松阪駅(紀勢本線所属)が除外され、14駅となる。
  • 複線区間:なし(全線単線
  • 電化区間:なし(全線非電化
  • 閉塞方式票券閉塞式(松阪駅 - 家城駅間)、スタフ閉塞式(家城駅 - 伊勢奥津駅間)
    • 交換可能駅:家城駅 … 2009年までJR東海の旅客営業線で唯一、キャリア(通票を運ぶための大きな輪がついた皮革製の入れ物)の交換が見られる駅であった。家城駅 - 伊勢奥津駅間がバス代行となっている現在では交換は行われず、運転士から一旦駅係員がキャリアを預かり、同じキャリアを発車直前に渡している。
    • 松阪駅 - 家城駅間で実施している票券閉塞式は2012年7月現在日本全国のJR線唯一のものとなっている。
  • 保安装置:ATS-PT
  • 最高速度:65 km/h

全線を東海鉄道事業本部が管轄している。

運行形態[編集]

2009年10月の台風被害以前は、2009年3月14日改正時点で1日8往復が運転され、そのうち夜の松阪駅発下り最終列車が家城駅止まりであるほかは松阪駅 - 伊勢奥津駅間の運転であった[2]。 松阪駅 - 家城駅間が復旧した2009年10月15日からは、列車はすべて同区間の運転で、台風被害前と同じく、1日8往復が2時間に1本ほどの間隔で運転されている。家城駅 - 伊勢奥津駅間はバス代行で、1日下り5本・上り6本の運行である。上り列車には紀勢本線多気駅や、参宮線伊勢市駅に(2010年3月改正前は鳥羽駅にも)直通する列車がある[3]

民営化後の1989年からは、全列車がワンマン運転されており、定期列車ではキハ11形気動車のみが運用されている。

松阪駅からの家城駅行き下り最終列車に充当された車両は同駅で夜間滞泊となる。かつては、最終列車の1本前の伊勢奥津駅行き列車も同駅まで回送されていた。しかし、2006年8月20日に発生した構内留置車両が本線に逸走する事故、および2009年4月19日に再び発生した同様の事故(これらの事故については「車両逸走事故」の節で詳述)を受け、管理体制の見直しが再検討され、2009年6月1日から伊勢奥津駅から家城駅まで回送していた列車を、松阪駅まで回送して留置するように変更した。

担当乗務員区は伊勢運輸区である。

使用車両[編集]

伊勢車両区所属のキハ11形気動車で運行されている。主に基本番台または100番台が使用され、300番台はごくまれにしか入線しない。編成も単行(1両)がほとんどで、2両編成以上になる列車は少ない。

過去の使用車両[編集]

このほか、リゾートライナーも入線したことがある。

歴史[編集]

名松線は改正鉄道敷設法81.にある、「奈良縣櫻井ヨリ榛原、三重縣名張ヲ經テ松阪ニ至ル鐵道及名張ヨリ分岐シテ伊賀上野附近ニ至ル鐵道並榛原ヨリ分岐シ松山ヲ經テ吉野ニ至ル鐵道」の一部として敷設された。

このうち、伊賀鉄道(現在の伊賀鉄道伊賀線を開通させた会社だが、現在の伊賀鉄道とは別会社)が名張駅(後の西名張駅。近鉄に合併された後の1964年に廃止) - 伊賀神戸駅 - 伊賀上野駅間を改正鉄道敷設法成立と同じ1922年に開業させていたため、桜松線(おうしょうせん、桜井と松阪から各一文字を取った)の一部として、松阪駅から名張駅(後の西名張駅)を目指して工事が進められることになった。

しかし、1930年参宮急行電鉄が現在の近鉄大阪線山田線にあたる桜井駅 - 名張駅 - 参急中川駅(現在の伊勢中川駅) - 松阪駅 - 山田駅(現在の伊勢市駅)間を開通させたため、松阪 - 名張間の旅客輸送目的で名松線は建設意義を失った格好になり、1935年までに松阪駅 - 伊勢奥津駅間を開通させたにとどまった。ただし参宮急行電鉄は親会社の大阪電気軌道との直通を前提として標準軌規格で開通したため、貨物輸送や大阪から東紀州方面への連絡で意義があるとして、道路整備によるモータリーゼーションが普及する前の1960年代まで、桜松線の建設要望は継続された。また戦中には、狭軌で開業した名古屋線との直通や軍需輸送を目的に、大阪・山田線の狭軌化と国鉄線・南大阪線との接続が検討されたこともあった。

なお、改正鉄道敷設法で定められたこれらを結ぶ鉄道は、経路が異なるものの、榛原 - 松山(旧大宇陀町) - 吉野をのぞいて現在の近鉄各線によって実現している。

1982年8月、三重県全域を襲った台風10号により名松線全線が不通となり、伊勢奥津駅には2両の気動車が取り残された。その後、被害の大きかった伊勢竹原駅 - 伊勢奥津駅間はバス代行となる。日本国有鉄道(国鉄)は三重交通によるバス転換の方針を打ち出し、同年11月には名松線の廃止承認の申請を提出した。しかし、熱心な反対運動や、道幅が狭くバスを走らせるのは困難と判断されたことで、復旧作業が続けられ、翌年6月に全線の運行を再開。1985年には廃止対象から除外され、廃止承認申請が取り下げられた。

年表[編集]

  • 1929年昭和4年)8月25日:松阪駅 - 権現前駅間(4.4 M≒7.08 km)が開業[4]。権現前駅が開業[5]
  • 1930年(昭和5年)
    • 3月30日:権現前駅 - 井関駅間(5.3 M≒8.53 km)が延伸開業[4]。伊勢八太駅・井関駅が開業[5]
    • 4月1日:営業距離の単位をマイルからキロメートルに変更(全線 9.7 M→15.6 km)[4]
  • 1931年(昭和6年)9月11日:井関駅 - 家城駅間 (10.2 km) が延伸開業[4]。伊勢川口駅・家城駅が開業[5]
  • 1934年(昭和9年)12月1日:松阪駅 - 家城駅間気動車運行開始[6]
  • 1935年(昭和10年)12月5日:家城駅 - 伊勢奥津駅間 (17.7 km) が延伸開業[4]。伊勢竹原駅・伊勢鎌倉駅・伊勢八知駅・比津駅・伊勢奥津駅が開業[5]
  • 1938年(昭和13年)1月20日:伊勢田尻駅・伊勢大井駅・関ノ宮駅が開業[5]
  • 1959年(昭和34年)
  • 1960年(昭和35年)8月1日:上ノ庄駅が開業[5]
  • 1965年(昭和40年)10月1日:貨物営業廃止[4]
  • 1968年(昭和43年)10月1日:伊勢田尻駅を0.3 km 松阪方面に移転し一志駅に改称[5]
  • 1982年(昭和57年)8月1日:台風10号による土砂災害などで全線不通。
  • 1983年(昭和58年)6月1日:全線復旧、運行再開。
  • 1984年(昭和59年)
  • 1985年(昭和60年)8月2日:代替道路未整備を理由に廃止対象から除外。
  • 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化によりJR東海が承継。
  • 1989年平成元年)2月20日:ワンマン運転開始[8]
  • 1999年(平成11年)11月28日:キハ58系の運転を終了。
  • 2004年(平成16年)9月24日台風21号による土砂災害で全線不通。10月4日復旧。
  • 2006年(平成18年)8月20日:家城駅に留置されていた車両が深夜に無人状態で逸走する事故が発生[9]
  • 2009年(平成21年)
    • 4月19日:家城駅で車両逸走事故が発生[10]
    • 6月1日:車両逸走の防止対策としてこれまで家城駅に夜間留置されていた車両2両のうち、1両を松阪駅まで回送する体制に変更[10]
    • 10月8日台風18号による豪雨で、家城駅 - 伊勢奥津駅間の約40箇所で土砂崩れや路盤流出が生じ全線運休。バス代行を開始。
    • 10月15日:松阪駅 - 家城駅間が運行再開。バス代行区間が家城駅 - 伊勢奥津駅間に変更。
  • 2015年(平成27年)度:家城駅 - 伊勢奥津駅間が運行再開予定。

車両逸走事故[編集]

2009年(平成21年)4月19日 22時13分頃、家城駅で車両の入換待ちをしていた最中に運転士がおよそ5分間列車を離れたところ車両(1両)が無人で下り坂を走り始め、およそ8.5km逸走して井関駅 - 伊勢大井駅間で停車した[11]手歯止めを装着せずに運転士が車両を離れたことが原因で、踏切計23か所を通過したものの死傷者や踏切事故などはなかった。

家城駅では2006年8月にも今回と同様に夜間滞泊させていた車両が逸走しており[9]、このときは手歯止めを装着せずに留置したことに加えて、空気圧が抜けてブレーキが緩む構造だったことが分かり、通常の自動空気ブレーキに加え、車両のエンジンを切ると自動的に直通予備ブレーキがかかるよう改修した。

中部運輸局は2度も同様の事故が起きたことを重く見て、JR東海に対して警告書を渡し、行政指導を行った[12]

JR東海ではこの事故の対策として、家城駅で夜間滞泊させていた車両2両のうち、これまで伊勢奥津駅から家城駅まで回送されていた列車を、松阪駅まで回送することにより、家城駅での車両入換作業を廃止し、家城駅での夜間滞泊は22時前の最終列車のみとしている。また、2009年8月1日より同線を担当する運転士を約70名から20名に限定するなどの対策も実施している。

家城駅 - 伊勢奥津駅間について[編集]

家城駅 - 伊勢奥津駅間の代行バス 運行は三重交通(2009年12月31日 伊勢奥津)

JR東海は2009年10月29日、同月8日の台風18号による災害のため不通となり、松阪駅 - 家城駅間が復旧した15日以降も不通のままの家城駅 - 伊勢奥津駅間について当面はバス代行を続けると発表した[13]。そのうえで、「名松線全区間の旅客輸送は引き続きJR東海が担うが、松阪 - 家城間は鉄道を維持したうえで、家城 - 伊勢奥津間はバスでの輸送に切り換える。運賃等は現在の考え方を維持する」とし、関係自治体等に説明すると発表した[13]。理由について「仮に同区間を復旧したとしても今後もより大きな自然災害が発生するおそれがあり、長期運休等でお客様に迷惑をかけるおそれが高いため」としている[13]。代行バスは昼間の2往復が削減され、伊勢奥津行きが5本、家城行きが6本となっている。

JR東海の廃止方針を受け、沿線である津市美杉町の自治会長らは10月30日、津市のJR東海三重支店を訪れ、存続を求める要望書を提出した[14]。また、津市の松田直久市長は、10月30日の定例記者会見でこの問題に触れ、早期に住民説明会を開いて意見を聞いたうえでJR東海に存続を求める要望書を提出する考えを明らかにした[15]。これに基づき同市長は11月4日にJR東海本社と中部運輸局を訪れ、名松線を鉄道として全面復旧させるよう求める要望書を手渡した。これに対しJR東海の中村満専務東海鉄道事業本部長は沿線の山林荒廃等にも触れ「復旧しても再び災害は起こる」と従来の見解を繰り返したが、今後情報を共有した上で協議を進めることでは一致した。また、三重県の野呂昭彦知事は、11月9日の記者会見でこの問題に触れ、来年度予算編成前に行う国への提言・要望の中で復旧を求める考えを示した。

JR東海の山田佳臣社長は2010年11月24日の定例記者会見において、名松線の現在の不通区間の復旧について自治体による協力などの要件を満たすことを条件に復旧させる考えを明らかにし、台風で被害を受けた線路周辺の山間部と河川部の修復と、その後の維持管理に対し自治体が将来にわたって責任を持ち、「運行の安全性が確保される」ことを条件に挙げた。これを受けて、2011年5月20日、JR東海、津市、三重県の三者間で協定書が締結され、治水工事については津市が、治山工事は三重県が担当することにより復旧工事を行い、2016年度に全線で運転再開を目指すことが明らかになった[16][17]

その後、三重県・津市による治山・治水工事が順調に進んでいることから、JR東海も2013年5月30日より線路内の土砂撤去・盛土復旧・線路・電気設備の復旧に着手すると発表した。費用は約4.6億円。復旧工事完了ならびに運行再開時期は2015年度(平成27年度)内とされている[18]


駅一覧[編集]

  • 全駅三重県内に所在
  • 全列車普通列車(全駅に停車)
  • 線路(全線単線) … ◇:列車交換可、|・*:列車交換不可(*は交換設備休止)
  • 駅名欄の背景色がである駅(伊勢竹原駅 - 伊勢奥津駅)は平成21年台風第18号により不通となっている区間の駅であることを示す。
駅名 駅間営業キロ 累計営業キロ 接続路線 線路 所在地
松阪駅 - 0.0 東海旅客鉄道紀勢本線
近畿日本鉄道山田線
松阪市
上ノ庄駅 4.2 4.2  
権現前駅 2.8 7.0  
伊勢八太駅 4.7 11.7   津市
一志駅 1.3 13.0 近畿日本鉄道大阪線川合高岡駅
井関駅 2.6 15.6  
伊勢大井駅 2.9 18.5  
伊勢川口駅 2.8 21.3  
関ノ宮駅 2.0 23.3  
家城駅 2.5 25.8  
伊勢竹原駅 3.7 29.5  
伊勢鎌倉駅 4.3 33.8  
伊勢八知駅 2.8 36.6  
比津駅 3.1 39.7  
伊勢奥津駅 3.8 43.5  

過去の接続路線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 台風被害でJR名松線の一部廃止へ 家城~伊勢奥津間をバス化 - 中日新聞 2009年10月30日
  2. ^ 『JTB時刻表』2009年3月号、JTBパブリッシング
  3. ^ 『全国版コンパス時刻表』2009年10月号、交通新聞社。『JTB時刻表』2010年3月号・2014年4月号、JTBパブリッシング
  4. ^ a b c d e f 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』1、JTB1998年、p.189。ISBN 4-533-02980-9
  5. ^ a b c d e f g h 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』2、JTB、1998年、p.383, 384。ISBN 4-533-02980-9
  6. ^ 『鉄道省年報. 昭和9年度』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  7. ^ 高杉造酒太郎編 『伊勢湾台風災害調査報告』 日本建築学会、1961年
  8. ^ 1988年12月27日 中日新聞 朝刊 記事「新造ディーゼル車で初のワンマン運転へ JR東海が「太多」など3線で」、1989年2月21日 伊勢新聞 記事「名松線にワンマンカーお目見え 村長らテープカット 美杉村・JR伊勢奥津駅」、1989年2月22日 中日新聞 朝刊 三重版 記事「三重地方のJRの3線に新型車両 参宮、名松、紀勢 ワンマン運転」
  9. ^ a b 無人列車8.5キロ走る、車止め忘れ JR東海インターネット・アーカイブ) - 朝日新聞 2006年8月20日
  10. ^ a b 名松線車両逸走事故の対策について - 東海旅客鉄道プレスリリース 2009年6月17日
  11. ^ 列車が無人で8.5キロ走行 三重・JR名松線 - J-CASTニュース 2009年4月20日
  12. ^ 鉄道輸送の安全確保について(警告書発出) (PDF) - 中部運輸局、2009年4月20日。[リンク切れ]
  13. ^ a b c 名松線の今後の輸送計画について - 東海旅客鉄道ニュースリリース 2009年10月29日
  14. ^ JR名松線:一部廃止方針に住民が要望書「全線運行を」 /三重 - 毎日新聞 2009年10月31日[リンク切れ]
  15. ^ 名松線一部運行廃止方針 津市長「存続へ運動」 - 読売新聞 2009年10月31日[リンク切れ]
  16. ^ JR名松線:JRと県など、復旧へ協定書 - 毎日新聞 2011年5月19日[リンク切れ]
  17. ^ JR名松線の復旧にかかる協定を締結しました”. 三重県 (2011年5月27日). 2011年12月19日閲覧。
  18. ^ 【社長会見】名松線(家城駅〜伊勢奥津駅間)復旧工事の着手について - 東海旅客鉄道、2013年5月15日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]