笠田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
笠田駅
駅舎
駅舎
かせだ - Kaseda
大谷 (1.5km)
(3.1km) 西笠田
和歌山県伊都郡かつらぎ町大字笠田東20-13
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線   T   和歌山線
キロ程 58.2km(王寺起点)
電報略号 セタ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
776人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1900年明治33年)11月25日
備考 業務委託駅
POS端末設置

笠田駅(かせだえき)は、和歌山県伊都郡かつらぎ町大字笠田東にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)和歌山線である。

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームを持つ行違い可能な地上駅。駅本屋側ホームが1番(下り)ホーム、跨線橋を渡った反対側ホームが2番(上り)ホームである。行違い可能だが、安全側線は設置されていない。また、笠田高等学校への通学客が多いため、2番ホームに同高校の生徒専用改札口が設けられている。

橋本駅が管理し、ジェイアール西日本メンテックが駅業務を受託する業務委託駅。ただし窓口は朝の一部時間帯(6:20-10:10)のみの営業で、POS端末による発券を行う。また、自動券売機入場印字機が設置されている。

便所は、男女共用の汲み取り式

笠田駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1   T   和歌山線 下り 粉河和歌山方面
2   T   和歌山線 上り 橋本五条方面

駅周辺[編集]

路線バス[編集]

かつて存在した路線[編集]

  • 和歌山バス那賀
    • 笠田線 (2002年4月廃止、かつらぎ町コミュニティバスに移管)
    • 志賀線 (2002年4月廃止、かつらぎ町コミュニティバスに移管)

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである。[1]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1998 890
1999 874
2000 846
2001 842
2002 779
2003 795
2004 827
2005 824
2006 835
2007 810
2008 832
2009 760
2010 785
2011 801
2012 776

五条駅方面ゆきは、橋本駅から南海高野線に乗り換えて難波駅方面へ出る通勤・通学客が多い。和歌山駅方面は主に和歌山市内への通勤客であり、そこから阪和線を利用して天王寺駅へ出る客は少ない[要出典]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
  T   和歌山線
快速(粉河駅以東各駅停車)・普通
大谷駅 - 笠田駅 - 西笠田駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『和歌山県統計年鑑』及び『和歌山県公共交通機関等資料集』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]