かつらぎ町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かつらぎちょう
かつらぎ町
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 和歌山県
伊都郡
団体コード 30341-1
面積 151.73 km²
総人口 17,377
推計人口、2014年3月1日)
人口密度 115人/km²
隣接自治体 橋本市紀の川市
伊都郡九度山町高野町
海草郡紀美野町有田郡有田川町
大阪府河内長野市和泉市岸和田市
奈良県吉野郡野迫川村
町の木 キンモクセイ
町の花 アジサイ
かつらぎ町役場
町長 山本惠章
所在地 649-7192
和歌山県伊都郡かつらぎ町大字丁ノ町2160番地
北緯34度17分47.3秒東経135度30分13.5秒
Katsuragi Town Hall 01.jpg
外部リンク かつらぎ町

かつらぎ町位置図

― 市 / ― 町・村

特記事項
かつらぎ町章
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

かつらぎ町(かつらぎちょう)は、和歌山県伊都郡和泉山脈に接する、橋本市から和歌山市に至るまでの和歌山県北部地域では、唯一のであるが、農業分野では近畿地方全域でも有数の規模だと言われており、年間を通じて様々なフルーツが栽培されている。また、和泉山脈を隔てて隣接する大阪府和泉市友好都市としても知られている。

地理[編集]

南北に細長く、和歌山県の北東部、伊都郡の西部に位置しており、北に和泉山脈(町名のもととなった和泉葛城山が所在)、南に紀伊山地がある。旧・かつらぎ町域は紀ノ川が東西に流れており、旧・かつらぎ町の最南端にある新城地域には貴志川が東西に流れている。また、旧・花園村域は有田川が流れている。

旧・かつらぎ町と旧・花園村は、2007年現在のところ、自動車の通れないウォーキング用ルートも含め、直接連絡する道路が一切用意されていないため、事実上の飛地となっている。

紀伊山地和泉山脈に挟まれた地形である上、両者が直線的に並行せずに入り組んでおり、盆地に近い地形となっている。そのため、寒暖の差が大きい。特に夏季には猛暑になることがあり、1994年8月8日には観測史上歴代2位(当時)となる40.6℃を記録している。また、この寒暖差を利用し、様々な果物の栽培が行われている。

隣接する自治体[編集]

歴史[編集]

町名の由来[編集]

町域の北端にある葛城山脈にちなんで和歌山県知事が命名。

沿革[編集]

行政[編集]

町長[編集]

町長:井本泰造(2011年-)

町章[編集]

かつらぎ町の「か」を図案化したもので、全体を平和と発展の精神に見たて、円形は友愛と団結、上辺左右の翼状は永遠の発展と限りなき飛躍を象徴している[1]。(1959年(昭和34年)11月1日制定)

経済[編集]

産業[編集]

果樹栽培が基幹である。

名産・特産[編集]

平核無柿の生産高日本一である。また、四郷(広口・滝・東谷・平)地区を中心に作られる串柿も日本一の規模で、11月23日に串柿まつりも開催されている。ほかにも、イチゴブルーベリーブドウ柑橘類、和歌山県では珍しいリンゴまで広く栽培しており、年中観光農園が開設され、「フルーツ王国」を謳っている。

江戸時代には、紀ノ川を利用して和歌山城下で重宝された川上酒や川上木綿の産地でもあった。

主な企業[編集]

製造業[編集]

金融[編集]

商業施設[編集]

日本郵政グループ[編集]

郵便局

  • かつらぎ郵便局(集配局)(丁ノ町)
  • かつらぎ笠田(かせだ)郵便局(笠田東)
  • 妙寺郵便局(妙寺)
  • かつらぎ大谷郵便局(大谷)
  • かつらぎ渋田郵便局(東渋田)
  • かつらぎ広口簡易郵便局(広口)
  • かつらぎ志賀簡易郵便局(志賀)
  • 花園簡易郵便局(花園北寺)

ゆうちょ銀行

  • 大阪支店 かつらぎ町役場花園支所内出張所(花園簗瀬=はなぞのやなせ)(ATMのみ/ホリデーサービス実施)
その他簡易郵便局を除く各郵便局にATMが設置されており、かつらぎ郵便局ではホリデーサービスも実施。(2011年2月現在)

※かつらぎ町内の郵便番号は以下の通り。

  • 649-71xx」=平成の大合併以前からのかつらぎ町域(新城を除く)。かつらぎ郵便局の管轄。
  • 640-1481」=新城。毛原(けばら)郵便局(海草郡紀美野町)の管轄。
  • 643-06xx」=花園簗瀬、花園北寺、花園池ノ窪、花園新子(あたらし)。清水郵便局(有田郡有田川町)の管轄。
  • 648-02xx」=花園久木(くき)、花園中南。高野郵便局(伊都郡高野町)の管轄。

姉妹・友好都市[編集]

国内[編集]

地域[編集]

人口[編集]

Demography30341.svg
かつらぎ町と全国の年齢別人口分布(2005年) かつらぎ町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― かつらぎ町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
かつらぎ町(に該当する地域)の人口の推移
1970年 25,258人
1975年 24,998人
1980年 24,496人
1985年 23,924人
1990年 22,764人
1995年 22,052人
2000年 20,945人
2005年 19,670人
2010年 18,228人
総務省統計局 国勢調査より

健康と福祉[編集]

学校教育[編集]

  • 小学校
    • 笠田小学校(かつらぎ町大字笠田東558)
    • 大谷小学校(かつらぎ町大字大谷338番地)
    • 妙寺小学校(かつらぎ町大字妙寺857番地)
    • 渋田小学校(かつらぎ町大字東渋田151番地の1)
    • 天野小学校(かつらぎ町大字下天野930番地)
    • 梁瀬小学校(かつらぎ町大字花園梁瀬574番地)(休校中)
  • 中学校

社会教育[編集]

ホール・集会場[編集]
  • かつらぎ総合文化会館「あじさいホール」

交通[編集]

鉄道[編集]

笠田駅以外は全て無人駅で、笠田駅も業務委託駅であり、営業時間が限られている。

路線バス[編集]

コミュニティバス[編集]

道路[編集]

高速道路[編集]

国道[編集]

鍋谷峠
かつらぎ町大字平/大阪府和泉市父鬼町
ここを通る国道480号は、2007年現在、国内の友好都市である和泉市とを直接結ぶ唯一の自動車道である。

県道[編集]

農道[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

祭事[編集]

出身著名人[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]