北宇智駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北宇智駅
駅舎(2010年2月21日)
駅舎(2010年2月21日)
きたうち - Kitauchi
吉野口 (6.6km)
(3.9km) 五条
所在地 奈良県五條市住川町589-4
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 和歌山線
キロ程 31.5km(王寺起点)
電報略号 キタ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
176人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1896年明治29年)10月25日
備考 無人駅(自動券売機 有)

北宇智駅(きたうちえき)は、奈良県五條市住川町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)和歌山線である。

第2回近畿の駅百選に選定されている。

駅構造[編集]

五条方面に向かって右側に、単式ホーム1面1線を有する地上駅停留所)。駅舎はログハウス風待合室があるだけのごく簡素なもので、その中に直立式自動券売機が設置されている。バリアフリー化されており、駅入口にはスロープ手すりの設備も整っている。

王寺鉄道部が管理している無人駅である。

後述のスイッチバックの解消に伴って新しい駅舎とホームが建設され、旧ホーム付近の跨線橋および架線は撤去されたが、そのほかの設備[注釈 1]2010年10月時点でも撤去されることなく残っている。旧駅内および入換線は柵で囲われ閉鎖されているため、立ち入ることはできない。

スイッチバック解消後のホームと駅舎

スイッチバック(現在は解消)[編集]

Kitauchi Station Railway Track.svg
当駅は2007年3月18日まで、駅に停車するためにスイッチバックが必要な構造となっており、関西2府4県では唯一の例であった。最急勾配こそ20パーミル程度だが、開業時は蒸気機関車の牽引する列車ばかりだったため必須の設備であった。その後に蒸気機関車は廃止となり、やがて電化されたためにスイッチバックの必要性は薄れたが、設備は残されていた。

その当時は相対式ホーム2面2線を有し、列車の交換を行うことができた。駅舎側が1番線、向かいが2番線で、それぞれ五条方面ゆきと王寺方面行きであった。五条方面から当駅に停車する場合には、まず引上線に入り、そこからスイッチバックして駅に入線した。王寺方面からはこれと逆の行程である。なお、列車が当駅を通過する場合にはスイッチバックをする必要はなく、駅構内および引上げ線に入らずそのまま渡り線を通ることができた[注釈 2]。また、スイッチバックによる入換作業中は4分程度遮断機が下りたままになるため、駅北方にある踏切道にはその旨が書かれた看板が立てられていた。

スイッチバックをする際、運転士は運転席を移動せずに車掌の無線による誘導で上半身を運転席から外に乗り出して後退していたが、2006年3月18日のダイヤ改正以後、運転席を移動するようになった[注釈 3]。しかし、2006年3月23日および27日に運転士のATSの入れ忘れ事故が立て続けに発生したため、事故防止策としてスイッチバックを廃止することとなった。

2007年3月17日22時頃 - 3月18日9時頃は全列車が北宇智駅を通過。3月18日9時頃 - 17時30分頃は吉野口駅 - 五条駅間を運休として線路の切替え作業が行われ、この間は吉野口駅 - 五条駅間で代行バスが運行された。このスイッチバックの解消に伴い、吉野口駅 - 五条駅間の営業キロが0.4km短縮され[注釈 4]、区間によっては運賃が値下げとなった[1]

利用状況[編集]

奈良県統計年鑑によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

  • 187人(2005年度)
  • 181人(2006年度)
  • 194人(2007年度)
  • 179人(2008年度)
  • 179人(2009年度)
  • 183人(2010年度)
  • 176人(2011年度)

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
和歌山線
快速(大和路線直通)・普通
吉野口駅 - 北宇智駅 - 五条駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 旧駅舎・ホーム・便所・信号機器室・スイッチバックのための入換線など、新駅舎建設の邪魔にならなかった設備
  2. ^ ただし、急行紀ノ川」廃止後(電化完成時の1984年10月ダイヤ改正以降)、当駅を通過する定期旅客列車は存在しなかった
  3. ^ 車掌が乗務する列車をのぞく
  4. ^ 吉野口駅 - 北宇智駅間を6.7kmから6.6kmに、北宇智駅 - 五条駅間を4.2kmから3.9kmに改キロ

出典[編集]

  1. ^ “和歌山線北宇智駅の駅構内改良に伴うバス代行” (日本語) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2007年2月19日), オリジナルの2007-11-05時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20071105210752/http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/1172825_799.html 2012年3月3日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]