宝塚駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記U+FA10.svgと異なる可能性があります。
宝塚駅
たからづか - Takarazuka
所在地 兵庫県宝塚市栄町二丁目
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本・駅詳細
阪急電鉄駅詳細

宝塚駅(たからづかえき)は、兵庫県宝塚市栄町二丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・阪急電鉄である。駅番号は阪急電鉄がHK-56

概要[編集]

宝塚市の中心駅であり、JR西日本の福知山線と、阪急電鉄の宝塚本線今津線の合計3路線が乗り入れる。福知山線は「JR宝塚線」の愛称区間に含まれている。

JR西日本の駅は、JR宝塚線という福知山線の路線愛称が示すとおり同線の中核をなす駅であり、すべての営業列車が停車する。JR発足前後から輸送改善を続けた結果、大阪方面へは所要時間の面で阪急より優位に立っており、もはや日本国有鉄道(国鉄)時代のような阪急の輸送シェア独占状態は解消している。なお、当駅の正式な駅名の「塚」の表記は市名と同じ塚である(JR塚口駅も同様)。

阪急の駅は、宝塚本線と今津線の共通の終着駅である。もともと当地は阪急の牙城であり、それを反映してか駅の規模も大きい。戦前には当駅からさらに有馬温泉まで線路を延ばす計画があったが、六甲山系の山々に阻まれて実現することはなかった。

両駅は駅前ロータリーをはさんで屋根つきの歩道橋エレベーターエスカレーターあり)で結ばれており、乗り換えの便がよい。タクシー乗り場はJR側・阪急側の両方にある(JR側は主に立花神姫タクシー(旧全但タクシー)、阪急側は主に阪急タクシー)。ロータリーには阪急バス阪急田園バスに加え、阪神バス西日本JRバスJRバス関東の「ドリーム号」が乗り入れる。阪神バスおよび「ドリーム号」はJR側、阪急バスおよび阪急田園バスは阪急側に(大阪空港行きのみJR側)乗り入れる。当駅前に阪神バスが乗り入れているのは、かつて阪神電気鉄道が宝塚までの鉄道路線の建設を計画し(宝塚尼崎電気鉄道)、その後計画が専用道路(現・兵庫県道42号尼崎宝塚線)を走行するバス路線によって代替されたためである。

両駅とも、ICOCA(JR西日本)およびPiTaPaスルッとKANSAI協議会)の利用が可能(他の相互利用ICカードはそれぞれの項を参照)。加えて阪急の駅ではラガールカード等のスルッとKANSAI対応各種カードが利用できる。

駅構造[編集]

JR西日本[編集]

JR 宝塚駅
駅概観
駅概観
たからづか - Takarazuka
中山寺 (3.3km)
(1.9km) 生瀬
所在地 兵庫県宝塚市栄町二丁目7-13
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 福知山線(JR宝塚線)
キロ程 17.8km(尼崎起点)
大阪から25.5km
電報略号 ラカ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
32,487人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1897年明治30年)12月27日
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口

単式・島式ホーム複合2面3線を有する地上駅。南側の単式ホーム(1番のりば)が三田・篠山口方面行き、北側の島式ホーム(2・3番のりば)が尼崎・大阪方面行きホームとなっている。下り本線は1番のりば、上り本線は3番のりば。中線である2番のりばは両方向の入線・出発に対応しており、現行ダイヤでは大阪方面の当駅折り返し・待避列車が使用している。過去には三田方面の列車が2番のりばに入線して後続列車の待避を行っていたこともあった。

利用客数が比較的多いにもかかわらず、2008年まで戦前からの駅舎を改装して使用しており、阪急のものに比べ見劣りするものであった。また地上駅時代、各ホーム間は跨線橋で連絡していたが、エレベーターやエスカレーターはなくバリアフリー面で課題があった。そのため2006年6月より駅の橋上駅化に着手し、2007年9月にはエレベーター付きの仮跨線橋が設置された。2008年4月には70年以上に渡って使用されてきた駅舎を閉鎖して仮駅舎へ移転、同時に長距離特急急行が停車していた時代の名残でもある有効長の長いホームを活かし、列車の停車位置を三田側に移動して駅の営業が工事に支障が出ないようにした。2010年2月に完成した新駅舎は、広々とした改札に加えて、駅商業施設(エキマルシェ宝塚、3月8日開業)を併せ持つ利用状況に見合ったものとなっている。旧駅舎の解体後は、2面4線への拡張に備えた構造になっている。

2005年4月25日のJR福知山線脱線事故発生後、同年6月18日まで当駅 - 尼崎駅間が不通となり、三田側からの列車は当駅で折り返すこととなったが、折り返しに使用できるのは2番のりばのみであり、ラッシュ時には跨線橋が乗客であふれかえる事態となった。そのため、駅本屋に直結(当時)していた1番のりばの線路上に仮設ホームを設置し、本来2番のりばである線路を1番のりばとして使用した。この仮設ホームは運転再開の前日である6月18日に撤去された。

非電化時代は相対式ホームに中線1本という駅構造だった。また改札制限をしており、旧駅舎のコンコースが広かったのはこの名残である。

当駅から生瀬駅方面に惣川まで側線があり、砕石ホッパーから線路のバラスト用砕石が積み出される。俗に「惣川工臨」と呼ばれるDE10形牽引の砕石列車がこれを輸送している。

駅長が配置された直営駅であり、管理駅として福知山線の伊丹駅 - 新三田駅間の各駅を管理している。

JR宝塚駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先 備考
1 JR宝塚線 下り 三田篠山口方面
2・3 JR宝塚線 上り 尼崎大阪北新地方面 2番のりばは当駅始発・待避用
  • 上表の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で表記している。

ダイヤ[編集]

朝のラッシュ時は大阪方面の運行本数が非常に多い。日中は1時間あたり快速(丹波路快速含む)・普通とも4本(快速の2本は当駅折り返し)が発着する。夕方時間帯は福知山行きの列車も発着する。JR東西線に直通する快速は朝晩のみ設定されている。

初電は4時52分と早く、終電も0時44分(新三田行き)であり、当駅終着の終電到着は0時58分である。当駅での夜間滞泊は行わず、北伊丹駅まで回送される。


阪急電鉄[編集]

阪急 宝塚駅
駅舎
駅舎
阪急 たからづか - Takarazuka
(宝塚大劇場前)
所在地 兵庫県宝塚市栄町二丁目3-1
駅番号 HK-56
所属事業者 阪急電鉄
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
50,021人/日
-2012年-
開業年月日 1910年明治43年)3月10日
乗入路線 2 路線
所属路線 宝塚本線
キロ程 24.5km(梅田起点)
◄ HK-55 清荒神 (1.2km)
所属路線 今津線
キロ程 0.0km(*宝塚起点)
梅田(西宮北口経由)から23.3km
(0.9km) 宝塚南口 HK-28 ►
備考 * 今津線は起点→終点の方向が「上り」

頭端式ホーム2面4線を有する高架駅。ホーム有効長は10両だが、宝塚線2006年10月・今津線2009年3月20日現在のダイヤでは10両編成の列車は当駅に入線しない。

原則的に今津線は1・2号線ホーム、宝塚本線は3・4号線ホームを使用する。なお、平日ダイヤ10時(9:56発) - 17時および土曜・休日ダイヤ9時 - 19時(阪神競馬開催日は15時46分)においては、今津線と宝塚線の間で乗り換えの利便性を確保するため、今津線は3号線からの発車となり、1・2号線ホームは閉鎖される(臨時列車運転時にはこの限りではない)。このため、当駅ではのりば番号の部分にもLEDが使用されている特殊な発車標が設置されている[1]。また、それ以外の時間帯でホームがそれぞれ1線で足りる場合には、今津線は2号線、宝塚線は4号線のみを使用する。1・2号線ホームと3・4号線ホームは末端部でつながっており、今津線が1・2号線から発車する時間帯にも、これを利用することで2階部を経由せずに宝塚本線・今津線相互間の乗り換えが可能である。

地上駅時代は今津線1本と宝塚本線2本の2面3線ホーム(今津線が4両編成の時代は3面3線)で、なおかつ宝塚本線のホームは乗車ホームと降車ホームに分かれていた。列車は乗客を降ろしたあとに引き上げ線に入り、再度乗車ホームに入線していたが、1960年代に編成両数増大に伴い乗降分離の取扱いが廃止された。駅周囲が民家で囲まれていたため、8両編成分以上のホーム延伸が困難でかつ駅構内も狭かった。今津線ホームは6両編成分であったため、朝ラッシュ時の今津線経由準急梅田行(8両編成)は宝塚本線ホームに入線していた。

駅舎は阪急百貨店を核とする店舗群と一体となっており、さらに駅屋上の一部は駐車場となっている。

ホームにある駅名標には宝塚大劇場前の副駅名が記されている。以前は付近にあった遊園地にちなみ宝塚ファミリーランドと記されていた。

2014年3月21日から発車メロディとして宝塚本線はすみれの花咲く頃が、今津線は鉄腕アトムが使用されている[2]

阪急宝塚駅プラットホーム
ホーム 路線 行先
初電 - 10時、17時 - 終電 (土日祝 初電 - 9時、19時 - 終電)
1・2 今津線 西宮北口仁川神戸今津方面
3・4 宝塚本線 大阪(梅田)豊中石橋川西能勢口箕面京都方面
10時 - 17時 (土日祝 9時 - 19時)
1・2 (使用しない)
3 今津線 西宮北口・仁川・神戸・今津方面
4 宝塚本線 大阪(梅田)・豊中・石橋・川西能勢口・箕面・京都方面

配線図[編集]

阪急 宝塚駅 構内配線略図

西宮北口方面
阪急 宝塚駅 構内配線略図
川西能勢口梅田方面
凡例
出典:川島令三、『東海道ライン 全線・全駅・全配線 第7巻 大阪エリア - 神戸駅』、
ISBN 978-4-06-270017-7、20p、 講談社、2009年



利用状況[編集]

  • JR西日本
    • 2012年度の1日平均乗車人員は33,031人である。JR西日本の駅としては21番目に多く、JR宝塚線内では最も多い(2位は伊丹駅、3位は川西池田駅[3]
  • 阪急電鉄
    • 2012年の平日1日平均乗降人員50,021人(乗車人員:25,395人、降車人員:24,626人)である[4]
    • 2012年11月の交通量調査による特定日乗降人員は48,295人(乗車人員:24,313人、降車人員:23,982人)である。

かつては阪急電鉄の利用が多かったが、JR西日本も沿線の開発やJR東西線の開通もあって利用客が増加した。昭和末期までは三田駅方面からの乗客が、単線非電化で足も遅かった国鉄から阪急へと乗り継いで大阪(梅田)に向かう例もあったが、福知山線の複線電化後は大阪までそのままJRに乗車するようになった。

各年度の一日平均乗降・乗車人員推移は下表のとおり。

  • JR西日本は4月 - 翌年3月の統計。
  • 阪急電鉄は1月 - 12月の平日、および11月実施の交通量調査の統計。
1日乗降・乗車人員推移[5][6]
年度 JR西日本 阪急電鉄 出典
1日平均
乗車人員
乗降人員 乗車人員
平日平均 11月特定日 平日平均 11月特定日
1992年(平成04年) 18,057
1995年(平成07年) 24,578 21,127
1996年(平成08年) 26,120 50,629 26,258
1997年(平成09年) 28,355 52,487 26,986
1998年(平成10年) 29,094 48,409 25,541
1999年(平成11年) 29,718 - -
2000年(平成12年) 30,248 49,817 25,841
2001年(平成13年) 30,261 46,741 23,745 [7]
2002年(平成14年) 29,978 56,823 28,805 [8]
2003年(平成15年) 30,311 47,935 23,795 [9]
2004年(平成16年) 30,539 46,234 23,183 [10]
2005年(平成17年) 30,529 49,672 24,335 [11]
2006年(平成18年) 30,866 48,320 24,431 [12]
2007年(平成19年) 31,027 47,552 52,706 24,131 26,678 [13]
2008年(平成20年) 31,305 48,133 49,099 24,433 24,860 [14]
2009年(平成21年) 30,949 47,764 44,795 24,274 22,560 [15]
2010年(平成22年) 31,837 48,628 46,626 24,707 23,335 [16]
2011年(平成23年) 32,487 49,457 50,259 25,113 26,693 [17]
2012年(平成24年) 33,031 50,021 48,295 25,395 24,313 [18]

駅周辺[編集]

花の道(駅から宝塚大劇場に至る道)

阪急側の駅の高架化以前、駅前から宝塚ファミリーランドへの道筋には土産物店が並んでいた。このように、温泉地として開発され、小林一三の手によって発展を遂げた宝塚駅周辺は行楽地の雰囲気をたたえていたが、宝塚ファミリーランドが閉園してからはそれも薄らいでいる。

バス路線[編集]

路線バス[編集]

阪急バス・阪急田園バス[編集]

  • 1番のりば宝塚すみれガ丘線
    • 181・182・183系統 すみれガ丘東 行(御殿山四丁目経由)
    • 181系統 宝塚南口駅前 行
    • 183系統 宝塚営業所前 行(宝塚市立病院前経由)
    • 深夜バス すみれガ丘東 行(御殿山四丁目経由)
  • 2番のりば有馬線・阪急田園バス宝塚線)
    • 60系統 山口営業所前 行(蓬莱峡・西宮高原ゴルフ場・有馬駅前・下山口経由)
    • 61系統 山口営業所前 行(蓬莱峡・有馬駅前・下山口経由)
    • 59系統 有馬(温泉) 行(蓬莱峡経由)
    • 58系統 西宮高原ゴルフ場 行(蓬莱峡経由)
    • 1系統 東部 行(御殿山四丁目・切畑・西谷支所前経由)
    • 2系統 波豆 行(御殿山四丁目・大宝塚ゴルフ場・切畑・西谷支所前経由)
    • 3系統 波豆 行(御殿山四丁目・大宝塚ゴルフ場・切畑・西谷支所前・東部経由)
    • 4系統 波豆 行(御殿山四丁目・切畑・西谷支所前・東部経由)
    • 5系統 大宝塚ゴルフ場 行(御殿山四丁目経由)
    • 30系統 長尾山霊園 行
  • 3番のりば有馬線
    • 151系統 有馬(温泉) 行(西宮名塩駅・鎌倉峡・下山口・有馬駅前経由)
    • 152系統 山口営業所前 行(西宮名塩駅・鎌倉峡・下山口経由)
    • 154系統 山口営業所前 行(西宮名塩駅・北六甲台・名来北経由)
    • 157系統 山口営業所前 行(西宮名塩駅・北六甲台経由)
    • 160系統 山口営業所前 行(西宮名塩駅・北六甲台・すみれ台経由)
    • 164系統 山口営業所前 行(西宮名塩駅・鎌倉峡・すみれ台経由)
    • 165系統 山口営業所前 行(西宮名塩駅・鎌倉峡・すみれ台・岡場駅経由)
    • 165系統 岡場駅 行(西宮名塩駅・鎌倉峡・すみれ台経由)
    • 156系統 読売ゴルフ場 行(西宮名塩駅経由)

阪神バス[編集]

  • 1番のりば(宝塚甲子園線・安倉団地循環線)
    • 鳴尾浜 行(宝塚市立病院前・宝塚安倉団地・西野・昆陽里・西大島・阪神甲子園・武庫川団地中央経由)
    • 阪神甲子園 行(宝塚市立病院前・宝塚安倉団地・西野・昆陽里・西大島経由)
    • 尼崎浜田車庫前 行(宝塚市立病院前・宝塚安倉団地・西野・昆陽里・西大島経由)
    • 宝塚安倉団地 循環(宝塚市立病院前経由)
  • 2番のりば(杭瀬宝塚線・尼崎宝塚線・宝塚ローカル線)
    • 阪神杭瀬駅北 行(西野・昆陽里・西大島・阪神尼崎駅北経由)
    • 阪神尼崎 行(西野・昆陽里・西大島経由)
    • 尼崎スポーツの森 行(西野・昆陽里・西大島・出屋敷パナソニックPDP前経由、平日1便のみ)
    • 尼崎浜田車庫前 行(西野・昆陽里・西大島経由)

高速バス[編集]

阪急バス[編集]

西日本JRバス[編集]

歴史[編集]

JR西日本[編集]

阪急電鉄[編集]

その他[編集]

  • 阪急の宝塚駅は第2回近畿の駅百選選定駅。
  • かつてJR宝塚駅では国鉄時代から駅弁の販売が行われており、末期には駅構内にある改札口手前の売店で販売していた。ちなみに淡路屋は当駅および生瀬駅における駅弁の販売を端緒とする。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
JR宝塚線(福知山線)
丹波路快速・快速
中山寺駅 - 宝塚駅 - 西宮名塩駅
普通
中山寺駅 - 宝塚駅 - 生瀬駅
阪急電鉄
宝塚本線
通勤急行・急行・準急・普通(準急は梅田行きのみ運転)
清荒神駅 (HK-55) - 宝塚駅 (HK-56)
今津線
直通特急「とげつ」・準急・普通(準急は神戸本線経由梅田行きのみ運転)
宝塚駅 (HK-56) - 宝塚南口駅 (HK-28)
  • 直通特急「とげつ」は、春・秋の行楽シーズンにのみ運転。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 画像1画像2を参照
  2. ^ 「宝塚駅」の出発合図音を変更します 宝塚本線は「すみれの花咲く頃」、今津線は「鉄腕アトム」に 〜 阪急電鉄では初めて! ご当地ゆかりの楽曲を“出発メロディー”に採用 〜 (NEWS RELEASE) - 阪急電鉄(2014年3月4日付)
  3. ^ 上位50駅の乗車人員(平成24年度1日平均)
  4. ^ 阪急電鉄 鉄道情報ホームページ 駅別乗降人員(上位50位)
  5. ^ 宝塚市統計書
  6. ^ 兵庫県統計書
  7. ^ 宝塚市統計書(平成14年度) 『9章 運輸・通信』
  8. ^ 宝塚市統計書(平成15年度) 『9章 運輸・通信』
  9. ^ 宝塚市統計書(平成16年度) 『9章 運輸・通信』
  10. ^ 宝塚市統計書(平成17年度) 『9章 運輸・通信』
  11. ^ 宝塚市統計書(平成18年度) 『9章 運輸・通信』
  12. ^ 宝塚市統計書(平成19年度) 『9章 運輸・通信』
  13. ^ 宝塚市統計書(平成20年度) 『9章 運輸・通信』
  14. ^ 宝塚市統計書(平成21年度) 『9章 運輸・通信』
  15. ^ 宝塚市統計書(平成22年度) 『9章 運輸・通信』
  16. ^ 宝塚市統計書(平成23年度) 『9章 運輸・通信』
  17. ^ 宝塚市統計書(平成24年度) 『9章 運輸・通信』
  18. ^ 宝塚市統計書(平成25年度) 『9章 運輸・通信』
  19. ^ JR西日本プレスリリース:JR宝塚線 宝塚駅橋上駅舎での営業開始について (PDF)
  20. ^ 阪急阪神ホールディングス株式会社編 『100年のあゆみ 部門史』、2008年、62頁
  21. ^ 阪急電鉄・諸川久 『日本の私鉄 阪急』 保育社、1998年、31頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]