法隆寺駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
法隆寺駅
橋上駅となった新駅舎
橋上駅となった新駅舎
ほうりゅうじ - Hōryūji
大和小泉 (3.2km)
(3.6km) 王寺
所在地 奈良県生駒郡斑鳩町興留九丁目1-1
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 関西本線大和路線
キロ程 145.7km(名古屋起点)
加茂から24.8km
電報略号 ホリ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
7,536人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1890年明治23年)12月27日
備考 直営駅
みどりの窓口

法隆寺駅(ほうりゅうじえき)は、奈良県生駒郡斑鳩町興留(おきどめ)九丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)関西本線である。「大和路線」の愛称区間に含まれている。

斑鳩町の代表駅であり、世界遺産の1つである法隆寺の玄関にあたる駅である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅で、分岐器絶対信号機がない停留所に分類される。出入り口は南北2箇所。改札口は1箇所。

2007年3月に橋上駅化され、エスカレーターエレベーターが設置された。橋上駅以前は単式・島式の複合型2面3線(上りホームが島式)で、改札口が上下線ホームそれぞれに設置されており、改札内では跨線橋で結ばれていたが、工事が始まったことにより2番のりばを待避線から本線として整備し直し、その後に3番のりばを撤去した。

王寺駅が管理している直営駅である。ICカード乗車券ICOCA」が利用することができる(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)。

ホーム 路線 方向 行先
1 大和路線 下り 王寺天王寺大阪方面
2 大和路線 上り 奈良加茂方面
  • 上表の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で表記している。

利用状況[編集]

奈良県統計年鑑によると、1日平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1997年 10,447
1998年 10,337
1999年 9,969
2000年 9,756
2001年 9,506
2002年 9,122
2003年 8,802
2004年 8,542
2005年 8,475
2006年 8,475
2007年 8,424
2008年 8,365
2009年 8,075
2010年 7,944
2011年 7,672
2012年 7,536

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

奈良交通(法隆寺駅停留所) ※2011年3月16日現在
  • 1のりば
    • 66号系統:法隆寺国際高校経由 かしの木台一丁目 行
    • 67号系統:かしの木台一丁目 行
    • 70号系統:かしの木台一丁目経由 住江織物 行
    • 76号系統:かしの木台一丁目 行
  • 2のりば
    • 72号系統:法隆寺門前 行
    • 81号系統:法隆寺前・小泉出屋敷経由 小泉駅 行 ※ただし、土曜・休日に1便のみ

なお、法隆寺へは王寺駅からのバス路線もあり、頻繁に運行されている(奈良交通西大和営業所の項も参照)。

歴史[編集]

なお1915年 - 1948年には、天理軽便鉄道近鉄法隆寺線新法隆寺駅→近畿日本法隆寺駅が、近隣に存在した。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
大和路線(関西本線)
大和路快速・直通快速・快速・区間快速・普通
大和小泉駅 - 法隆寺駅 - 王寺駅

ほか、2010年4月1日木曜日および、4月3日から6月27日までの土曜日日曜日祝日に運行されていた臨時特急まほろば号の停車駅であった。2011年3月11日まで、平日のみ運行されていたやまとじライナーの停車駅でもあった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]