木津駅 (京都府)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
木津駅
東口(2012年1月14日)
東口(2012年1月14日)
きづ - Kizu
所在地 京都府木津川市木津池田116-2
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
電報略号 キツ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
3,419人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1896年明治29年)3月13日
乗入路線 3 路線
所属路線 関西本線大和路線
キロ程 126.9km(名古屋起点)
加茂から6.0km
加茂 (6.0km)
(3.2km) 平城山
所属路線 奈良線*
キロ程 34.7km(京都起点)
上狛 (1.6km)
(-km) (平城山)*
所属路線 片町線(学研都市線)**
キロ程 0.0km(木津起点)
(2.2km) 西木津
備考 直営駅
みどりの窓口
* 正式な起点は当駅。また奈良線の全列車が奈良駅まで乗り入れ。
** 早朝・深夜の一部列車が奈良駅まで乗り入れ。
木津駅配線図

左と下の側線は保線車両用


西木津駅/↑上狛駅/加茂駅

3 4 7 8


STRg
STRf
STR STRrg ABZ3rg STRr STRl
STRr STRl STRlg KRWgl+l KRWgr+r STR
KRWg+l KRWgr STR+BSl STR+BSr
STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr
ENDEa STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr
STR STR+BSl STR+BSr STR STR
KRWl KRWg+r STR STR STR
KRWgl KRWg+r KRWg+l KRWr
KRW+l KRWgr KRWgl+l KRWgr+r ENDEa
ENDEe ENDEe STR KRWgl KRWg+r
STRg STRf ENDEe

平城山駅

木津駅(きづえき)は、京都府木津川市木津池田にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)のである。

概要[編集]

京都府南部の木津川市の代表駅にあたり、京橋方面・京都方面・奈良方面・亀山方面への4方向に線路がつながっており、2つの路線の起点駅という交通の要衝である。

乗り入れ路線[編集]

当駅の所属線である関西本線[1]に、奈良線片町線を加えた3路線が乗り入れている。奈良線と片町線は当駅が路線の始終着駅だが、奈良線列車は運転系統上、関西本線に乗り入れ奈良駅を始終着としている。片町線は早朝・深夜に奈良駅への直通列車があるほかは、大部分の列車が当駅を始終着とする。アーバンネットワークエリア内にあり、関西本線は「大和路線」の路線愛称設定区間に含まれ、片町線は「学研都市線」の路線愛称が設定されている。

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線を有する地上駅橋上駅舎)である。現在の橋上駅舎は2007年平成19年)4月1日に供用開始された。独特の流線型を持つ外観は、木津川の流れをイメージしたという。また木材の流通で栄えた町(旧木津町)の歴史を表すため、随所に木目調のデザインを取り入れている。ホームとは跨線橋で結ばれている

旧駅舎は大正時代に建てられたという平屋で、ホームへは線路下の通路(線路が築堤上のため通路は地平レベル)で連絡していた。また以前は、現在の1番のりばの西側に2線、両ホームの間に2線と東側に留置線(6本)が敷設されていた。その名残により、運転取り扱い上は、1・2番のりばが「3番線」「4番線」、3・4番のりばが「7番線」「8番線」になっている。

駅構内の自動放送は、橋上化以前は「○番線」とアナウンスされていたが、現在はJR西日本で一般的な「○番のりば」の表現に更新されている。

奈良駅が管理している直営駅で、ICカード乗車券ICOCA」の利用エリアに含まれている。

ホーム 路線 方向 行先 備考
1 学研都市線 - 四条畷京橋北新地方面
奈良線(一部列車) - 宇治京都方面
2 大和路線 上り 加茂亀山方面
奈良線 宇治京都方面 一部1番のりば
3・4 大和路線
奈良線
下り 奈良天王寺大阪方面 学研都市線からの直通列車は1番のりば
奈良線系統は3番のりばのみ
  • 上表の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で表記している。
  • 学研都市線からの奈良行と、一部の京都行は1番のりばから発車する。

奈良方面へ向かう下り列車については、大和路線の加茂方面からは3・4番のりばに、奈良線京都方面からは1・3番のりばに入線することができる。どちらも通常は3番のりばを使用するが、両路線の列車が同時に入線する場合は、大和路線の列車が待避線である4番のりばに、奈良線の列車は3番のりばに入る。

3番のりばは加茂方面と京都方面の両方向へ、4番のりばは加茂方面のみへの出発も可能である。実際に毎朝、4番のりばから加茂方面への回送列車1本が運転されている。

片町線(学研都市線)は1番のりばにのみ線路がつながっており、その1番のりばのみを使用する。片町線(学研都市線)から奈良駅へ直通する列車は両方向とも1番のりばからとなる。1番のりばは、奈良線京都方面の列車の待避線としての役割も持っている(線路自体は加茂方面へも繋がっているが、加茂方面の進路が設定されていない)が、2009年(平成21年)3月14日現在のダイヤでは1番のりばでの待避列車はない。ただしレール磨きのため、1日2本のみ奈良線の京都方面への上り列車が1番のりばに入線する。

片町線の最終列車は、当駅で夜間滞泊している。

ダイヤ[編集]

関西本線(大和路線)[編集]

日中は大和路快速が毎時2本発着する。また、木津 - 奈良間には奈良線のみやこ路快速、普通がそれぞれ毎時2本ずつ運行される。ラッシュ時は本数が増える。

奈良線[編集]

日中はみやこ路快速、普通が毎時2本ずつ運転。すべて関西本線に乗り入れる。ラッシュ時は本数が増える。

片町線(学研都市線)[編集]

日中は毎時2本運転。ラッシュ時は20分毎に運転。

接続[編集]

接続は比較的よいが、片町線から他路線への接続はやや悪い。

利用状況[編集]

京都府統計書によると、1日平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1999年 3,197
2000年 3,115
2001年 3,090
2002年 3,104
2003年 3,082
2004年 3,071
2005年 3,096
2006年 3,118
2007年 3,211
2008年 3,301
2009年 3,241
2010年 3,318
2011年 3,342
2012年 3,419

駅周辺[編集]

駅の東側には田畑が広がる。商店や住宅があるのはほとんど西側である。現在、駅西側で「木津駅前土地区画整理事業(木津川市施行)」が、今回開設される駅東口方面約1.5kmでは木津中央地区土地区画整理事業(都市機構施行)が実施されている。

バス路線[編集]

きのつバス 背後は木津駅新駅舎

橋上駅舎化に伴って東口に駅前交通広場が2007年(平成19年)7月2日に開設され、奈良交通路線バスが木津南地区(州見台・梅見台)から乗り入れを開始している。

奈良交通
西口
52・71・72系統 : 木津市役所 - 南後背 - 山田川駅 -(52系統のみ・南陽高校休校日は運休)南陽高校
72系統:鹿背山
東口
33系統:梅美台三丁目 - 州見台六丁目 - 朱雀六丁目 - 高の原駅
きのつバス(木津川市コミュニティバス)
西口
木-1系統 : 梅谷 / 高の原駅
木-2系統 : 鹿背山 / 高の原駅
木-3系統 : 木津川台 / 高の原駅

歴史[編集]

旧駅舎(2005年3月23日)
  • 1896年明治29年)
  • 1898年(明治31年)
    • 6月4日 - 関西鉄道が現在の片町線にあたる路線を長尾駅から東に延伸。その終着として新木津駅が開業。約600m離れるが当駅と連絡駅になる。
    • 9月16日 - 関西鉄道が新木津駅 - 当駅間を延伸させ、当駅へ乗り入れ。同駅が奈良鉄道と関西鉄道片町方面の接続駅となる。
    • 11月18日 - 関西鉄道が新木津駅 - 加茂駅間を延伸させ、名阪間の新ルートとなる名古屋駅 - 新木津駅 - 網島駅(1913年廃止)間が全通。
  • 1900年(明治33年)6月6日 - 関西鉄道路線再編。名阪間の本線が大仏駅経由に変更され、加茂駅 - 新木津駅 - 網島駅間は支線に格下げ(運転系統上は同年9月1日に施行)。
  • 1901年(明治34年)1月18日 - 関西鉄道の新木津駅 - 木津駅間が休止。
  • 1905年(明治38年)2月7日 - 関西鉄道が奈良鉄道を合併。木津駅は関西鉄道単独駅となる。
  • 1907年(明治40年)
    • 8月21日 - 関西鉄道が加茂駅 - 当駅間の新線を開業。これに伴い加茂駅 - 奈良駅間は当駅経由に切り替えられ、現在の関西本線ルート完成。同時に新木津駅 - 当駅間が再開され、名古屋方面と放出方面の接続駅の機能も当駅に集約。これに伴い、加茂駅 - 新木津駅間が休止(同年11月1日正式廃止)され、新木津駅も休止(新木津給水所となる)。
    • 10月1日 - 関西鉄道が国有化。国有鉄道の駅となる。同時に新木津給水所を新木津給水給炭所に改称。
  • 1909年(明治42年)10月12日 - 線路名称制定により、関西本線所属となる。
  • 1911年(明治44年)8月30日 - 休止中の新木津駅(新木津給水給炭所)が廃止。
  • 1984年昭和59年)2月1日 - 貨物営業廃止(旅客駅となる)。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる。
  • 2003年平成15年)11月1日 - ICカード「ICOCA」供用開始[2]
  • 2007年(平成19年)4月1日 - 橋上駅舎供用開始。
  • 2008年(平成20年)2月8日 - 旧駅舎のホーム連絡通路を再利用した東西連絡通路供用開始。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道(JR西日本)
大和路線(関西本線)
大和路快速・快速・区間快速・普通
加茂駅 - 木津駅 - 平城山駅
奈良線
みやこ路快速・快速
玉水駅 - 木津駅 - 奈良駅
区間快速・普通
上狛駅 - 木津駅 - 平城山駅
学研都市線(片町線)
快速・区間快速
平城山駅 - 木津駅 - 西木津駅
普通
木津駅 - 西木津駅

新木津駅(休止時点)[編集]

関西鉄道
支線(加茂駅方面)
加茂駅 - 新木津駅 - 祝園駅
支線(木津駅方面)
木津駅 - 新木津駅 (- 祝園駅)
  • 新木津駅自体は、現在の片町線における木津駅と西木津駅の間に存在していた。なお新木津駅休止時点では、西木津駅は未開業。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年 ISBN 978-4533029806
  2. ^ 「ICOCA」いよいよデビュー! 〜 平成15年11月1日(土)よりサービス開始いたします 〜インターネット・アーカイブ) - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2003年8月30日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]