高の原駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高の原駅
駅舎(背後はイオンモール高の原)
駅舎(背後はイオンモール高の原
たかのはら - TAKANOHARA
山田川 (1.6km)
(2.7km) 平城
所在地 奈良県奈良市朱雀三丁目12-3
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 京都線
キロ程 30.8km(京都起点)
電報略号 タカノ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
35,637人/日
-2012年11月13日-
開業年月日 1972年昭和47年)11月22日
コインロッカー、売店、定期券・特急券自動発売機有
車いす対応券売機、車いすトイレ、エレベータ、エスカレータ使用可

高の原駅
配線図

山田川駅

4 3 2 1


STRg ENDEa STRf
STR STR ÜWc2 ABZg3
ABZg2
ABZg+4 STR
STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr
STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr
ÜWor ABZg2
ABZg+1
ABZg+4
STR STR STR
STR STR STR
ABZrg STRrf STR
STRg STRf

平城駅

高の原駅(たかのはらえき)は、奈良県奈良市朱雀三丁目にある、近畿日本鉄道(近鉄)京都線

平城ニュータウン建設に伴い、1972年昭和47年)11月に開業[1][2][3]。駅名は、万葉集に詠われた佐紀丘陵の古称とされる地名「高野原」にちなんで名づけられた[4]。現在は関西文化学術研究都市の玄関口となっている。

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線をもつ地上駅橋上駅舎を有する。外側の線路が先発・通過の電車用になる。ホーム有効長は6両。改札口は1ヶ所のみである。

京都府寄りに引込線がある。これはかつて「高の原行」普通列車の入換として使われていたものであるが、現在では、回送列車の入換に使われている。また、大和西大寺方面から駅手前に2番線へ続く線路があるが、こちらは営業としては使われず、保線基地として使用されている。そのため、入線も手動式の横取り装置での対応である。

開発によってやや変化したものの、当駅周辺の地形はすり鉢状になっており、橋上の駅舎に出入口が設けられている。また、現在では構造上大規模な工事になることから設置が難しいとされたエレベーターが付けられている[5]

のりば[編集]

1・2 京都線(下り) 大和西大寺奈良天理橿原神宮前吉野大阪難波尼崎三宮方面
3・4 京都線(上り) 新祝園新田辺丹波橋京都京都国際会館方面
  • 構内の方面表記では上記のように記載されているが、下り列車は最遠で橿原神宮前駅・近鉄奈良駅・天理駅までの運転であり、吉野駅へは橿原神宮前駅にて吉野線の列車に、大阪難波駅・尼崎駅・三宮駅へは大和西大寺駅にて奈良線の列車に、それぞれ乗り継ぐことになる。また方面表記には記載されていないが、下り列車は伊勢志摩方面の特急が1日2本停車する。
  • 外側2線(1番線と4番線)が主本線、内側2線(2番線と3番線)が待避線である。外側2線が主本線の駅は近鉄単独駅としては当駅が唯一である(同じ京都線の竹田駅京都市営地下鉄との共同使用駅なので異なる)。

特徴[編集]

大和西大寺駅を始発から9:35までに発車する京都方面行および京都駅を15:00以降に発車する大和西大寺方面行の特急が停車する。特急券・定期券とも購入可能である。京都線ではこの駅から大和西大寺寄りの各駅にて、大阪難波駅経由の阪神電鉄線連絡乗車券が購入できる。阪神線内からの近鉄連絡乗車券も、当駅までしか購入できない。京阪電車の連絡切符も発売されている。当駅から鶴橋駅経由で西日本旅客鉄道大阪環状線内各駅への利用者も多いが、西日本旅客鉄道との連絡切符は発売されていない。

  • ラッシュ時は、駅係員がホームにて案内する。
  • 平日朝ラッシュ時に、当駅始発の京都行き急行列車の設定が1本だけある。

利用状況[編集]

近年における特定の1日乗降人員は以下の通り。

  • 2005年11月8日:33,802人[6]
  • 2008年11月18日:36,779人
  • 2010年11月9日:36,489人[7]
  • 2012年11月13日:35,637人

ラッシュ時(特に平日朝)は通勤のサラリーマンや近隣の学校(奈良大学東大寺学園中学・高校平城高校京都府立南陽高校など)の学生などで混雑する。奈良線学園前駅と同様に昼間でも利用者が多いが、当駅は京都市方面への通勤通学需要も多いため、大阪市方面一辺倒の学園前駅とは異なり両方向への利用者が多い。

1日平均乗車人員は下記の通り[8]

年度 1日平均
乗車人員
1995年 20,109
1996年 20,233
1997年 19,774
1998年 19,819
1999年 19,885
2000年 19,225
2001年 18,809
2002年 18,669
2003年 18,661
2004年 18,505
2005年 18,486
2006年 18,445
2007年 20,169
2008年 20,096
2009年 19,927
2010年 19,997
2011年 19,761
2012年 19,579

駅周辺[編集]

駅前の歌碑

平城・相楽ニュータウンや付近の学校への玄関口としての性格が強い。 ホームも含め奈良県に位置しているが、引込線が奈良県奈良市と京都府木津川市府県境にまたがる。

駅前には駅名の由来となった万葉歌の歌碑があり、「秋さらば 今も見るごと 妻ごひに 鹿鳴かむ山ぞ 高野原の上 万葉集 巻第一・八四 長皇子」と刻まれている[9][10][11][12]

東側[編集]

西側[編集]

南側[編集]

北側[編集]

バス[編集]

奈良交通が運行。停留所は駅の西側に少し離れたサンタウン寄りに所在する。

  • 1番 
  • [11] 学園前駅北口ゆき(奈良大学経由)
  • [115] JR奈良駅西口ゆき(佐保台三丁目経由)
  • [117] 佐保台三丁目ゆき
  • 奈良大学構内ゆき(奈良大学開校日のみ)
  • [33] 木津駅東口ゆき(梅美台三丁目経由)(京都府木津川市
  • [31] 梅美台三丁目ゆき(京都府木津川市)
  • [30] 梅美台三丁目ゆき(平城山駅経由)(京都府木津川市)
  • 2番
  • [16] 高の原駅ゆき(左京循環外回り、朱雀五丁目・朱雀四丁目経由)
  • [17] 高の原駅ゆき(左京循環内回り、朱雀第一住宅・朱雀保育園経由)
  • 3番
  • [7] 神功四丁目ゆき(兜台一丁目経由)
  • [1][4] 神功四丁目ゆき(右京小学校経由)
  • 4番
  • [19] 木津川台住宅ゆき(平日1本のみ)
  • [21] 兜台五丁目ゆき(京都府木津川市)
  • [77] 学研奈良登美ヶ丘駅ゆき(兜台三丁目・東登美ヶ丘六丁目東経由)
  • [82] 高山サイエンスタウンゆき(奈良県生駒市
  •  木-1  梅谷ゆき(きのつバス)
  •  木-2  鹿背山ゆき(きのつバス)
  •  木-3  木津川台住宅ゆき(きのつバス)
  • 5番
  • [文] 東大寺学園ゆき (東大寺学園開校日のみ)

※かつて存在した系統=15系統・平城山駅、100系統・東登美ヶ丘一丁目、2系統・左京循環外回り・兜台一丁目経由神功四丁目、3系統・左京循環内回り・兜台一丁目経由神功四丁目、4系統・左京循環内回り・右京小学校経由神功四丁目、76系統・学研奈良登美ヶ丘駅経由学園前駅行き、80系統・高山サイエンスタウン、81系統・高山サイエンスタウン、23系統・光台循環内回り(京都府相楽郡精華町)、22系統・山田川駅(兜台五丁目経由)、夜行高速バスやまと号・東京ディズニーランド千葉駅

歴史[編集]

外観再塗装後の高の原駅
  • 1972年昭和47年)- 平城駅から2.6km、山田川駅から1.6kmの地点に新駅が計画される[9]
  • 1972年(昭和47年)7月 - 着工[9]。勾配が急なため、既設線路東側に約900mの複線を敷き、上下線共通の95mのホームと線路上に架かる歩道橋に沿う駅舎を建設[9]
  • 1972年昭和47年)11月22日 - 平城ニュータウンの入居日(同年11月25日)に合わせるため、予定地より約50m南に仮駅で開業[9]。普通・準急行が停車し、乗降客は一日およそ750人[9]
  • 1973年(昭和48年)5月16日 - 跨線歩道橋に沿うように造られた橋上駅が完成[9]。本開業[13][14]RC+S造で、延床面積は1,204m²[3]
    • 開業時のホーム有効長は大型車4両分(95メートル)であったが、大型車10両分の用地が確保され、旧本線用地へのホーム増設が考慮されていた[4]
  • 1976年(昭和51年)12月5日 - 新たに上下待機線を敷設し、ホームを増設[3][9]。2面4線となる。
  • 1977年(昭和52年)1月18日 - 急行が停車開始[15]
  • 1986年(昭和61年)12月9日 - 高の原駅列車運行自動制御開始、高の原変電所が竣工[16][17]
  • 1994年平成6年)4月21日 - 「第5回全国みどりの愛護のつどい」のため奈良入りされた皇太子ご夫妻が高の原駅で下車され、柿本善也奈良県知事や大川靖則奈良市長らが駅前で出迎える。
  • 1999年(平成11年)3月16日 - 京橿京奈特急が一部停車するようになる[17]
  • 2001年(平成13年)4月 - 平城ニュータウンの自治連合会・万年青年クラブなどからエレベーター設置の要望の署名が、近鉄及び奈良県と奈良市に提出される[18]
  • 2003年(平成15年)- 売店をPocketplatに転換。
  • 2004年(平成16年)10月22日 - 駅制御装置更新[19]
    • この年から交通エコロジー・モビリティ財団から委託された近畿日本鉄道がエレベータ設置工事を始め、2005年(平成17年)2月まで一部階段が使用中止に。その後、トイレも使用中止[要出典]
  • 2005年(平成17年)- エレベータ使用開始。同時にトイレ前スロープ・点字ブロック、車いす対応券売機が設置された[要出典]
  • 2005年(平成17年)6月1日 - KOSMOS稼働開始[17]
  • 2007年(平成19年)4月1日 - PiTaPa使用開始[17]
  • 2008年(平成20年)9月 - 非常通報装置供用開始。
  • 2010年(平成22年)11月15日 - 「みもすパン工房」が催事出店[20]
  • 2011年(平成23年)2月-3月 - 外装の塗装工事を行ない、白色から灰色に[要出典]
  • 2011年(平成23年)3月17日 - 様々なスイーツの人気店が期間限定で出店する「MeetsSweets高の原店」がオープン[21]
  • 2012年(平成24年)3月20日 - 朝に上り特急が停車するようになる[22]
  • 2012年(平成24年)8月20日 - 「パン工房 青い麦高の原駅店」が開店。
  • 2013年(平成25年)9月14日 - ファミリーマートへの転換のため、Pocketplatが閉店。
  • 2013年(平成25年)10月8日 - 「ファミリーマート近鉄高の原駅改札内橋上店」が開店。
  • 2014年(平成26年)4月30日 - 構内の南都銀行ATMが廃止。
  • 2014年(平成26年)9月10日頃 - すべての自動改札機がICカードに対応
  • 2014年(平成26年)9月14日 - 構内にセブン銀行ATMが設置される。

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
京都線
急行
新祝園駅 - 高の原駅 - 大和西大寺駅
普通
山田川駅 - 高の原駅 - 平城駅
※イベントなどの開催時に急行の一部が、通常の隣の停車駅との間にある以下の駅に臨時停車する事がある。
  • 奈良競輪開催日(一部日程を除く)に平城駅

その他[編集]

  • 2006年に開業した近鉄けいはんな線を当駅まで延伸する構想があり、近鉄学研奈良登美ヶ丘駅は将来の延伸に対応できるよう考慮されて建設されたが、当面計画は凍結される見込みである(将来のリニア新駅との兼ね合いもあるため)。
  • 自動改札機東芝製が設置されている。赤い自動改札機(EG-2000)は、出場時2枚一括処理、PiTaPaICOCAに対応する。
  • 所在は奈良県奈良市だが、前述の通り京都府木津川市まで至近であるため、京都新聞などの販売も行っている。
  • 駅スタンプには平城ニュータウンが描かれている。
  • 当駅は1999年から特急一部停車駅となっているが、2003年まで近鉄京都線に設定されていた快速急行は通過していた。
  • 年末年始の終夜運転では2011年まで特急は下りを含めて全て通過していたが、2012年以降は上下ともに停車するようになった。

脚註[編集]

  1. ^ 日本住宅公団20年史刊行委員会編『日本住宅公団20年史』日本住宅公団、1975年7月25日、NCID BN01602514
  2. ^ 日本住宅公団史刊行委員会編『日本住宅公団史』日本住宅公団、1981年9月、NCID BN01602467
  3. ^ a b c 『近畿日本鉄道 最近20年のあゆみ』近畿日本鉄道、1980年10月1日、NCID BN05420494
  4. ^ a b 「窓 平城ニュータウンに "高の原" 駅が新装オープン」『近鉄ニュース 第315号』1973年5月1日付、第3面
  5. ^ 11月28日 国際文化観光・学研都市推進対策特別委員会 - 奈良県
  6. ^ 駅別乗降人員 京都線(Wayback Machine) - 近畿日本鉄道
  7. ^ 駅別乗降人員 京都線 - 近畿日本鉄道
  8. ^ 奈良県統計年鑑
  9. ^ a b c d e f g h 平城ニュータウンのあゆみ編集委員会編『平城ニュータウンのあゆみ』奈良市、1997年3月、NCID BA30651850
  10. ^ 奈良市に万葉歌碑を建てる会
  11. ^ 奈良盆地歴史地理データベース - 奈良女子大学古代学学術研究センター
  12. ^ 万葉ゆかりの地をたずねて ~万葉歌碑めぐり~ - 奈良市
  13. ^ 相楽ニュータウンまちづくりのあゆみ (PDF) 」杉本景久、『住宅・都市整備公団住宅都市試験研究所調査研究期報 108号』pp.51-77
  14. ^ 「『平城ニュータウン』の調査から」奈良女子大学文学部附属高等学校1-C稲田純・植田洋・木下雅敬・工藤幸宏・竹島康志・西浦弘望・山田善一・横井昌彦、1975年1月18日、『奈良女子大学附属中等教育学校研究紀要 Vol.16 (PDF) 』pp.31-50「地理授業での野外調査の試みから 寅貝和男 (PDF)
  15. ^ 住宅・都市整備公団関西支社編『まちづくり30年 近畿圏における都市開発事業』住宅・都市整備公団関西支社、1985年12月27日、NCID BN02420964
  16. ^ 『近畿日本鉄道 創業80周年記念 最近10年のあゆみ』近畿日本鉄道、1990年10月1日、NCID BN08102644
  17. ^ a b c d 『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』近畿日本鉄道、2010年12月、NCID BB05245458
  18. ^ 奈良市平成13年12月定例会(第4号) - 会議録検索システム
  19. ^ 岡根修司編『近鉄技報 VOL.36 2005』近畿日本鉄道鉄道事業本部企画統括部、2005年7月31日、ISSN 02856603
  20. ^ みもすパン工房の営業日記 - みもすパン工房
  21. ^ MeetsSweets高の原店 3/17(木)OPEN! (PDF)
  22. ^ 平成24年のダイヤ変更について (PDF) 」近畿日本鉄道秘書広報部、2012年3月20日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]