山田川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山田川駅
駅舎
駅舎
やまだがわ - YAMADAGAWA
木津川台 (1.0km)
(1.6km) 高の原
京都府相楽郡精華町大字山田小字下河原3-1
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 京都線
キロ程 29.2km(京都起点)
電報略号 ヤマ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
4,260人/日
-2012年11月13日-
開業年月日 1928年昭和3年)11月3日

山田川駅
配線図

木津川台駅

2 1


STRg STRf
STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
STRg STRf

高の原駅

山田川駅(やまだがわえき)は、京都府相楽郡精華町大字山田小字下河原にある、近畿日本鉄道(近鉄)京都線木津川市との境界上にある。

駅構造[編集]

対向式ホーム2面2線の地上駅である。ホーム長が短く、4両編成しか停車できない。駅西側、2番ホームに駅舎があり、反対側の1番ホームへは構内踏切[1][2]を利用して渡る。

なお自動改札機は東芝製が設置されており、赤い自動改札機(EG-2000)は出場時2枚一括処理、PiTaPaICOCAに対応する。また定期券の予約発売を実施している。当駅から京都寄りの各駅では、大阪難波駅経由の阪神電鉄線連絡乗車券の購入ができない。

のりば[編集]

1 京都線(下り) 高の原大和西大寺奈良天理橿原神宮前吉野大阪難波方面
2 京都線(上り) 新祝園丹波橋京都京都国際会館方面
  • 構内の方面表記では上記のように記載されているが、下り列車は最遠で橿原神宮前駅・近鉄奈良駅・天理駅までの運転であり、吉野駅へは橿原神宮前駅にて吉野線の列車に、大阪難波駅へは大和西大寺駅にて奈良線の列車に、それぞれ乗り継ぐことになる。また、上り列車は京都国際会館方面へは最低1回は乗り換える必要がある。

利用状況[編集]

近年における1日乗降人員は以下の通り。

  • 2005年11月8日:4,786人
  • 2008年11月18日:4,501人
  • 2010年11月9日:4,290人[3]
  • 2012年11月13日:4,260人

駅周辺[編集]

近年駅前に商業施設が整備されている。川を挟んで対岸に国道163号山田川バイパスが走っている。駅から至る東西の道路は旧国道163号、南北の道路は京都府道22号八幡木津線

バス[編集]

駅前から奈良交通のほか、コミュニティバスであるきのつバス及び精華くるりんバスも連絡している。

  • 奈良交通
    • (1番のりば)[19][29] 木津川台住宅行き
    • (2番のりば)[19] 高の原駅行き(南陽高校経由)、[52] 南陽高校行き
    • (3番のりば)[71] 木津駅行き、[72] 鹿背山行き(木津駅経由・木津駅から自由乗降区間
  • きのつバス
    • (1番のりば) 木-3  木津川台住宅行き
    • (2番のりば) 木-1  高の原駅行き(南陽高校経由)
    • (2番のりば) 木-2  高の原駅行き(相楽台経由)
    • (3番のりば) 木-1  梅谷行き(木津駅・市坂・州見台・梅美台経由)、
    • (3番のりば) 木-2  鹿背山行き(木津駅経由)
    • (3番のりば) 木-3  高の原駅行き(木津駅・いずみホール・中央体育館・南陽高校経由)
  • 精華くるりんバス

かつては東畑鳥谷、加茂駅笠置月ケ瀬口駅上野方面行きのバスも発着していた。

歴史[編集]

その他[編集]

近鉄京都線の前身、奈良電気鉄道時代には同社直営の路線バスがあり、古くからバスターミナルとしての性格を持っていた。1995年(平成7年)までは国道163号を走り笠置上野三重県)方面へ向かう路線があったが廃止された。合併以降は近鉄系の会社(京都近鉄観光バス、車庫が木津川市山城町上狛にあった。現在は近物レックス南京都支店)→近鉄バス(当時は近鉄直営)に引き継がれ、1973年(昭和48年)に現在の奈良交通の路線となっている。

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
京都線
急行
通過
普通
木津川台駅 - 山田川駅 - 高の原駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ホーム南側に構内踏切がある為、下り線のみに停車駅通過防止用ATSが設置されている。
  2. ^ 2009年4月時点では、当駅が京都線内唯一の構内踏切でもある。
  3. ^ 駅別乗降人員 京都線 - 近畿日本鉄道

関連項目[編集]

外部リンク[編集]