河内磐船駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
河内磐船駅
駅舎(2005年10月22日)
駅舎(2005年10月22日)
かわちいわふね - Kawachi-Iwafune
津田 (3.2km)
(2.1km) 星田
所在地 大阪府交野市森南一丁目6-7
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 片町線(学研都市線)
キロ程 25.0km(木津起点)
電報略号 カイ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
11,075人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1935年昭和10年)12月2日
乗換 河内森駅京阪交野線
備考 直営駅
みどりの窓口
ホーム
いきいきランド交野(ドーム型の施設が体育館、手前のナイター設備のあるものが多目的グラウンド)

河内磐船駅(かわちいわふねえき)は、大阪府交野市森南一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)片町線(学研都市線)のである。

京阪交野線との乗り換え駅となっている。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅になっている。8両編成対応。分岐器絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。両ホームにエレベータが設置されている。駅舎は下り1番のりば側にあり、上り2番のりばとは地下通路で結ばれている。下りホームにKIOSKがある。

直営駅長尾駅の被管理駅)かつICOCA利用可能駅(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)。

河内磐船駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1 学研都市線 下り 四条畷京橋方面
2 学研都市線 上り 松井山手木津方面
  • 上表の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で表記している。

ダイヤ[編集]

日中時間帯は1時間あたり各駅停車4本、快速4本の合計8本が停車する。朝夕ラッシュ時は区間快速も停車する。

利用状況[編集]

大阪府統計年鑑[1]によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1997年 10,695
1998年 10,917
1999年 11,203
2000年 11,495
2001年 11,659
2002年 11,435
2003年 11,506
2004年 11,475
2005年 11,431
2006年 11,467
2007年 11,409
2008年 11,417
2009年 11,262
2010年 11,100
2011年 11,075

駅周辺[編集]

駅から南へ約300mの所に京阪電鉄交野線河内森駅があり(若干距離はあるものの、接続駅に指定されており到着時に乗換案内を行う)、当駅の西端上方を京阪交野線が通過している。1948年5月1日までは当駅との接続駅として「京阪神磐船駅」(けいはんしんいわふねえき[2])があったが、河内森駅の使用再開と同時に廃止された。なおこの駅は当駅の開業と同時に「信貴電磐船駅」として新設され、後に「交電磐船駅」「京阪神磐船駅」と名称が変更されている。

バス路線[編集]

バス乗り場は駅舎前のロータリーではなく線路を挟んで反対側のロータリーである。

9C,17A号経路は交野営業所管轄、直Q京都号は京田辺営業所管轄

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
学研都市線(片町線)
快速
長尾駅 - 河内磐船駅 - 星田駅
区間快速・普通
津田駅 - 河内磐船駅 - 星田駅

脚注[編集]

  1. ^ 大阪府統計年鑑 - 大阪府
  2. ^ 「京阪神」はこの当時、京阪と阪神急行電鉄阪急電鉄の母体)が統合してできた「京阪神急行電鉄」のこと。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]