北新地駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北新地駅
東改札口(2007年10月13日)
東改札口(2007年10月13日)
きたしんち - Kitashinchi
大阪天満宮 (1.4km)
(1.2km) 新福島
所在地 大阪市北区梅田1丁目3先
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
関西高速鉄道
所属路線 JR東西線
キロ程 3.6km(京橋起点)
木津から48.4km
電報略号 シチ
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
48,016人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1997年平成9年)3月8日
乗換 大阪駅東海道本線大阪環状線
西梅田駅地下鉄四つ橋線
梅田駅(接続路線はリンク先参照)
渡辺橋駅京阪中之島線
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
阪 大阪市内
駅入口(2007年10月13日)
駅のシンボルと2番線のホーム(2008年11月2日)

北新地駅(きたしんちえき)は、大阪府大阪市北区梅田1丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)JR東西線である。

概要[編集]

曽根崎通国道2号)の地下に位置し、梅田1丁目のオフィス街ダイヤモンド地区」が北側に、大阪キタを代表する歓楽街北新地」が南側に広がる。大阪駅と地下道で連絡しており、条件を満たした乗車券であれば同一駅として扱われ、乗り換えができる。また、JR西日本で最も低い位置にある駅(海面下23.95m)である。

駅シンボルは、江戸時代米市場が置かれていた堂島に近接することから「稲穂」である。

当駅からの接続路線[編集]

地下道などを通じて下記の路線に乗り換えが可能である。

当駅発着の乗車券の扱い[編集]

JR在来線各線の乗り換え駅である大阪駅とは別の駅であり、大阪市内(新加美駅を除く)発着の乗車券では、本来は大阪市内各駅(新加美駅を除く)で途中下車すると普通乗車券は前途無効になるが、当駅では大阪駅との乗り継ぎのための途中入出場ができる。運賃は北新地駅から尼崎駅経由で塚口駅または立花駅以遠までの乗車券の場合、大阪駅発着の場合の営業キロで計算される。

大阪環状線の京橋駅 - 大阪駅間、またはJR神戸線の大阪駅 - 尼崎駅間を含む定期券回数券昼間特割きっぷでは、大阪駅と同一駅扱いとして北新地駅でも乗り降りできる。例えば、大阪駅 - 尼崎駅間を含んだ定期券は当駅から乗車できるが、途中の新福島駅で下車した場合、北新地駅 - 新福島駅間の運賃が別途必要になる。また、大阪駅 - 尼崎駅間を含んだ定期券で尼崎方面から新福島駅まで乗車した場合、北新地駅 - 新福島間の運賃が別途必要になる。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線(8両編成対応)を持つ地下駅になっている。改札口は2か所。出入口は地下街や大阪駅前ビル地階、大阪市営地下鉄の西梅田駅などと通じる地下道に面している。出入口を含めて地上構築物が一切ないのが特徴である。

2011年3月に可動式ホーム柵が設置された。これは4ドア車専用で7両分しか設置していないため、設置後は8両編成または3ドア車を使用した列車の客扱い停車は不可能となった。端部の1両分は柵が設けられ、立ち入りができないようになっている。開閉方法は、電車到着時にホーム柵のドアを開けてから車両のドアを開けるが、電車発車時は他の方法とは異なり、ホーム柵のドアを閉めてから車両のドアを閉める、という方式になっている。

当駅は駅長が配置された直営駅であり、管理駅としてJR東西線内のすべての中間駅を管理している。ICOCA利用可能駅(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)。

北新地駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1 JR東西線 下り 尼崎宝塚三ノ宮方面
2 上り 京橋四条畷松井山手方面

ダイヤ[編集]

日中時間帯は1時間あたり8本が停車する。朝ラッシュ時は本数が多くなり、JR神戸線加古川始発の普通電車が1日2本停車する(当駅から加古川駅まで直通する列車はない)。夕方は京田辺行の区間快速おおさか東線経由大和路線直通の直通快速が停車する。

利用状況[編集]

大阪府統計年鑑[1]によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1997年 33,510
1998年 39,292
1999年 41,777
2000年 43,231
2001年 44,351
2002年 44,884
2003年 46,124
2004年 47,072
2005年 47,750
2006年 48,972
2007年 49,407
2008年 50,482
2009年 49,210
2010年 47,842
2011年 47,713
2012年 48,016

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

大阪市営バス[編集]

桜橋停留所(駅西側・西行)
梅田新道停留所(駅東側・南行)

近鉄バス[編集]

梅田新道停留所(南行)

阪急バス[編集]

JR北新地駅停留所

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

計画時の仮称は桜橋駅だった。桜橋曽根崎川(埋立)に架かっていた橋で、撤去後は現在の四つ橋筋を走っていた大阪市電南北線の停留所名に継承され、現在も交差点名や大阪駅の四つ橋筋側の出口名に使用されている。

しかし、桜橋交差点から梅田新道交差点(御堂筋)の手前にかけて、ちょうど北新地の北縁に沿うようにホームが位置しており、また、地元北新地の商店主などからの要望もあって北新地駅に決定した。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
JR東西線
快速・直通快速・区間快速・普通(すべてJR東西線内各駅停車)
大阪天満宮駅 - 北新地駅 - 新福島駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大阪府統計年鑑 - 大阪府

関連項目[編集]

外部リンク[編集]