四つ橋筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

四つ橋筋(よつばしすじ)は、大阪市中心部を南北に走る主要地方道の愛称である。正式名称は大阪市道南北線(おおさかしどうなんぼくせん)。

概要[編集]

四つの橋が「口」の字状に架かる西横堀川長堀川の交点が「四ツ橋」と呼ばれ、そのすぐ西側を走ることに由来する。

区間は元町2交叉点(大阪市浪速区) - 中央郵便局前交叉点(市道南北線の終点は阪急前交叉点、ともに同市北区)の約4.3キロメートルで、地下には大阪市営地下鉄四つ橋線が通っている。国道25号国道26号本線の御堂筋が南行きの一方通行のため、同線から国道2号方面への迂回路となっている。

平均的に5車線であるが、両側1車線は有料駐車スペースとなっているため、おおむね走行に使用できるのは中央3車線である。

同じ北行きの一方通行である堺筋と並び渋滞の多い道路である。主に桜橋交差点国道2号との交点)や肥後橋交差点(土佐堀通との交点)を先頭にした渋滞がよく発生する。

歴史[編集]

1908年明治41年)に大阪市電南北線の敷設に伴い誕生。道頓堀川以南は現在とルートが異なる。西流する幾筋もの堀川を縦断する必要があり、敷設に際して深里橋(道頓堀川)、浪速江橋(堀江川)、西長堀橋(長堀川)、阿古島橋(立売堀川)、靱橋(阿波堀川)、伏見橋(京町堀川[1]、江戸橋(江戸堀川)が架橋された。

梅田難波を結んだ最初の南北幹線である。しかし、当初の道幅は渡辺橋以北が12、以南が8間と現在よりも狭かった。1921年大正10年)に発表された大阪市第1次都市計画事業によって肥後橋以北が16間、以南が13間に拡幅されたが、同時進行にあった24間幅の御堂筋が誕生すると、梅田 - 難波間の最重要幹線としての地位は御堂筋に移行した。市電は1963年昭和38年)に廃止され、1970年(昭和45年)に全線北行きの一方通行となった。

沿線情報[編集]

堂島川に架かる渡辺橋の東南袂より

接続する主な道路[編集]

接続する道路
(北)西← <市道南北線> →東(南)
交差点ランプ 愛称
扇町通 市道扇町公園南通線 (扇町方面)
都島通
市道大阪環状線
御堂筋
都計大阪駅前線
阪急 北区 扇町通
国道176号 <御堂筋>
国道176号
阪神
市道西梅田線 市道南北線 中央郵便局 四つ橋筋
曽根崎通
国道2号
桜橋
  阪神高速1号環状線 堂島入口
中之島通 渡辺橋南詰
土佐堀通
市道江戸堀線
肥後橋 西区
本町通
国道172号
信濃橋
中央大通
市道築港深江線
<中央大通>
市道築港深江線
西本町
阪神高速16号大阪港線
阿波座出入口
長堀通
府道173号大阪八尾線
四ツ橋
阪神高速1号環状線 湊町出入口 浪速区
千日前通
市道難波境川線
湊町
市道浪速鶴町線
(<大浪通>方面)
都計立葉元町線
(日本橋3方面)
元町2
国道25号(重複=国道26号国道165号大国方面)

脚注[編集]

  1. ^ ただし、伏見橋とほぼ同じ位置には以前から新中橋が架橋されていた。

関連項目[編集]