大同生命保険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大同生命保険株式会社のデータ
英文社名 DAIDO LIFE INSURANCE COMPANY
種類 株式会社
市場情報 上場
略称 大同生命
本社所在地 105-0022
東京都港区海岸一丁目2番3号
汐留芝離宮ビルディング
本社所在地2 550-0002
大阪府大阪市西区
江戸堀一丁目2番1号
創業 1893年5月
設立 1947年7月14日
代表者 喜田 哲弘(代表取締役社長)
資本金・基金 1,100億円(資本金)
保険料等収入 5,878 億円
保有契約高 4兆3,542億円(個人保険新契約高)
58兆971億円(個人保険保有契約高)
SM比率 1,199.1%(2006年9月末)
従業員数 内務職員3,520名 営業職員3,954名(2011年3月末現在)
格付け A+(R&I
AA-(JCR
AA-(フィッチ・レーティングス
A(S&P
主要株主 T&Dホールディングス(100%)
外部リンク www.daido-life.co.jp
テンプレートを表示
汐留芝離宮ビルディング
大同生命大阪本社ビル

大同生命保険株式会社(だいどうせいめいほけん)はT&Dホールディングス傘下の日本生命保険会社。 加入者本位・堅実経営を創業の精神としている。社名は「小異を捨てて大同につく」に由来。中小企業への販売に圧倒的強みを持つ。個人定期保険で業界1位。

概要[編集]

現在は太陽生命保険との経営統合で完全親会社化したT&Dホールディングスでの、企業経営者向け保険や、法人向けの団体保険を業務の中心とし、原則個人向け保険は扱わない(「T&D保険グループ」での個人向け保険は太陽生命保険が扱う)。 多数の企業および税理士公認会計士を会員とする各種団体と提携し、中小企業に対しての福利厚生制度を届ける販売体制を敷いている。

特徴[編集]

  • 他生保が一般的に家計市場を中心に販売活動を行っているのに対し、大同生命ではそれとは異なる中小企業市場に特化した路線を開拓。
  • 法人会・納税協会といった中小企業を会員とする団体や、税理士公認会計士の加盟する団体と提携するなど、他社にはない販売チャネルをもつ。
  • 低廉な保険料で大きな保障が得られる「個人定期保険」が企業保障に最適な商品であると考え、個人定期保険の開発・企業向けの販売に注力。
  • 企業市場からの契約は93.5%。 「個人定期保険」の市場占有率は、平成20年度末現在で20.1%と業界第1位。[1]

沿革[編集]

協賛[編集]

CM[編集]

その他[編集]

子会社[編集]

  • 財団法人大同生命厚生事業団
  • 財団法人大同生命国際文化基金
  • 株式会社T&Dコンファーム
  • 株式会社全国ビジネスセンター
  • 株式会社大同マネジメントサービス
  • 日本システム収納株式会社
  • T&D情報システム株式会社
  • T&Dカスタマーサービス株式会社
  • エー・アイ・キャピタル株式会社
  • AICプライベート エクイティー ファンド ジェネラル パートナー株式会社

不祥事[編集]

2005年10月後半、各生命保険会社から相次いで保険金および給付金の不当不払いが発表され、同年10月28日、同社においても12件、金額にして232万円の不払いがあったことが発表される。[3]

提供番組[編集]

過去

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]