大阪ステーションシティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大阪ステーションシティ
OSAKA STATION CITY
大阪ステーションシティ
大阪ステーションシティ
店舗概要
所在地 大阪府大阪市北区梅田三丁目
開業日 2011年5月4日
施設所有者 西日本旅客鉄道
施設管理者 西日本旅客鉄道
商業施設面積 134,000 m²
延床面積 530,000 m²
中核店舗 JR大阪三越伊勢丹
大丸
ルクア
商圏人口 約860万人(半径30km圏内)[1]
最寄駅 西日本旅客鉄道大阪駅
外部リンク 大阪ステーションシティホームページ
Osaka Station City Logo.png OSAKA STATION CITY
大阪ステーションシティのロゴ

大阪ステーションシティ(おおさかステーションシティ、英称:OSAKA STATION CITY)は、大阪市北区梅田三丁目にある、JR大阪駅再開発エリアを含む駅全体の複合施設である。2011年5月4日にグランドオープンした。

概要[編集]

駅北側の「ノースゲートビルディング」(NORTH GATE BUILDING) と、駅南側の「アクティ大阪」を増築した上で改称された「サウスゲートビルディング」(SOUTH GATE BUILDING) の2棟のビルから構成されており、大阪ターミナルビルが運営している。

「大阪ステーションシティ」という名称は、「発見。感動。OSAKA Grand Station」という開発コンセプトを踏まえて、新しい「まち」が大阪駅に位置することを分かりやすくシンプルに表現したものであり、「ノースゲートビルディング」と「サウスゲートビルディング」は「大阪ステーションシティ」の南北にそびえる玄関口であることをシンプルに表現したものである[2]

大阪ステーションシティ全体(ノースゲートビルディング、サウスゲートビルディング、大阪駅構内を含む)の総延床面積は約53万m2となり、名古屋駅JRセントラルタワーズ・41万6,565m2)を上回る。また、店舗面積(JR大阪三越伊勢丹+大丸+ルクア)でも13万4,000m2と大規模なものとなり、ららぽーとTOKYO-BAY千葉県船橋市、11万5,000m2)を抜き、西日本最大にしてイオンレイクタウン埼玉県越谷市、24万5,223m2)に次いで日本2位の規模を誇る商業施設となる。 但し、ノースゲートビルディングとサウスゲートビルディングの延床面積合計は、約39万㎡(ノースゲートビル約21万㎡、サウスゲートビル約18万㎡)であり、ビル自体の延べ床面積ではJRセントラルタワーズの延床面積41万㎡には及ばない。 [注 1]

橋上駅舎

駅上空には2階建ての人工地盤が建設され、南北連絡橋と橋上駅舎が設置された。駅の南北2つのビルは南北連絡橋によって往来できるようになり、橋上駅舎には直結する改札口「連絡橋口」が設置された[3][4]。さらに、北側には阪急電鉄梅田駅、南側には歩道橋に繋がるデッキを設置、グランフロント大阪(梅田北ヤード)にもデッキで繋っている。

南北2つのビル間には、プラットホーム中央部を覆うように弧を描く巨大な片流れの大屋根が設置された。東西長約180m、南北長約100mで、高さは最も高い地点で約50mに達する。一部ガラス製で自然光が差し込む造りである。これに伴い、既存のホーム屋根は端部を残して撤去される予定であるが、雨が吹き込むことが発覚したため、一部に透明な屋根を取り付けることも含め、対策を検討中である[5]

総事業費は2,100億円に及び、大阪駅の1日の平均乗降客数は約85万人だが、JR西日本では大阪ステーションシティの開業で91万人にまで増えると想定している。また、開業後の同駅の増収効果を、鉄道業や流通業、ビルのテナント料収入などで年間725億円と試算され、開業当初は減価償却費などが嵩むが、5 - 6年後には利益を生み始めると見積もられている[6]。オープンから約8ヶ月余で来場者数は1億人を突破した。

経緯[編集]

  • 2003年平成15年)12月:「大阪駅改良・新北ビル開発」計画を発表。
  • 2004年(平成16年)5月:駅改良工事開始。
  • 2005年(平成17年)
    • 4月:新北ビルのデザインが決定。
    • 10月:三越が新北ビルへの出店を決定。
    • 12月:「大阪駅南側広場整備・アクティ大阪増築」計画を発表。
  • 2006年(平成18年)
    • 2月:旧北ビル解体工事開始。
    • 10月:新北ビル建設工事開始。
  • 2008年(平成20年)
    • 4月:三越と伊勢丹の経営統合に伴い、新北ビルに出店する百貨店が三越から伊勢丹主導(運営はジェイアール西日本伊勢丹)に変更。
    • 5月:アクティ大阪増築工事開始。
  • 2010年(平成22年)
    • 1月22日:大阪駅再開発エリアの名称を「大阪ステーションシティ」に、新北ビルの名称を「ノースゲートビルディング」に、アクティ大阪の新名称を「サウスゲートビルディング」に決定[2]
    • 1月28日:ノースゲートビルディングの上棟式が行われる。
  • 2011年(平成23年)
    • 3月16日:サウスゲートビルディング開業。
    • 4月11日:橋上駅舎の供用開始。
    • 5月4日:ノースゲートビルディング開業。同時に大阪ステーションシティがグランドオープン。
  • 2012年(平成24年)
    • 1月:来場者数が1億人を突破。
  • 2013年(平成25年)
    • 4月:グランフロント大阪の開業に伴い、アトリウム広場から北側のエリアが通行可能になる。
    • 10月6日:来場者数が3億人を突破。
  • 2014年(平成26年)
    • 7月28日:売上げ不振による改装のためJR大阪三越伊勢丹の売場の一部が閉鎖[7]
  • 2015年(平成27年)
    • 春:改装中のJR大阪三越伊勢丹が店名を「ルクア1100(イーレ)」に改めリニューアルオープン。三越伊勢丹のブランド名は外される予定[8]

各施設の概要[編集]

ノースゲートビルディング[編集]

サウスゲートビルディング[編集]

広場[編集]

時空の広場
風の広場
カリヨン広場・アトリウム広場
カリヨン広場の「カリヨンの鐘」

施設内に「水」「緑」「時」「エコ」「情報」をテーマにした8つの広場が設置される。いずれも、デザインは水戸岡鋭治が監修した。

時空(とき)の広場
橋上駅舎の上に位置し、発着する列車をジオラマのように見下ろせる幅38m・面積3,000m2の大広場である。オープンカフェや金時計・銀時計がある。
アトリウム広場
ノースゲートビル中央の2階から9階までを占める大きな吹き抜け空間である。光時計が設置されている。
カリヨン広場
阪急梅田駅との連絡橋につながる地点に設けられる広場である。音楽を奏でる鐘楼時計「カリヨン」が設置される。
南ゲート広場
サウスゲートビルの南側に設置される広場である。水時計とソーラーパネルが設置される。
太陽の広場
サウスゲートビルの15階から17階に設置されるパティオ風広場である。太陽光発電による照明が用いられる。
和らぎの庭
ノースゲートビルの10階に設置される和モダンな庭である。が植えられている。
風の広場
ノースゲートビルの11階に設置される憩いの広場である。水が流れ、つる薔薇の柱には花時計が設置される。
天空の農園
ノースゲートビルの14階(低層棟屋上)に設置される屋上農園である。1,500m2のスペースに水田、ぶどう棚、野菜畑、茶畑などがある。これらで収穫された作物はビル内のレストランで食材として使われる予定で、将来的には一般に農園を貸し出すことも検討している[9]

駅構内施設[編集]

  • ALBi(アルビ) - ギャレ大阪西館跡地に、2011年6月16日にオープン。
  • 梅三小路

過去に存在した施設[編集]

サウスゲートビルディング[編集]

  • アクティ大阪 スカイレストラン・展望ロビー - 2011年2月末日をもって閉鎖。

駅構内施設[編集]

  • ギャレ大阪
    • ルクア開業を控えた2011年3月31日に、大阪駅の改良工事[12]に伴い閉館。西館は、2011年6月16日に新商業施設「ALBi(アルビ)」として再オープンしている[13]。本館跡地には、2012年10月31日に新商業施設「エキマルシェ大阪」が再オープンしている。
  • フロートコート
    • 2012年10月31日に旧ギャレ大阪跡地に開業を予定しているエキマルシェ大阪の開設に伴い、フロートコートはトラベルコートと共に撤去され、跡地はタクシー乗り場などを整備する予定[14]だったが、2012年7月現在、フロートコートが先行して閉店している。
  • トラベルコート
    • フロートコートと同じく2012年10月31日に旧ギャレ大阪跡地に開業を予定しているエキマルシェ大阪の開設に伴い撤去する。2013年4月現在、解体中である。

その他[編集]

大屋根直下のホーム上屋が一部をのぞいて撤去される予定
  • 大阪ステーションシティ開業に合わせて、大阪駅のホーム上の屋根を端部以外取り外す計画があったが、風に飛ばされた雨が横から吹き込むことが判明し、JR西日本は一部の屋根をガラスに取り換えると計画を変更した[15]
  • 環境にやさしい駅「エコステーション」を目指し、15億円かけて環境対策が行われている。南北両ビルの屋上2,500m2緑化され、ホーム屋根にはソーラーパネルが設置されている。ホーム上の大屋根に降った雨水は集められ、トイレなどに利用することで、1日あたり700tの水が節水できる予定である。
  • 南北自由通路にはドライミストが設置されている。これらの施策で二酸化炭素の排出量が1割削減できる計画である。
  • 「OSAKA STATION CITY J-WESTカード」が2011年春より発行されている。ベーシックとエクスプレスの2種類を用意し、通常のJ-WESTカードと比べて、大阪ステーションシティ内の施設でカード決済するとJ-WESTポイントが最大3%付与されるなどの特典が設けられている[16]
  • ノースゲートビル2階の西側には、買い物客が排気ガスの影響を受けないようにハイブリッドカー電気自動車専用のタクシー乗り場が2011年5月23日から設置されている[17]
  • 南側桜橋口前の長距離バスのりばは2011年6月1日にノースゲートビル1階に移転している[18]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、名古屋駅で、2016年度に名古屋駅新ビル(仮称)(26万m2)が開業予定のため、最終的な駅ビルの総面積は約67万m2となり、大阪ステーションシティ全体の規模を上回る予定。また、博多駅新ビルJR博多シティも売り場面積こそ約10万m2話題のJR博多シティ全面開業「商圏はアジア」 - 産経新聞 2011年3月3日)であるが、商業スペースの延べ床面積は約18万m2国内最大級の駅ビル、JR博多シティ先行開業 - サンケイスポーツ 2011年3月2日)に達する。

出典[編集]

  1. ^ あべのハルカス 集客加速、キタ、ミナミと差別化課題 - 2012.3.27 20:04
  2. ^ a b 大阪駅開発プロジェクトの開発エリアおよびビルの名称・ロゴ決定について(JPub) - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2010年1月22日
  3. ^ 2011年1月定例社長会見 - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2011年1月19日
  4. ^ 明るく往来も楽々「連絡橋口」 大阪駅の橋上駅舎 - 産経新聞 2011年4月11日
  5. ^ 大阪駅、残ったままの屋根を透明化 景観と雨よけ確保 - 朝日新聞 2011年5月20日
  6. ^ JR大阪駅改修で乗降客数は6万人増の91万人へ - 産経新聞 2010年9月23日
  7. ^ JR大阪三越伊勢丹のホームページに記載
  8. ^ 大阪駅「三越伊勢丹」の看板下ろす 来春開業「ルクア1100」に8種のイセタン中型業態を出店 WWD japan 2014年11月30日閲覧
  9. ^ JR大阪駅が巨大商業施設に! 百貨店、専門店ビル、シネコン…ひと足先に潜入した! - 日経トレンディネット 2010年10月27日
  10. ^ 大人のみちくさ 「エキマルシェ大阪」31日開業 - 大阪日日新聞 2012年10月31日
  11. ^ 「新しい都心型ホテル」・「更なるブランド力向上」を目指してホテルグランヴィア大阪最上階に高品質の客室階「グランヴィアフロア」を4月17日(火曜日)にオープン 西日本旅客鉄道プレスリリース、2012年4月11日。
  12. ^ GARE大阪 よくある質問 駅のファッションオアシスGARE
  13. ^ ジェイアール大阪駅西高架下商業ゾーン 「デイリーニーズ」と「アウトドア」の新しい提案を発信するショッピングセンターがデビュー!! 平成23年6月16日(木曜日)「ALBi(アルビ)」オープン - ジェイアール西日本クリエイト 2011年4月28日
  14. ^ 大阪駅南側の駅前広場再整備に伴う仮駅東棟の撤去工事着手について 西日本旅客鉄道プレスリリース 2012年5月29日
  15. ^ 大阪駅ホーム屋根をガラス張りに JR、雨防止と眺望確保 - 47NEWS(2011年7月1日)
  16. ^ 来年春、OSAKA STATION CITYで便利でお得な「OSAKA STATION CITY J-WESTカード」登場 - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2010年10月27日
  17. ^ 大阪駅にエコタクシー専用乗り場 待機レーンに充電器も - 朝日新聞 2011年5月17日
  18. ^ 大阪駅JR高速バスのりばが変わりました - 西日本ジェイアールバス 2011年5月31日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

サウスゲートビルディング
ノースゲートビルディング
駅構内施設
運営会社・その他