高崎駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高崎駅
東口(2010年12月12日)
東口(2010年12月12日)
たかさき - Takasaki
所在地 群馬県高崎市八島町
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本・駅詳細
日本貨物鉄道(JR貨物)
上信電鉄駅詳細
西口 駅ビル・モントレー、ホテルメトロポリタン高崎(2009年1月2日)

高崎駅(たかさきえき)は、群馬県高崎市八島町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)・上信電鉄である。

概要[編集]

当駅は高崎市、群馬県の中心駅であるとともに北関東最大のターミナル駅であり、群馬県内の交通の要衝となっており、新幹線開業前は東京方面から上越線方面と信越本線方面との分岐点として機能していた。長距離輸送の役目を新幹線に譲った現在では、上越新幹線北陸新幹線長野新幹線)の分岐点となっているほか、在来線においても群馬県内各地へ向かう各路線のターミナル駅としての役割を担っている。

乗り入れ路線[編集]

当駅にはJR東日本の新幹線・在来線各線と、上信電鉄の上信線が乗り入れている。

JR東日本の新幹線は上越新幹線北陸新幹線の2路線が乗り入れている。北陸新幹線は路線としては当駅が起点であるが、現在の案内上は「長野新幹線」と呼ばれ、上越新幹線ともども東京駅まで乗り入れている。運転系統では、JR東日本の新幹線ホームには、以下の路線の列車が乗り入れている。

  • 上越新幹線 : 東京方面から新潟方面へ通じる動脈であり、当駅の主要路線でもある。大宮駅 - 東京駅間は東北新幹線に乗り入れている。
  • 長野新幹線長野駅 - 当駅間は北陸新幹線を走行し、当駅 - 大宮駅間は上越新幹線に乗り入れている。大宮駅からは、上越新幹線とともに東北新幹線に乗り入れている。

JR東日本の在来線は次の各線が乗り入れている。いずれも第二種鉄道事業としてJR貨物の貨物列車も運行されている。

  • 高崎線 : 当駅の所属線[1]であるとともに当駅を終点としている。埼玉県東京都心方面への動脈であり、上野駅発着の列車と、新宿駅経由で東海道線へ直通運転を行う湘南新宿ラインの列車が発着している。また下記の上越線・信越本線と線路が接続されており、直通が可能となっているが、現在の定期列車は上越線・両毛線にのみ直通する。
  • 上越線 : 当駅が起点とし、群馬県北部の水上駅方面へ通じている。
  • 信越本線 : 当駅が起点である。かつてはその名のとおり信越へ通じていたが、現在は長野新幹線開業とともに横川駅で分断されている。

正式な線路名称上は以上の3路線だが、上記路線の途中駅から分岐する以下の各線(これらについてはJR貨物は鉄道事業免許を持たない)の列車も当駅へ乗り入れており、前述の3路線を合わせると合計6方面の列車が発着している。

駅構造[編集]

JR東日本[編集]

JR 高崎駅
在来線ホーム
在来線ホーム
たかさき - Takasaki
所在地 群馬県高崎市八島町222
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 タカ
駅構造 高架駅(新幹線)
地上駅(在来線)
ホーム 2面4線(新幹線)
3面7線(在来線)
乗車人員
-統計年度-
28,733人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1884年明治17年)5月1日
乗入路線 8 路線
所属路線 上越新幹線
キロ程 74.7km(大宮起点)
東京から105.0km
本庄早稲田 (19.0km)
(46.6km) 上毛高原
所属路線 長野新幹線
キロ程 0.0km(高崎起点)
*(本庄早稲田) (-km)
(18.5km) 安中榛名
所属路線 高崎線**
八高線直通含む)
キロ程 74.7km(大宮起点)
上野から尾久経由で101.6km
96.4km(八王子起点)
高麗川から65.3km
倉賀野 (3.3km)
所属路線 上越線**
吾妻線両毛線**直通含む)
キロ程 0.0km(高崎起点)
(2.8km) 高崎問屋町
所属路線 信越本線
キロ程 0.0km(高崎起点)
(2.4km) 北高崎
備考 みどりの窓口
* 全列車が上越新幹線に直通。
** 直通運転実施。

在来線[編集]

在来線は構内の西側、地上にある3面7線の島式ホーム(1線のみ切り欠きホーム)を使用する。ホームは2番線から8番線まであり、3番線は4番線の大宮方を切り欠いたホームである。3番線(八高線)、7番線、8番線(高崎線の一部列車)以外は、基本的に発車番線が固定されていない。高崎線と上越線・両毛線の一部の列車が当駅を経由して直通運転を行う以外は当駅始発・終着で運行されている。かつては1番線(単式ホーム)があったが、2004年(平成16年)に廃止され、通過線となっている。1番線には1997年に廃止されたL特急「あさま」の下り列車などが発着していた。1番線ホーム跡の線路側には1番線の表示が現存しているものの柵でふさがれており、上信電鉄のホームである0番線への通路に利用されている。定期列車は夜行を含め全列車が停車する。

在来線ホームの発車メロディは、すべて「Gota del Vient」が使用されている。

在来線各ホームには待合所があり、2・3・4番線設置の待合所は初電 - 終電[2]まで利用可能である。

発車標は全ての改札・ホームでLED式が使用され、また各ホームには接続列車の案内表示機もある。

在来線のりば[編集]

番線 路線 行先 備考
在来線 地上ホーム
2・4・7・8 高崎線
湘南新宿ライン東海道線直通系統)
熊谷大宮上野新宿横浜方面 朝の一部を除く当駅始発の列車は主に2番線、上越線からの直通列車は7・8番線を使用
2・4・5・6 上越線 渋川沼田水上方面  
吾妻線 中之条長野原草津口万座・鹿沢口大前方面  
両毛線 前橋伊勢崎桐生足利佐野小山方面 高崎線からの直通列車は2・4番線を使用
信越線 安中松井田横川方面  
3 八高線 群馬藤岡寄居小川町高麗川方面  
  • 発車メロディは全ホームで『Gota del Vient』が使用されている。ただし、車掌扱いのため、3番線から発車する八高線のうち、ワンマン運転を行う列車は省略される。
  • 当駅で折り返す列車は、到着後車内清掃および点検を行う。
  • 臨時列車の「SLみなかみ」及び「SL碓氷」は2番線から発車する。これらの列車の発車時刻の前後は、2・4番線において喫煙所も含めて全て禁煙となる。なお、両列車の同時発車などのイベントがある場合の発車番線は「SL碓氷」が4番線、「SLみなかみ」が5番線からそれぞれ発車する。同列車の折り返しは8番線に到着する。
  • 湘南新宿ラインの特別快速は2番線から発車。
  • 特急列車は、下りは2番線(あかぎ号・スワローあかぎ号は一部4番線)から、上りは7番線(一部8番線)から発車する。
  • 臨時列車運転時やダイヤが乱れると発車ホームが変更される場合がある。

新幹線[編集]

新幹線は構内の東側、高架上にある2面4線の島式ホームを使用する。ホームは副本線上に設けられており、本線は通過線となっている。上越新幹線・長野新幹線とも共通のホームを使用するが、基本的に長野新幹線の下り列車は11番線から、上り列車は14番線から発車し、上越新幹線の下り列車は12番線から、上り列車は13番線から発車する。なお、長野新幹線の通過列車の一部は本線ではなく14番線を通過する。

長野新幹線の施設上の分岐点は高崎駅から約4km北側で、下り線はこの分岐点まで上越新幹線の線路を走っている。一方、上り線は当駅構内まで長野新幹線と上越新幹線の線路が別になっている。この下り線の分岐点には、純日本製で日本最大の「ノーズ可動式38番高速分岐器」が設置されており[3]、分岐側(長野側)へは160km/hで、直線側(新潟側)へは240km/h以上での走行が可能である。なお、この分岐器の挿入工事には延べ3日を要し、その間は上越新幹線の部分運休が実施されその代替として上越線の当駅 - 越後湯沢間で「新幹線リレー号」が運転され上沼垂運転区(当時)所属の485系長野総合車両所(当時)所属の489系青森運転所(当時)所属の485系と583系などが使用された。

このように下り線だけ一部で線路を共用してその先に高速分岐器を配置しながら、上り線では高速分岐器を使用せずに線路を別にしているのは、線路の立体交差と関係している。長野新幹線の上り線が上越新幹線の上り線に合流するためには最低でも上越新幹線の下り線をまたがなければならず、分岐点では実際に上越新幹線の上下線の上をまたぎこす立体交差になっている。立体交差をした後に、線路を接続できる同じ高さまで降りてくるためにはある程度の距離を必要とするため、この間が別線となり、そのまま駅構内へと接続することになる。また、双方からの列車がほぼ同時に進入してきた際にも分岐点の手前で待たせることなく、同時に駅構内へ入れることができるという利点もある。これに対して下り線側は上越新幹線と長野新幹線が同時に駅を出発する必要性は薄い上に、他の線路をまたがずに分岐できることから、別線路を敷設する建設費を節約するために実際の分岐点まで線路を共用している。この間に加速した新幹線が分岐点通過に際して減速を強いられるのは不合理であることから、高速分岐器を配置することになった[4]

ホームの屋根の一部にはソーラーパネルが設置されており、発電された電気は駅構内の照明、空調設備などに利用されている。

発車標はこちらも改札・ホームともLED式のものが使用され、コンコースにはLED式の先発列車の編成案内表示機もある。乗車案内表示機は、上りホームの13・14番線に設置されている。14番線のものは先発列車のみ表示することができる。

新幹線のりば[編集]

新幹線 高架ホーム
番線 路線 方向 行先 備考
11・12 上越新幹線 下り 越後湯沢長岡新潟方面  
長野新幹線 下り 軽井沢長野方面  
新幹線 上り 大宮東京方面 当駅始発
13・14 新幹線 上り 大宮・東京方面  
  • 新幹線ホームは全ホーム発車ベルが使用されている。

駅舎[編集]

駅東西を結ぶ中央コンコースに面して改札が設置されており、改札内にはNEWDAYSなどの施設が、改札外には様々な商業施設や観光案内所が入っており賑わいをみせている。

中央コンコース(シンフォニック・アヴェニュー)とは別に、その南側にも線路をまたぐ東西自由通路がある。

みどりの窓口びゅうプラザ自動券売機指定席券売機が設置されている。2006年度に自動体外式除細動器 (AED) が設置された。

上信電鉄[編集]

上信電鉄 高崎駅
上信線のりば
上信線のりば
たかさき - Takasaki
(0.9km) 南高崎
所在地 群馬県高崎市八島町235
所属事業者 上信電鉄
所属路線 上信線
キロ程 0.0km(高崎起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
2,161人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1897年(明治30年)5月10日

JR旧1番線ホームの南側に頭端式ホーム(0番線)と上信電鉄高崎駅の駅舎がある。ここからは上信電鉄上信線吉井上州富岡下仁田方面の列車が発着する。時間帯にもよるが、常時1名 - 5名の駅員が配置されている。以前は上信線の発着番線は9番線と呼ばれていたが、JRの番線新設にともない9番線から0番線に名称変更された。この0番線ホームおよび通路はJRの所有物であり、上信電鉄がJRと賃貸契約を結んでいる。

2005年(平成17年)7月まではJRと改札口を共有していたが、連絡運輸の廃止によりJRと改札口は分離された。分離後は1番線の大部分を通路と改札に使っている。

2012年(平成24年)3月までは中央コンコースから直接上信線ホームに降りる通路があった。だが当該通路のエスカレーターの老朽化や施設管轄の関係により、高崎駅西口駅前ターミナルに面して、上信線専用の出入り口が新設された。これに伴って、今までの通路は閉鎖された。

2005年の連絡運輸廃止以降、駅舎傍には小田原機器製の自動券売機が設置された。自動券売機で発券されるのは軟券乗車券であるが、窓口では硬券乗車券も発売されている。窓口では各種グッズや記念乗車券、記念入場券類の他、使用済み硬券および軟券古きっぷ、富岡製糸場往復割引乗車券や、一日全線フリー乗車券なども発売されている。

発車ベルとして用いられているのは、テレサ・テンの『美酒加珈琲』をアレンジしたメロディである。

上信電鉄改札口(2011年9月)


高崎駅構内の施設[編集]

当駅は東口・西口の双方にペデストリアンデッキが整備されており、それぞれのデッキ中央から駅構内への中央コンコースと、南側に東西自由通路(かつて改札が東西に分かれていたころの名残)がある。

中央コンコース[編集]

東西を結ぶ中央コンコースは「シンフォニック・アヴェニュー」と名付けられており、キオスクや駅弁販売店、NEW DAYSの店舗がある。

JR在来線の改札口はコンコースの中央部に存在し、新幹線改札口はコンコース東寄りにある。上信電鉄乗り場(0番線・JR改札外)へはかつてはコンコース西寄りから階段で分かれていたが、2012年3月1日に西口ロータリーに出入り口が新設され、コンコースからの連絡階段は廃止された。0番線への通路は、かつての1番線の大部分が転用されており、そば屋とトイレがある。

JR改札口の向かい側には、群馬県観光案内所・高崎市観光案内所と高崎駅インフォメーションセンター、JR東日本お客さま相談室がある。

西口側[編集]

上越新幹線開業と同時にオープンした駅ビル「モントレー」があり、コンコース階のラジオ高崎のサテライトスタジオや各階に商業施設のほか、6階 - 10階にホテルメトロポリタン高崎がある。

西口の施設を以下に示す。モントレー内の商業施設などについては、当該記事を参照のこと。

東口側[編集]

東口側にはE’site(イーサイト)高崎2010年12月12日にオープンし、多数の店舗が入居している。

東口の施設を以下に示す。イーサイト内の商業施設などについては、当該記事を参照のこと。

  • 1階
    • イーサイト店舗
  • 2階(西口の駅ビルモントレーを基準にすると「コンコース階」)
  • 3階
    • 高崎市市民サービスセンター
    • 高崎駅献血ルーム Harmony

貨物取扱[編集]

JR貨物の駅は現在、臨時車扱貨物の取扱駅となっており、定期貨物列車の設定はない。

かつては駅の南側にある日本製粉高崎工場(現・ニップン冷食高崎工場)へ続く専用線があり、穀物輸送などが行われていたが、1994年(平成6年)3月ごろに廃止された。また、駅北側にあった日清製粉高崎工場(1988年6月閉鎖)への専用線もあり、鶴見線大川駅から穀物輸送が行われていたが、工場の閉鎖に伴い廃止された。なおニップン冷食の専用線は現在も残っており、列車内から見ることができる。

駅弁[編集]

当駅の駅弁はすべて高崎弁当の調製で、NREたかべん(高崎弁当と日本レストランエンタプライズ (NRE) の合弁会社)が販売している。主な駅弁は下記の通り[5]

  • 上州の朝がゆ - 早朝限定
  • 鶏めし弁当
  • 上州D51弁当
  • チャーシュー弁当
  • 特製幕の内弁当
  • だるま弁当
  • ハローキティのだるま弁当
  • 上州舞茸弁当
  • 岩魚鮨
  • 群馬の風味(大人の休日)
  • 復古だるま弁当

利用状況[編集]

多くの路線が集中する群馬県最大のターミナル駅であるため、群馬県内の駅では最多の利用客数となっている。

  • JR東日本 - 2012年度 の1日平均乗車人員は28,733人である。
  • 上信電鉄 - 2012年度 の1日平均乗車人員は2,161人である。
  • JR貨物(貨物取扱量)
    • 1993年度 約15,330トン
    • 以降は毎年度0トンとなっている。
乗車人員推移
年度 1日平均乗車人員
JR東日本 上信電鉄
2000 27,615
2001 27,905
2002 27,784
2003 27,830
2004 27,632 2,023
2005 27,698 2,038
2006 28,280 1,954
2007 28,366 1,952
2008 28,749 2,082
2009 27,736 2,049
2010 27,443 2,052
2011 27,710 2,022
2012 28,733 2,161

データ出典:高崎市統計季報

駅周辺[編集]

当駅を中心として高崎市の中心市街地が展開しており、特に東口周辺の開発が目立つ。高崎駅と周辺の高層ビルや商業施設をつなぐペデストリアンデッキが建設中(一部開通)であり、また、東口に清水建設が長年保有していた土地にヤマダ電機の本社兼大型都市型量販店「LABI1高崎」が2008年(平成20年)7月11日にオープンした。

駅の東西にロータリーがある。西口前にはバスのりばが集中し、駅の2階からペデストリアンデッキが各バスのりばと各方向の歩道を結んでいる。駅の周辺には店舗やオフィスビルホテルマンション、各種公共施設、各官庁出先機関などが立ち並んでいる。郊外型店舗優勢の群馬において県内随一の駅前繁華街である。

西口[編集]

高崎市の中心街に面していることもあり東口に先立ち再開発が行われ、東口に比べると活気がある。またペデストリアンデッキは再開発によって設置されたアパホテルワシントンホテルなどの施設とも直結しており、それ以外にも徒歩1分程度の場所に高島屋高崎店などもある。

商業施設

宿泊施設

郵便局

公園史跡

公共施設

高崎総合医療センター

官公署

東口[編集]

東口前にはタクシープールや小規模なバスのりばがある。隣接地にヤマダ電機LABI1高崎があり、周辺の建物とともにペデストリアンデッキによって結ばれている。1階はバスターミナルとなる予定。また500メートルほど離れた場所にビックカメラ高崎東口店や日本中央バスの営業所がある。

東口前から東毛広域幹線道路国道354号線)が通じており、将来的には伊勢崎・太田・館林方面まで開通する予定。また、2014年2月22日には東毛広域幹線道路と関越自動車道の交差地点に高崎玉村スマートインターチェンジが供用開始された。

商業・娯楽施設・店舗

LABI1高崎
高崎タワー21

宿泊施設

  • ホテル1-2-3高崎
  • サンコーホテル
  • ココ・グラン高崎

企業

官公署

学校

郵便局

  • 高崎岩押郵便局
  • 高崎江木郵便局

公共施設

バス[編集]

歴史[編集]

今後の予定[編集]

  • 東口ペデストリアンデッキの拡張(計画中)[6]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
上越新幹線
本庄早稲田駅 - 高崎駅 - 上毛高原駅
長野新幹線
本庄早稲田駅 - 高崎駅 - 安中榛名駅
高崎線
高崎線の主力電車 E231系
通勤快速・快速「アーバン」・普通・湘南新宿ライン快速(大宮駅から快速)
倉賀野駅 - 高崎駅 - 高崎問屋町駅(上越線)
湘南新宿ライン特別快速
倉賀野駅 - 高崎駅
八高線
倉賀野駅 - 高崎駅
上越線・吾妻線・両毛線
高崎駅 - 高崎問屋町駅
信越本線
高崎駅 - 北高崎駅
上信電鉄
上信線
高崎駅 - 南高崎駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  2. ^ 上りムーンライトえちご運転日はムーンライトえちご発着時刻前後も利用可。
  3. ^ 2010年7月17日開業の京成成田スカイアクセス成田湯川駅構内にも設置されている
  4. ^ 井上孝司『配線略図で広がる鉄の世界』pp.136 - 137 2009年 秀和システム ISBN 978-4-7980-2200-0
  5. ^ JR時刻表2010年9月号(交通新聞社刊)592ページ
  6. ^ 高崎市都市施設課

関連項目[編集]

外部リンク[編集]