榛名湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
榛名湖

榛名湖
榛名湖と榛名富士

榛名湖の位置
榛名湖
榛名湖の位置(群馬県)
所在地 日本の旗 日本
群馬県高崎市
位置 北緯36度28分30秒 東経138度52分00秒 / 北緯36.47500度 東経138.86667度 / 36.47500; 138.86667座標: 北緯36度28分30秒 東経138度52分00秒 / 北緯36.47500度 東経138.86667度 / 36.47500; 138.86667
面積 1.15 km2
周囲長 6 km
最大水深 12.6 m
水面の標高 1,084 m
成因 カルデラ湖
淡水・汽水 淡水
湖沼型 中栄養湖
透明度 5.5 m
テンプレートを表示

榛名湖(はるなこ)は、群馬県西部、高崎市榛名山山頂に位置する。古名、伊香保沼。

概要[編集]

夏季は湖畔がキャンプ場になり、またバスフィッシングのメッカとまで言われている。湖上は遊覧船が就航し、貸しボート、また、スワンボートなどで楽しめる。

湖畔は高峰三枝子唄の「湖畔の宿」のモデルになったこと、及び伊香保温泉から近いことから避暑地としては人気があり、テニスコートやキャンプ場、トテ車による湖畔の遊覧、榛名山ロープウェイによる榛名富士参りなどの行楽がある。周辺にはユウスゲ群生地があり、夏には美しい花を咲かせる。

冬季は結氷しワカサギ釣りやスケートなどが楽しめる。榛名の名称は、ワカサギを意味する春の肴(春菜)からといわれている。

なお湖底は背丈の高い藻や水草が中央部まで生い茂っており、これが足にからみつくために地元の人は決して水中に入らない。「榛名湖で溺れたら絶対助からない」と噂される。

榛名湖の水は一級河川沼尾川(ぬまおがわ)として流出し、吾妻川へと注いでいる[1]

交通[編集]

鉄道
高崎駅からバスで約90分。
自動車
関越自動車道渋川伊香保ICから約40分。

歌謡曲[編集]

布施明がこの湖を舞台とした『榛名湖の少女』(作詞:なかにし礼 作曲:平尾昌晃 編曲:森岡賢一郎)を歌っている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『河川大事典』766ページ。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]