藤沢駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
藤沢駅
南口
南口
ふじさわ - Fujisawa
所在地 神奈川県藤沢市
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本・駅詳細
小田急電鉄駅詳細
江ノ島電鉄駅詳細
北口の遠景(2012年5月)

藤沢駅(ふじさわえき)は、神奈川県藤沢市藤沢および南藤沢にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・小田急電鉄江ノ島電鉄(江ノ電)のである。

概要[編集]

名実共に藤沢市の玄関口となる駅である。

1887年明治20年)7月11日官営鉄道旧・横浜駅 - 国府津駅[1]開通と同時に藤沢宿の玄関口として開業した。ただ、線形の問題で、駅が当時の藤沢宿の中心街(東海道沿い)から1kmほど南に設置されたため、開業時の駅周辺は閑散としていたという。

その後、市役所をはじめとする多くの公共施設が駅周辺に移転し、駅前に多くの百貨店などの大型店が出店したこともあって、駅周辺は湘南地域でも有数の繁華街に成長した。しかし、1990年代後半よりこれら大型店の撤退が相次ぎ、やや空洞化も見られている。

駅前には多くのバス路線が乗り入れ、バスと鉄道を乗り換える客の利用も多く、市内の公共交通の結節点にもなっている。

乗り入れ路線[編集]

次の3社の路線が乗り入れ、接続駅となっている。

東海地震への対応[編集]

東海地震警戒宣言が発令された場合、東海道本線と小田急江ノ島線は当駅までの運行となり、当駅以西は運行休止となる[2]

歴史[編集]

1923年関東大震災で倒壊した藤沢駅

駅構造[編集]

JR東日本[編集]

JR 藤沢駅
JRホーム(2012年5月)
JRホーム(2012年5月)
ふじさわ - Fujisawa
大船 (4.6km)
(3.7km) 辻堂
所在地 神奈川県藤沢市藤沢75
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 東海道本線
キロ程 51.1km(東京起点)
電報略号 フワ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
106,254人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1887年明治20年)7月11日
備考 みどりの窓口

東海道本線旅客線上と貨物線上にそれぞれ1面2線、合計2面4線の島式ホームが設置されており、その上に橋上駅舎を持つ地上駅となっている。駅構内にはみどりの窓口が営業している。

3・4番線ホームの辻堂寄りには、「湘南電車キオスク」と呼ばれる国鉄80系電車をあしらった形の売店が設置されている。これは、同じ塗装で親しまれた113系電車がJR東日本の東海道本線から2006年3月17日に撤退したことを記念して設置されたものである。駅コンコースの改札外にはNEWDAYSがある。

のりば[編集]

ホームの使用状況
番線 路線 方向 行先 備考
1 東海道線
(湘南ライナー)
上り 品川東京新宿方面 本来は東海道貨物線ホーム
2 下り 平塚国府津小田原方面
3 東海道線 上り 大船横浜・東京方面 一部のライナーも使用
湘南新宿ライン 渋谷・新宿・大宮方面 大宮から高崎線へ直通
4 東海道線 下り 茅ヶ崎・平塚・小田原・熱海方面 一部のライナーも使用

(出典:藤沢駅:駅構内図 - 東日本旅客鉄道、2012年1月14日閲覧)

特記事項
  • 平日朝ラッシュ時に当駅始発の上り列車が2本設定されている。始発列車到着前はホームに長い列ができ、混雑の原因となっている。
  • 1・2番線は東海道貨物線にあるホームである。貨物線を経由する旅客列車はライナーのみであるため、旅客案内上ではライナー専用ホームとされ、ライナー運行時間帯外は閉鎖されている。有効長は10両分であるため、2008年3月14日までE351系12両編成を使用していた「おはようライナー新宿」「ホームライナー小田原」各1往復では1 - 3号車のドアを締め切り扱い(ドアカット)していた。なお一部の大船にも停車する「湘南ライナー」は旅客線を経由するため、3・4番線に停車する。
  • 2012年3月頃にATOSのプログラム更新が実施され、埼京線などで導入している内容に変更された。
湘南電車キオスク(2006年3月)


小田急電鉄[編集]

小田急 藤沢駅
改札口(2012年5月)
改札口(2012年5月)
ふじさわ - Fujisawa
OE 12 藤沢本町 (1.8km)
(1.5km) 本鵠沼 OE 14
所在地 神奈川県藤沢市南藤沢1-1
駅番号 OE 13
所属事業者 小田急電鉄
所属路線 江ノ島線
キロ程 23.1km(相模大野起点)
新宿から55.4km
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗降人員
-統計年度-
157,819人/日
-2012年-
開業年月日 1929年昭和4年)4月1日

小田急 藤沢駅
配線図
1 2・3 4


ENDEa ENDEa ENDEa
STR+BSl STR+BSlr STR+BSr
STR+BSl STR+BSlr STR+BSr
STR+BSl STR+BSlr STR+BSr
STR+BSl KRWgl+l KRWgr+r
KRWgl+l KRWgr+r STRlf STRlg
STR ABZlf STRlg STR
STR STR KRWgl+l KRWgr+r

藤沢本町駅本鵠沼駅

JR東日本の駅の南側に設置されている頭端式ホーム2面3線を有する地上駅。駅舎はJR東日本の駅と階段で接続されているが独立した建物であり、ホーム東端の車止めの先の地平部に設置されている。相模大野方面 - 片瀬江ノ島駅を直通する列車は当駅でスイッチバックを行う。

江ノ島線の相模大野方面 - 藤沢市街地間の建設に際しては、用地買収の手間が掛からない西側を通すことになったが、当駅でそのまま江ノ島へ進むと現在の江ノ島電鉄線と完全に並行することとなり、それを避けるように鉄道省から指導されていたため、当駅でスイッチバックして西側を進むルートをとった。

ホーム西側にJR東日本との間の乗り換え用跨線橋があり、その中に連絡改札口として11通路の自動改札機と自動精算機が設置されている。なお、以前は通路が狭く、自動改札機が両端に1台ずつ設置されていた[3]

特急ロマンスカーの「えのしま」と「ホームウェイ」(下りのみ)が停車する。小田急電鉄管区長駅長所在駅で、「藤沢管区」として中央林間 - 片瀬江ノ島間を、「藤沢管内」として六会日大前 - 片瀬江ノ島間を管理している。

2009年3月頃、行先案内表示器がフルカラーLED式に更新された(小田原線秦野駅も同様)。

2012・2013年度には、各ホームの上屋(屋根)増設工事を実施する予定である[4]

のりば[編集]

ホームの使用状況
ホーム 路線 方向 行先 備考
1 江ノ島線 下り 片瀬江ノ島方面 このホームのみ10両編成が入線可能
上り 相模大野新宿千代田線方面
2 江ノ島線 下り 片瀬江ノ島方面 線路は3番ホームと共通
新宿行は一部の特急のみ
上り 相模大野・新宿・千代田線方面
3・4 江ノ島線 上り 相模大野・新宿・千代田線方面 3番ホームの線路は2番ホームと共通
特記事項
  • 1・2番ホームには冷暖房完備の待合室と売店が設置されている。3・4番ホームには自動販売機のみ設置されている。
  • 上記のように乗り場案内はなされているが、実際には上下両方向からどのホームにも入線することが可能であり、どのホームからでも上下両方向に発車することが可能である。発着ホームはある程度規則性を持っているが、特殊なケースも存在する。
    • 上り列車は、特急ロマンスカーは1・2番ホームから、快速急行と10両編成の急行は1番ホームから、6両編成の急行と各駅停車は3・4番ホームから発車する。なお、各駅停車と6両編成の急行のうち、当駅で折り返して上り電車となるものは、原則として3番ホームを使用する。
    • 下り列車は通常1・2番ホームからのみ発車しているが、運用上の都合や突発時などの例外もある。
    • 3番ホームに入線した上り電車は、降車ホームとして2番ホーム側のドアも開ける。しかし、下り電車が2番ホームに入線した場合は、3番ホーム側のドアは閉めたままとなる。
    • 当駅が終着となる下り電車の一部は、4番ホームに入線するものもある。


江ノ島電鉄[編集]

江ノ電 藤沢駅
改札口と、奥にホームを見る(2008年11月)
改札口と、奥にホームを見る(2008年11月)
ふじさわ - Fujisawa
(0.6km) 石上 EN02 ►
所在地 神奈川県藤沢市南藤沢21-1
駅番号 EN01
所属事業者 江ノ島電鉄
所属路線 江ノ島電鉄線
キロ程 0.0km(藤沢起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面1線
乗車人員
-統計年度-
15,645人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1902年明治35年)9月1日

江ノ電の駅は、JR・小田急の駅の南口からバスターミナルを挟んだ南側にある小田急百貨店の2階部分にある。JRの改札続きの南口からはペデストリアンデッキで直接つながっており、屋根も設置してあるので雨天時でも濡れずに行き来できる。PASMOSuica対応の自動改札機が設置され、鎌倉駅とともにPASMO導入前から設置されていた。

トイレは乗車ホームの先端(石上駅側)に設置されている。2006年7月から、ホーム中央に多目的トイレも設置された(ベビーベッド及びオストメイト対応設備あり)。

売店は改札外に設置され、喫茶店「江ノ電の珈琲屋さん」が隣接している。

かつてのホームは2面2線構造の地上駅で、当時の国鉄藤沢駅に隣接してあったが、駅周辺の再開発に伴い、現在の駅ビル方式階上2面1線の構造になった。当初は地下化する計画もあったが、車両の難燃化などの問題から高架化となった。

線路終端は第二種車止めとしてドイツ製RAWIEの車止めが設置されている。RAWIE社の歴史は江ノ電並みに古く、主に関西と関東の一部の大手私鉄の新線と支線で見受けられる。江ノ電のような中小私鉄が使用しているのは日本では珍しい。

2009年8月1日現在、この車止めの後部に江ノ電の電車のおもちゃが飾られている。

のりば

1線のみの線路両側に降車・乗車に分かれたホームがあり、改札口から入って左側が乗車ホームである。江ノ電の列車には2両編成と4両編成があり、列車が到着する際は自動放送で足元の黄色や緑の表示の場所で並ぶように案内される。

乗車ホームからは見ることができないので気付く者も少ないが、ホーム中央下に0kmポストがある。

乗車ホームは平成に入り拡幅工事が施工された。以前はチューブ状の乗り場だった。

駅弁[編集]

主な駅弁は下記の通り[5]

  • 特選あじさいちらし寿し
  • しらす弁当
  • まぐろの浜ごはん
  • 鯵の押し寿し
  • 鯵と小鯛の押し寿し・湘南玉手箱
  • 特上鯵の押し寿し

利用状況[編集]

JR東日本・江ノ島電鉄[編集]

JR東日本の2013年度一日平均乗車人員は106,254人(同社全体で32位、神奈川県内では戸塚駅に次いで5位)、江ノ島電鉄の2011年度一日平均乗車人員は15,645人であった。近年の一日平均乗車人員の推移は下表のとおり。

年度 JR東日本 江ノ島電鉄 出典
1998年 99,985 12,246 [6]
1999年 95,373 11,984 [7]
2000年 92,640 12,107 [7]
2001年 92,231 12,064 [8]
2002年 92,187 11,667 [8]
2003年 93,411 11,909 [9]
2004年 94,192 12,040 [9]
2005年 95,436 12,322 [10]
2006年 97,128 12,471 [10]
2007年 101,691 14,004 [11]
2008年 102,629 14,123 [11]
2009年 102,240 15,154 [12]
2010年 102,284 16,524 [12]
2011年 102,054 15,645 [13]
2012年 104,300 [14]

小田急電鉄[編集]

2012年度の一日平均乗降人員は157,819人であり[15]、同社の駅の中で4位だった。近年の一日平均乗降人員・乗車人員の推移は下表のとおり。

年度 一日平均
乗降人員
一日平均
乗車人員
1930年 1,955
1935年 1,862
1940年 4,556
1946年 18,979
1950年 21,671
1955年 28,612
1960年 40,239
1965年 65,948
1970年 84,713
1975年 98,948
1980年 118,798
1985年 138,261
1990年 161,123
1993年 166,924[16]
1995年 165,038
1996年
1997年
1998年 77,254[17]
1999年 72,825[18]
2000年 142,096 70,187[18]
2001年 69,233[19]
2002年 68,348[19]
2003年 69,159[20]
2004年 70,422[20]
2005年 142,109 70,788[21]
2006年 71,836[21]
2007年 75,490[22]
2008年 76,197[22]
2009年 153,314 76,115[23]
2010年 154,045 76,484[23]
2011年 153,771 76,397[24]
2012年 157,819

駅周辺[編集]

北口周辺の様子。様々な建物が並ぶ。

駅周辺は湘南地方でも随一の繁華街で、百貨店や大型スーパーが林立する他、数多くの商店や飲食店が並ぶ商店街も各方向に伸びている。また、数多くの銀行、証券、保険会社が駅付近に支店を設けており、特に五大都市銀行グループと三大証券会社グループの支店がすべて揃っている。近隣には住宅も多い。

以前は多くの住宅が商店街や商業施設よりも遠い地区にあったが、1990年代後半以降は駅付近にもマンションが進出している。藤沢市役所は駅西側の国道467号を跨ぐように立地しており、その周囲には主要な行政機関が並んでいる。

地形は近くを流れる境川に向けて緩やかに下る傾斜地になっており、駅東側ではその地形を利用して、国道467号が東海道本線の下を通る形で立体交差している。

道路が駅から放射状に延びており、東海道本線を南北に横断できる道路も少ないことから、休日には駅周辺の道路がしばしば渋滞する。

道路[編集]

公共施設[編集]

北口方面[編集]

南口方面[編集]

  • 藤沢市民会館
  • 南市民図書館
  • 秩父宮記念体育館
  • 神奈川県藤沢合同庁舎

主な本社・事業所[編集]

主な商業施設[編集]

ビックカメラ藤沢店(元さいか屋→丸井)

かつてあった主な商業施設[編集]

  • 志澤百貨店(1974年3月29日開店)→藤沢西武(1978年9月15日開店)→1997年閉店・解体
  • 緑屋→クッチーネ→藤沢プライム
  • 東急ハンズ(1976年11月開店、東急プラザ内)→2006年12月31日閉店

郵便局・金融機関など[編集]

主な予備校・塾[編集]

バス路線[編集]

北口(藤沢駅北口)[編集]

神奈川中央交通江ノ電バス藤沢京成バス

  • 1番乗り場(神奈中)
  • 2番乗り場(神奈中)
  • 3番乗り場
    • [藤04]辻堂団地行(長久保経由)(神奈中)
    • 辻堂団地行(同上)(江ノ電)
    • [藤06]辻堂駅南口行(同上)(神奈中)
    • 辻堂駅南口行(同上)(江ノ電) ※平日3本のみ
  • 4番乗り場(江ノ電)
    • 鵠沼車庫前行(藤原経由)
  • 5番乗り場(神奈中)
    • [船32]大船駅西口行(柄沢橋・渡内経由)
    • [船33]大船駅西口行(柄沢橋・関谷インター経由)
  • 6番乗り場
    • [藤60]柄沢循環(神奈中)
    • [藤101]藤が岡循環(神奈中) ※ミニバス(平日朝を除く)
    • [藤102]藤が岡1・2丁目循環(神奈中) ※ミニバス(平日朝のみ)
    • [藤103]藤が岡3丁目循環(神奈中) ※ミニバス(同上)
    • [空港連絡バス]成田空港行(神奈中・京成)
  • 7・8番乗り場
    • 降車場
    • 東京駅、新宿駅からの深夜急行バスも北口に到着(神奈中)
  • 9番乗り場(神奈中)
    • [藤02]高山車庫行(上村経由)
    • [藤03]辻堂駅北口行(同上)
    • [藤07]茅ヶ崎駅北口行(南仲通り経由)
    • [藤08]茅ヶ崎駅北口行(藤沢市民病院経由) ※平日朝・昼のみ
    • [藤09]辻堂駅北口行(南仲通り経由)
    • [藤10]辻堂駅北口行(藤沢市民病院経由) ※平日朝・昼のみ
    • [藤12]湘南ライフタウン行(南仲通り・大庭隧道・駒寄経由)
    • [藤13]湘南ライフタウン行(藤沢市民病院・大庭隧道・駒寄経由) ※平日3本のみ
    • [藤15]湘南ライフタウン行(南仲通り・大六天・カントリー経由) ※1日2 - 5本のみ
    • [藤39]湘南台駅西口行(南仲通り・大六天・カントリー・大辻・湘南ライフタウン経由)
  • 10番乗り場(神奈中)
    • [藤34]湘南台駅西口行(南仲通り・大六天・一色上経由)
    • [藤35]荏原工業団地行(南仲通り経由)
    • [藤36]善行駅行(南仲通り経由)
    • [藤38]老人センター行(同上) ※1日3 - 4本のみ
    • [藤45]荏原工業団地行(藤沢市民病院経由)
    • [藤46]善行駅行(藤沢市民病院経由)
    • [藤51]湘南台駅東口行(藤沢市民病院・下屋敷経由)
    • [藤58]六会日大前駅行(同上)
    • [藤59]俣野公園・横浜薬大前行(下屋敷経由) ※1日1本のみ
  • 11番乗り場(江ノ電)
    • 大船駅行(武田薬品前・四季の杜経由)
    • 武田薬品前行 ※平日4本のみ
    • 四季の杜行(武田薬品前経由) ※1日2本のみ

南口(藤沢駅南口)[編集]

江ノ電バス藤沢、京浜急行バス南海バス北陸鉄道羽後交通

  • 1番乗り場(江ノ電)
    • 鎌倉駅行(川名橋・深沢経由)
    • 鎌倉駅行(富士見ヶ丘・深沢経由) ※夜間のみ
    • 桔梗山行(同上)
  • 2番乗り場(江ノ電)
    • 小動行(富士見ヶ丘・津村・腰越駅経由)
    • 藤沢駅行(循環 富士見ヶ丘・津村・腰越駅経由) ※土曜・休日朝のみ
    • 藤沢駅行(循環 富士見ヶ丘・津村・腰越駅・七里ヶ浜東台経由) ※1日2 - 4本のみ
    • 藤沢駅行(循環 富士見ヶ丘・西鎌倉・片瀬山経由)
    • 湘南車庫行(富士見ヶ丘経由)
  • 3番乗り場(江ノ電)
    • 藤沢駅行(循環 片瀬山・西鎌倉経由)
    • 手広行(片瀬山・西鎌倉経由)
    • 津村行(同上)
    • 辻堂駅行(江ノ島海岸・鵠沼海岸経由) ※平日2本のみ
    • 江ノ島行(江ノ島海岸経由)
    • 湘南港桟橋行(同上) ※平日3本のみ
  • 4番乗り場(江ノ電)
    • 大船駅東口行(富士見ヶ丘・長島経由) ※1日1 - 5本
    • 長島行 ※朝のみ、平日は急行
  • 5番乗り場(江ノ電)
    • 高根行
  • 6番乗り場
    • 降車場
  • 7番乗り場
    • 羽田空港行(江ノ電・京急)
    • [高速・夜行堺線]JR堺市駅前行(京都駅・OCAT・なんば高速バスターミナル・南海堺駅前・南海堺東駅前経由)(江ノ電・南海)
    • [高速・夜行福井・金沢線]金沢駅東口行(鎌倉駅東口・横浜駅西口・福井駅東口経由)(江ノ電・北陸鉄道)
    • [高速・夜行田沢湖線]田沢湖駅前行(横手バスターミナル・大曲バスターミナル・角館営業所経由)(江ノ電・羽後交通)
  • 8番乗り場
    • 渡内中央行(川名橋経由)(江ノ電)
    • 教養センター循環(湘南深沢・笛田経由)(江ノ電)
    • 湘南鎌倉総合病院行(四季の杜経由)(江ノ電)
    • 山武直通(早朝に限り運行。同社従業員及び来社者のみ利用可)

隣の駅[編集]

駅名右の()の英数字は駅番号を表している。

東日本旅客鉄道
東海道線
通勤快速・快速「アクティー」・湘南新宿ライン特別快速
大船駅 - 藤沢駅 - 茅ヶ崎駅
普通・湘南新宿ライン快速
大船駅 - 藤沢駅 - 辻堂駅
東海道貨物線
大船駅 - 藤沢駅 - 茅ヶ崎駅
小田急電鉄
江ノ島線
快速急行(上りはすべて当駅始発)・急行
湘南台駅 (OE 09) - 藤沢駅 (OE 13) - 片瀬江ノ島駅 (OE 16)
急行(一部列車、本鵠沼方当駅から各駅に停車)
湘南台駅 (OE 09) - 藤沢駅 (OE 13) - 本鵠沼駅 (OE 14)
各駅停車
藤沢本町駅 (OE 12) - 藤沢駅 (OE 13) - 本鵠沼駅 (OE 14)
江ノ島電鉄
江ノ島電鉄線
藤沢駅 (EN01) - 石上駅 (EN02)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当時はまだ路線名が設定されておらず、東海道線という路線名称が制定されたのは1895年である。
  2. ^ 東海地震の防災対策 神奈川県
  3. ^ 改造工事は鉄建建設により行われた。http://chuubu.co.jp/keireki.pdf 6ページ
  4. ^ 2012年度の鉄道事業設備投資計画 (2)駅施設改良、サービスの向上 ①ホーム上屋の増設 (PDF) - 小田急電鉄(2012年4月27日閲覧)
  5. ^ JR時刻表2010年8月号(交通新聞社刊)150ページ
  6. ^ 神奈川県県勢要覧(平成12年度)220、226ページ
  7. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成13年度)222、228ページ
  8. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成15年度)220、226ページ
  9. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成17年度)222、228ページ
  10. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成19年度)224、230ページ
  11. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成21年度)238、244ページ
  12. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成23年度)236、242ページ
  13. ^ 神奈川県県勢要覧(平成24年度)232、238ページ
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度) - JR東日本
  15. ^ 事業案内 - 小田急電鉄
  16. ^ 乗降人員数最高値年度
  17. ^ 神奈川県県勢要覧(平成12年度)223ページ
  18. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成13年度)225ページ
  19. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成15年度)223ページ
  20. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成17年度)225ページ
  21. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成19年度)227ページ
  22. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成21年度)241ページ
  23. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成23年度)239ページ
  24. ^ 神奈川県県勢要覧(平成24年度)235ページ
  25. ^ a b c d e f g h i j 平成23年度「藤沢市の商工施策」藤沢市の商業 (PDF) pp.13-18 - 藤沢市

関連項目[編集]

外部リンク[編集]