野川 (東京都)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
野川
野川
東八道路富士見大橋(三鷹市)
水系 一級水系 多摩川
種別 一級河川
延長 20.5 km
水源の標高 -- m
平均流量 0.2 /s
流域面積 43.9 km²
水源 日立製作所中央研究所内
(東京都国分寺市)
河口・合流先 多摩川
(東京都世田谷区)
流域 東京都
支流を含めた流域面積は67.5km2
テンプレートを表示

野川(のがわ)は、東京都を流れる多摩川水系多摩川支流の一級河川

地理[編集]

国分寺市東恋ヶ窪一丁目の日立製作所中央研究所内に源を発し、南へ流れる。西武国分寺線JR中央本線と交差し、真姿の池湧水群からの湧き水を合わせ、東へ向きを変える。小金井市に入り、武蔵野公園にさしかかるあたりから南東に流れ、西武多摩川線と交差し、野川公園に入る。小金井市と調布市の間を何度も縫ってその後三鷹市を流れ、再び調布市に入る。

京王線と交差し、調布市と狛江市の境を何度も縫い、調布市入間町付近で支流の入間川を合わせる。世田谷区に入り、神明の森みつ池からの湧水を合わせて、小田原線をくぐり、東名高速道路と交差する。世田谷区鎌田で北から流れ来る仙川を合わせ、多摩川と並んで二子玉川国道246号新二子橋二子橋をくぐり、東急田園都市線東急大井町線二子玉川駅のホーム下をくぐった後、世田谷区玉川一丁目付近で多摩川に合流する。

野川の北側に並行して、大昔多摩川が削ったといわれる河岸段丘である国分寺崖線がある。「ハケ」と呼ばれる崖の斜面からはかつてに比べれば大幅に減少しているものの清水も多く湧き、都内でも珍しい自然が残っている。

歴史[編集]

先史時代[編集]

野川は洪積世の時代の古多摩川の川道であるとされる。古多摩川が通らなくなったあと国分寺崖線の湧水を集め、崖線に平行して流下するようになったと考えられている。また、野川流域には横穴墓が見つかっている[1]

六郷用水開削による流路変更[編集]

かつての野川は、小金橋あたりから野川緑地公園に近い流路で現在の狛江市中心部を流れ、そのまま南流し岩戸川(現在の岩戸川緑地公園)及び町田川に接続し、宇奈根付近で多摩川に注いでいた。

1597年慶長2年)から15年かけて六郷用水(次大夫堀)が開削された。これに伴い世田谷通りの新一の橋付近で六郷領用水と合流し流れを東に変え、世田谷通りと滝下橋緑道を流れ入間川と合流するようになった。次太夫堀公園を流れた後用水から分流し現在の野川下流に近い流路を通っていた。

昭和の流路変更[編集]

1967年昭和42年)になって六郷領用水も川の流路を失わない範囲で大部分が埋められ(一部が野川緑地公園と滝下橋緑道に整備)、野川の流路を東に寄らせる改修が行われた。野川は狛江市街に入らずに調布市と狛江市の市境付近に新たに開削された[2]。それより下流の野川も入間川との合流点を作り、さらに少し下流のきたみふれあい広場(小田急電鉄喜多見車両基地)付近では旧入間川より数百メートルほど東に野川が開削され(西側の従前の入間川は埋められた。狛江ハイタウン前からきたみふれあい広場までは道路及び遊歩道になっている)、さらに下流でも次大夫堀開削以前の入間川に近い流路がとられた。また、この開削した川も全区間野川と称した。

戦後から高度経済成長期を経て1980年代前半までは、周辺地域の宅地化が進行し、下水道も未整備であったため生活雑排水が垂れ流されるようになる。流水の大半がそれらからなり、水底はヘドロで覆い尽くされ悪臭を放つドブ川となってしまうが、平成に入り周辺地域の下水道整備がようやく完了し、清流への回復が徐々に進み始めた。これにより各種類や水生昆虫、かわせみ、カメなどの生息、回帰も確認されるようになった。しかし、皮肉なことに汚水の減少にともなって水量そのものも減少してしまい、冬季にはしばしば川の水が枯れるようになった。また、水量減少は流路に湿原的な環境を所々作り出し、アシの繁茂が新たな生物相を生じさせてもいる[3]

この流路変更前の野川は、アメリカ軍による1947年(昭和22年)3月〜1948年(昭和23年)3月撮影の空中写真[4]によって確認できる。

ギャラリー[編集]

支流[編集]

流域の自治体[編集]

東京都
国分寺市小金井市調布市三鷹市狛江市世田谷区

橋梁[編集]

新小金井街道貫井大橋(小金井市)
野川をわたる西武多摩川線(二枚橋川橋梁)
泉橋(三鷹市)
東京都道110号府中三鷹線御狩野橋(三鷹市)
相曽浦橋(三鷹市)
歩行者専用橋の中耕地橋(調布市)
調布市内で野川を越える京王電鉄京王線。国道20号馬橋から下流を写す。
旧・小金橋(調布市・狛江市境)。2008年平成20年)に新橋に架け替えられた。
世田谷区内で野川を越える小田急小田原線
野川水道橋(世田谷区)。2008年(平成20年)に新たに架け替えられた。
二子橋と東急二子玉川駅(世田谷区)。兵庫橋より撮影(手前の柵は兵庫橋のもの)。
国分寺市
小金井市
三鷹市
調布市
世田谷区

脚注[編集]

  1. ^ 三鷹市教育委員会 教育センター [リンク切れ]
  2. ^ 1967年(昭和42年)1月放映の『ウルトラマン』第27話「怪獣殿下(後篇)」冒頭で当時の河岸(神代団地)が映るが、水面が高谷橋に届きそうなほど異常に高く豊かな水量をたたえている。これはこの空中写真のように流路変更の途上で団地部分だけが先行して整備された後の野川が、すぐ先の野川大橋付近までの一時的な池だったためである。
  3. ^ 野川が消える - 狛江市、2001年10月11日
  4. ^ 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス

関連項目[編集]

外部リンク[編集]