MIHO MUSEUM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg MIHO MUSEUM
Miho museum02n3872.jpg
施設情報
専門分野 小山美秀子のコレクション
管理運営 公益財団法人秀明文化財団
開館 1997年
所在地 529-1814
滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示
エントランスホール

MIHO MUSEUM(みほ みゅーじあむ)は、滋賀県甲賀市信楽町田代にある滋賀県の登録博物館。運営は、公益財団法人秀明文化財団。

概要[編集]

神慈秀明会の会主・小山美秀子のコレクションを展示するため、1997年平成9年)11月に開館。

コレクションは、ギリシアローマエジプト中近東ガンダーラ中国日本など、幅広い地域と時代に渡る優品2000点以上が含まれている。コレクション形成に数百億円をかけたともいわれ、日本にある私立美術館のコレクションとしては有数のものである。現在の館長は辻惟雄(東京大学名誉教授、日本美術史専攻)。

建築[編集]

信楽町郊外の自然豊かな山中にある美術館は、「桃源郷」をイメージして造られている。レセプション棟から桜並木を通ってトンネルをくぐり、その先の吊り橋の向こうに展示館がある。利用者の移動の便のためと環境にあわせ、電気自動車がレセプション棟と展示館の間を往復している。

建物設計は、ルーヴル美術館の「ガラスのピラミッド」、ワシントンナショナル・ギャラリー東館で有名な建築家、イオ・ミン・ペイである。建築容積の8割が地下に埋没しているというこの建物は、周囲の自然景観保全に配慮したものである。

設備設計は、東京国際フォーラム、横浜港大さん橋国際客船ターミナル、兵庫県立美術館など、多くの建築設備設計を行っている森村設計が担当している。美術品の価値や存在意義を維持するのに最適な環境を構築している。

文献[編集]

  • 『Miho Museum』 フィリップ・ジョディディオ・文、MIHO MUSEUM編、2007年
     本文は日本語表記、建築自体の公式紹介(144頁)
  • 『MIHO MUSEUM 日経アーキテクチュアブックス』 日経BP社、1996年-落成時の紹介

主な収蔵品[編集]

所在地[編集]

  • 滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300

その他[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

 

座標: 北緯34度54分53.57秒 東経136度0分58.17秒 / 北緯34.9148806度 東経136.0161583度 / 34.9148806; 136.0161583