国道307号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道307号
一般国道

国道307号標識

国道307号
陸上区間 109.4 km[注釈 1]
海上区間 指定なし
制定年 1970年
起点 滋賀県彦根市
主な
経由都市
東近江市甲賀市城陽市京田辺市
終点 大阪府枚方市
接続する
主な道路
記法
国道8号
国道306号
名神高速道路
国道421号
国道477号
国道1号
国道422号
国道24号
京奈和自動車道(京奈道路)
国道1号バイパス・第二京阪道路
国道1号
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
水口松尾駅前(滋賀県甲賀市)
京都府宇治田原町内
京都府城陽市奈島字芝新田にある距離標識

国道307号(こくどう307ごう)は、滋賀県彦根市から大阪府枚方市に至る一般国道である。

概要[編集]

枚方市内の部分を除いてはほとんど渋滞もなく、概ね全線快走できる国道である。但し、宇治田原町奥山田地区において1.5車線の未改良区間が存在し、大型車の離合に支障をきたしている。そのため、同区間を迂回する奥山田バイパスが事業化されている。なお、この区間を除けばほとんど改良が進み、離合困難な区間はない。近年では、国道1号の京都市街地を迂回する裏道的な性格も強くなってきた。また、2008年2月には新名神高速道路と接続し、関西各方面からのアクセス道路として重要な役割を担いつつある国道である。

路線データ[編集]

歴史[編集]

  • 1970年4月1日:一般国道307号(滋賀県彦根市~大阪府枚方市)として指定。

路線状況[編集]

重複区間[編集]

  • 国道306号(彦根市・外町交差点 - 多賀町・多賀交差点)
  • 国道422号(甲賀市信楽町立石橋交差点 - 甲賀市信楽町下朝宮石倉橋交点)

愛称[編集]

  • 近江グリーンロード[注釈 2]
  • 田辺街道

バイパス[編集]

道路施設[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

主な接続道路[編集]

管理区間[編集]

  • 彦根市 - 愛荘町:滋賀県彦根土木事務所
  • 東近江市 - 日野町:滋賀県東近江土木事務所
  • 甲賀市:滋賀県甲賀土木事務所
  • 宇治田原町 - 京田辺市:京都府山城土木事務所(京田辺市)
  • 枚方市 = 大阪府枚方土木事務所

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 現道とバイパスそれぞれが本路線に指定されている日野水口グリーンバイパスの7.0kmを含む。
  2. ^ 滋賀県の一般公募により決定された愛称[1]

出典[編集]

  1. ^ 道路の愛称”. 滋賀県 湖東土木事務所 道路計画課 (2010年6月25日). 2013年4月12日閲覧。
  2. ^ 平成23年大阪府告示第482号:『大阪府公報』第3348号。
  3. ^ 平成23年大阪府告示第481号:『大阪府公報』第3348号。
  4. ^ きてみてひらかたマップ」枚方市。2012年7月28日閲覧。

関連項目[編集]