与野本町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
与野本町駅
西口
西口
よのほんまち - Yonohommachi
南与野 (1.6km)
(1.1km) 北与野
所在地 さいたま市中央区本町東二丁目3-11
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 埼京線
(正式には東北本線別線)
キロ程 15.1km(赤羽起点)
大崎から34.0km
電報略号 ヨチ
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
14,559人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1985年昭和60年)9月30日
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口

与野本町駅(よのほんまちえき)は、埼玉県さいたま市中央区本町東二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)のである。

当駅に乗り入れている路線は、線路名称上は東北本線(別線)であるが、運転系統上は埼京線として案内される。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する高架駅である。出口は東口と西口がある。

直営駅駅長配置)であり、管理駅として南与野駅北与野駅を管理している。みどりの窓口(営業時間:7:00 - 19:00)、指定席券売機自動改札機エレベーターが設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 埼京線 池袋新宿大崎りんかい線方面
2 埼京線 大宮川越方面

ステーションカラー[編集]

埼京線北赤羽 - 北与野間の各駅(全10駅)には、駅ごとに異なる色が設定されている。当駅のカラーはフレッシュ(肌色)である。

利用状況[編集]

2013年度の一日平均乗車人員は14,559人である。快速通過駅の浮間舟渡駅北戸田駅などよりも少ない。 近年の一日平均乗車人員の推移は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
2000年 13,282
2001年 13,170
2002年 13,362
2003年 13,546
2004年 13,635
2005年 13,850
2006年 14,041
2007年 14,073
2008年 14,053
2009年 13,878
2010年 13,791
2011年 13,884
2012年 14,219
2013年 14,559

駅周辺[編集]

さいたま市中央区役所をはじめとして、多くの行政・公共サービス機関が当駅周辺(特に北側)に置かれている。駅高架下に平屋建ての駅ビルや店舗(ジェイアール東日本都市開発が賃借)を擁するほかには、駅周辺に商店は少ない。東口前にはパチンコ店が2店舗立地するほかは住宅地が広がっている。当駅の東を鴻沼川が流れ、さらに約1.2km離れて与野駅がある。近年は旧与野市の商業の中心地区が新しく開発されたさいたま新都心および北与野駅周辺へ移りつつあり、歴史的な与野宿に近い当駅周辺は主に住宅街となっている。

駅ビル

高架下店舗

東口

西口

バス路線[編集]

  • 国際興業バス
    • 与本04 白鍬電建住宅行(陣屋経由)
    • 与本05 与野本町駅 - 陣屋 - 白鍬電建住宅 - 八王子 - 与野本町駅(白鍬循環)

以前は、志木駅行(国際興業) 北浦和駅/大宮駅行(西武バス)などの路線も発着していた。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
埼京線
通勤快速
通過
快速
武蔵浦和駅 - 与野本町駅 - 大宮駅
各駅停車
南与野駅 - 与野本町駅 - 北与野駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]