嘉瀬川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
嘉瀬川
嘉瀬川 2006年3月撮影
長崎本線橋梁より下流方
水系 一級水系 嘉瀬川
種別 一級河川
延長 57 km
水源の標高 967 m
平均流量 9.74 /s
(川上観測所 2000年平成12年))
流域面積 289 km²
水源 金山(佐賀県)
河口・合流先 有明海(佐賀県)
流域 佐賀県
テンプレートを表示

嘉瀬川(かせがわ)は佐賀県中東部を流れる嘉瀬川水系の本流で、一級河川である。

毎年11月に河川敷で佐賀インターナショナルバルーンフェスタが行われることで有名である。また上流には北山ダム(総貯水量2,225万m³、1956年竣工)、嘉瀬川ダム(総貯水量7,100万m³、2012年竣工)があり、周辺は観光地になっている。

地理[編集]

脊振山地佐賀県神埼市脊振町服巻付近、脊振山の西方が源流。佐賀平野に入るまでは川上川とも称される。上流部には北山ダムがある。平野部に入ってからは一部天井川となり、佐賀市の西端をなしつつ有明海北端に注ぐ。

また、佐賀市内で分流する多布施川が存在し、分留地点には江戸時代成富茂安が整備した石井樋(いしいび)がある。

流域の自治体[編集]

佐賀県
神埼市佐賀市小城市

横断する交通[編集]

道路[編集]

鉄道[編集]

並行する交通[編集]

道路[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]