手取川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
手取川
手取川
手取川(白山市・旧鶴来町付近)
水系 一級水系 手取川
種別 一級河川
延長 72 km
水源の標高 2,702 m
平均流量 72.48 /s
流域面積 809 km²
水源 白山
河口・合流先 日本海
流域 石川県
テンプレートを表示

手取川(てどりがわ)は、石川県の主に白山市を流れて日本海へ注いでいる一級河川石川の通称で呼ばれた時代もあり、郡名(石川郡)および県名の由来となっている。

地理[編集]

石川県白山市南部の旧白峰村岐阜県境にそびえる白山に源を発し北流する。上流には手取川ダムがあり、中流域の旧鳥越村吉野谷村地区では河岸段丘を下刻して手取峡谷を形成している。旧鶴来町市街地で流路を西へ変更し、山から金沢平野へ抜ける地点を扇頂とした扇状地を形成している。能美市能美郡川北町の境界を流れ、白山市の旧美川町で日本海に注いでいる。平均河床勾配1/27は日本有数の急流河川である。

河口より約40km北東に位置する「千里浜なぎさドライブウェイ」で有名な千里浜は、手取川が運搬した土砂が沿岸流によって運ばれ堆積したものである。

名称[編集]

倶利伽羅峠の戦いのあと平家軍を追う木曾義仲軍が篠原の戦いを前に、増水して濁流の川を渡るとき、多くの兵士が互いに手に手を取って流されないようにして渡ったことに由来する[1]徳光パーキングエリアの南脇の大川、大慶寺川(現・大慶寺用水)など扇状地での流れも変わってきたが手取川と呼ばれる以前は「比楽河・ひらかがわ」とも呼ばれた[2][3][4]河口の港は比楽湊、その後「本吉湊」と呼ばれ、室町時代には三津七湊の1つであった。

支流[編集]

  • 柳谷川
  • 三ツ谷川
  • 大道谷川
  • 百合谷川
  • 赤谷川
  • 下田原川
  • 尾添川
  • 瀬波川
  • 大日川
  • 直海谷川

七ヶ用水[編集]

手取川を水源とし、金沢平野の北側半分を潤す7つの用水の総称。

ほとんどは新たに用水を掘ったのではなく、何度も流れを変えた手取川のかつての川筋を元にして作られている。

  • 富樫(とがし)用水:高橋川となって伏見川から犀川に注ぐ。
  • 郷用水
  • 中村用水
  • 山島用水
  • 大慶寺用水
  • 中島用水
  • 新砂川用水

災害[編集]

北陸本線・手取橋梁での1934年(昭和9年)7月増水の状況

暴れ川として知られ、過去幾度となく洪水・氾濫を繰り返した。特に1934年昭和9年)7月の災害は手取川最大の災害として知られる。前年の豪雪による残雪と豪雨の影響で水量が増加、上流の別当谷で大崩壊が発生し(別当崩れ)死者・行方不明者が100人を超える大災害となった。白山麓の市ノ瀬集落はこの災害で壊滅した。

手取川扇状地上の集落は洪水を避けるため自然堤防の微高地に立地しており、島集落と呼ばれる景観を形成している。

白峰百万貫の岩[編集]

白峰村集落の上流、県道33号白山公園線沿いの河床にある高さ16mの大岩。1934年(昭和9年)の大洪水の時に支流の宮谷川から流出した。大災害の様子を後世に伝える資料であり、県指定天然記念物に指定されているとともに日本の地質百選にも選定されている。

河川施設[編集]

1980年(昭和55年)に建設された手取川ダムは上水道、工業用水、電力、治水に利用される。上水道は、石川県の七尾市以南に広く供給されている。また、農業用水も各地から取水される。

一次
支川名
(本川)
二次
支川名
ダム名 堤高
(m)
総貯水
容量
(千m³)
型式 事業者 備考
手取川 - 手取川ダム 153.0 231,000 ロックフィル 国土交通省
電源開発
石川県
手取川 - 手取川第二ダム 37.5 1,700 重力式 北陸電力
尾添川 - 尾口第一ダム 28.4 16 重力式 北陸電力
尾添川 - 吉野谷ダム 20.5 - 重力式 北陸電力
尾添川 雄谷川 中宮ダム 16.6 - 重力式 北陸電力
大日川 - 大日川ダム 59.9 27,200 重力式 石川県
直海谷川 - 手取川第三ダム 50.0 4,247 重力式 北陸電力

主な橋梁[編集]

金名橋
天狗橋
川北大橋

上流より示す。

電力開発[編集]

北陸電力吉野第一発電所
北陸電力福岡第一発電所

1911年明治44年)に金沢電気瓦斯株式会社(現在の金沢市企業局の前身)が、福岡発電所を設けたのに始まる(現在の北陸電力福岡第一発電所)。現在は水系に22(電源開発:1、北陸電力:21)の発電所がある。

環境[編集]

サケ有効利用調査の対象河川として、許可を得た者は期間内にサケの遊漁が認められている[5]

舞台となった作品[編集]

※発表順

映画

脚注[編集]

  1. ^ 木曽義仲の伝説 鶴来町”. 石川新情報府. 2010年7月20日閲覧。
  2. ^ 昔々の手取川は「比楽河」”. 北陸先端科学技術大学院大学. 2010年7月20日閲覧。
  3. ^ 2.中・近世(1)中世の本吉湊、比楽湊・本吉湊(美川漁港)の「みなと文化」 (PDF)”. pp. 4-5/19 ページ. 2010年7月20日閲覧。
  4. ^ 白山・手取川と生きる、白山砂防通信 (PDF)”. 国土交通省北陸地方整備局金沢河川国道事務所. pp. 2/4ページ (2005年冬号、VOL.10). 2010年7月20日閲覧。
  5. ^ 手取川サケ有効利用調査
  6. ^ 千葉真一 (1989年1月13日) (日本語) (Color). なんだ、こいつら。JACスーパーアクション in 激突 (VHS). 東映ビデオ. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]