六角川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
六角川
六角川の位置
水系 一級水系 六角川
種別 一級河川
延長 47 km
水源の標高 447 m
平均流量 2.94 /s
(妙見橋観測所 2000年)
流域面積 341 km²
水源 神六山(佐賀県)
河口・合流先 有明海(佐賀県)
流域 佐賀県
テンプレートを表示

六角川(ろっかくがわ)は、佐賀県中部を流れる六角川水系の本流で一級河川

地理[編集]

武雄市西部の山地に発し、概ね東流。白石平野を流れる中流域では蛇行が甚だしい。下流域で牛津川を合わせ、有明海に注ぐ。

流れが緩やかで、また有明海最深部に流入しているため、河口から29km地点まで海水の遡上が見られる。河口部では江戸時代から干拓が行われ、また海苔養殖も盛ん。

国内石炭産業の最盛期では、大町町の土場口から下流は杵島炭鉱から産出した石炭を河口近くの住ノ江港まで運ぶ運炭船で賑わっていた。

流域の自治体[編集]

佐賀県
武雄市杵島郡大町町白石町江北町小城市

主な支流[編集]

並行する交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

主な橋梁(河口から順に)[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]