櫛田川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
櫛田川
櫛田川 2002年6月10日撮影
近鉄山田線橋梁(松阪市)
水系 一級水系 櫛田川
種別 一級河川
延長 85 km
水源の標高 1,249 m
平均流量 16.7 /s
(両郡観測所 2002年)
流域面積 461 km²
水源 高見山(三重県)
河口・合流先 伊勢湾(三重県)
流域 三重県
テンプレートを表示

櫛田川(くしだがわ)は、三重県中部の中央構造線沿いを西からに流れ伊勢湾に注ぐ一級水系本流

倭姫命世記では倭姫命を落とした地を櫛田と名付けたとあり、川名の由来ともなったのではないかとされる。

流域の自治体[編集]

三重県
松阪市多気郡多気町

主な支流[編集]

  • 太良木川
  • 月出川
  • 蓮川
  • 仁柿川
  • 佐奈川
  • 祓川(右派川)

別名[編集]

櫛田川の別名に「揥水(ていすい)」という呼称がある。これは当地出身の江戸時代中期の儒学者奥田三角が名付けたもので、「揥」とは櫛を意味している[1]

立梅用水[編集]

立梅用水(たちばいようすい)は櫛田川水系の朝柄川を水源とする用水である。江戸時代の文政6年(1823年)に波多瀬村、片野村、朝柄村、古江村、丹生村の請願により紀州藩によって作られた[2]疏水百選に選ばれている。

主なダム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 揥水まちづくり協議会『揥水歴史散策マップ』2014年7月発行
  2. ^ 櫛田川 立梅用水井堰

外部リンク[編集]