高瀬川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高瀬川
水系 一級水系 高瀬川
種別 一級河川
延長 63.7 km
水源の標高 1,020 m
平均流量 17.7 /s
(上野観測所 2000年)
流域面積 866.9 km²
水源 八幡岳(青森県)
河口・合流先 太平洋(青森県)
流域 青森県
テンプレートを表示

高瀬川(たかせがわ)は、青森県南東部を流れ太平洋に注ぐ一級河川。高瀬川水系の本流である。

「高瀬川」の名称の使用は、小川原湖から河口までの7kmほどの範囲のみに限定されることが多く、小川原湖より上流は「七戸川(しちのへがわ)」、「和田川(わだがわ)」で呼ばれている。

地理[編集]

青森県上北郡七戸町の西部に位置する奥羽山脈八幡岳(標高1,020m)の南麓に源を発する。七戸町の市街地で作田川を、七戸町字千刈道ノ下付近で坪川を合わせ、三本木原北部を潤し、小川原湖南西部に流入する。湖の北東部から再び流れ出し、上北郡六ヶ所村三沢市の境界から太平洋に注ぐ。

高瀬川水系の流域面積866.9km²には、小川原湖の63.2km²が含まれている。下流部は低湿地で、小川原湖は汽水湖となっている。

流域の自治体[編集]

青森県
上北郡七戸町東北町三沢市、上北郡六ヶ所村

支流[編集]

  • 作田川(さくだがわ)
  • 坪川(つぼがわ)
    • 中野川(なかのがわ)
  • 姉沼川(あねぬまがわ)
    • 中津川(なかつがわ)

河川施設[編集]

並行する交通[編集]

道路[編集]

外部リンク[編集]