緑川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
緑川
水系 一級水系 緑川
種別 一級河川
延長 74 km
水源の標高 1,684 m
平均流量 29.7 /s
(城南観測所 2000年)
流域面積 1,213 km²
水源 向坂山(熊本県)
河口・合流先 有明海(熊本県)
流域 熊本県
テンプレートを表示

緑川(みどりかわ)は、熊本県中部を流れ有明海島原湾に注ぐ緑川水系の本流で、一級河川である。

地理[編集]

宮崎県境の向坂山(さきさかやま、標高1684m)及び小川岳(標高1542m)の西麓に発し西流。上流に緑川ダム。甲佐町で北西流、嘉島町南部で熊本平野に出て再び西流へと転じ、宇土半島の北側基部から有明海に注ぐ。

急峻な地形[編集]

  • 深くえぐられた谷
水源から美里町あたりまでは、谷が深く、滝が多く見られる。特に山都町には「矢部四十八滝」とも呼ばれるくらい滝が多い。
谷が深いため架橋数が少ない。台地から谷を越えて架かる橋は内大臣橋鮎の瀬大橋であり、橋から遠い集落に住む人たちは、谷を渡るにはかなり迂回しなければならない。

植生[編集]

  • 源流部は九州では珍しく降雪量が多い場所。地形が険しいことから営林署による伐採があまり行われずに、広葉樹林がわずかに残った。
  • 秋には見事な紅葉になり、冬場には樹氷も見られる。

流域の自治体[編集]

熊本県
上益城郡山都町下益城郡美里町、上益城郡甲佐町御船町嘉島町熊本市南区)、宇土市

支流[編集]

並行する交通[編集]

鉄道[編集]

かつて緑川中流域、嘉島町から美里町砥用(当時は砥用町)まで熊延鉄道が並行していたが、1964年昭和39年)3月31日限りで廃止となった。

道路[編集]

国道

主要地方道

橋梁[編集]

周辺の施設[編集]

流域の観光地[編集]

外部リンク[編集]