円山川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
円山川
円山川 2006年9月08日撮影
六方川合流点より下流方面を望む
水系 一級水系 円山川
種別 一級河川
延長 68 km
水源の標高 641.1 m
平均流量 30.2 /s
(府市場観測所 2002年)
流域面積 1,300 km²
水源 兵庫県朝来市生野町円山
河口・合流先 日本海(兵庫県豊岡市)
流域 兵庫県
テンプレートを表示

円山川(まるやまがわ)は、兵庫県北東部を流れる一級水系本流朝来川(あさごがわ)とも呼ばれる。2012年(平成24年)7月3日、「円山川下流域・周辺水田」がラムサール条約に登録された[1]

地理[編集]

兵庫県中部、旧播磨国の境界近く、朝来市生野町円山(標高641.1m)に源を発して北流。途中養父市豊岡市を流れ、豊岡市北部で日本海に注ぐ。 長さは68Kmで兵庫県で5番目、流域面積は1300㎢で兵庫県で2番目 [2]

下流域の豊岡盆地は旧但馬国では最大の平地で、穀倉地帯となっている。豊岡盆地の下流部は非常に流れが緩やかで(1万分の1程度の勾配[2])、河口から17kmの出石川合流付近まで海水が浸入する。そのため、この付近までは鏡のような水面が続き、河原が見られるのはそれより上流となる[2]。18kmには丸石河原がある。

豊岡市内では堤防内の高水域がほぼ民有地で占められており、牧草地や畑となっている。また、多くの高水域において柳の木(コリヤナギ)が植えられており、行李(やなぎごうり)作りの原料となっている。

自然に配慮した工事[編集]

河口から5.5kmほどの中州である簸磯島(ひのそじま)が治水事業で面積の半分、体積の三分の二が掘削され、全島が湿地もしくは半湿地状態ととなった。これは、事前調査でシッチコモリグモヤナギヌカボタコノアシミクリなどの重要な動植物が発見されたのを受けて、全島削除が半島削除に変更されたため[2]

生物相[編集]

円山川に生息している生物の種類は多く、近畿地方にある11の一級河川の中でも最も生物相の豊かな河川であるといっても過言ではない[2]

分類群 種数 順位
維管束植物 806 1
昆虫類 1537 3
魚類 87 3
鳥類 100 5

鳥類[編集]

コハクチョウマガンオオタカノスリハヤブサコミミズクノゴマコムクドリなど

2005年にコウノトリが放鳥され、円山川全域が狩猟禁止となった。それ以前は、島根県中海宍道湖で越冬するコハクチョウ・マガンが通過して行くだけであった。冬に田んぼに水を張る冬季湛田でコハクチョウが越冬するようになり、続いてマガンも越冬するようになった[3]。ヤナギ林・ヨシ原は、鳥類標識調査により渡り鳥の重要な中継地であることが知られており、ツバメの塒としても有名[2]

魚類[編集]

簸磯島ではシラウオの産卵が確認されている[2]

昆虫[4][編集]

鞘翅目[編集]

ノコギリクワガタヒラタクワガタコクワガタ

オオフタホシマグソコガネカドマルエンマコガネダイコクコガネ

  • これら糞虫は、1960年代、河川敷に放牧されていたウシの糞に集まっていたが、現在の生息状況は不明。

コアオハナムグリ

オオヒラタシデムシヤコンオサムシセアカオサムシ

  • ミミズなどの小動物の死骸を食べ、河川敷で見られる。

カワチゴミムシ

  • 丸石河原では、本種をはじめ、大型種から微小種まで様々なゴミムシ類が見られる。

アイヌハンミョウコニワハンミョウハンミョウエリザハンミョウマメハンミョウ

  • アイヌハンミョウは丸石河原に多く、中流域に多く生息。コニワハンミョウは、狭い砂地や土のあるところに生息し、中流域から海岸部まで生息。ハンミョウ類は河原などが草地になると生息できなくなるため、適当なかく乱が必要。マメハンミョウの幼虫はイナゴの卵を食べるため多く見られる。

タマムシ

マイマイカブリ

ヤナギハムシヤナギルリハムシクルミハムシバライロツツハムシクロボシツツハムシコガタルリハムシヨモギハムシアオバネサルハムシスキバジンガサハムシ

  • ヤナギハムシとヤナギルリハムシはヤナギ類に見られ、葉を食べつくすほど大発生することもある。クルミハムシはオニグルミ、バライロツツハムシ・クロボシツツハムシはノイバラ、コガタルリハムシはギシギシ、ヨモギハムシ・アオバネサルハムシはヨモギ、スキバジンガサハムシはヒルガオ類で見られる。

ショウカイボン

テントウムシナナホシテントウヒメカメノコテントウカメノコテントウカメノコテントウハラグロオオテントウマクガタテントウ

  • アブラムシ食べに集まる。マクガタテントウは小さな河川敷特有の種で、円山川には多い。

膜翅目[編集]

ミツバチニッポンヒゲナガハナバチクロアナバチアシナガバチ

鱗翅目[編集]

キアゲハヒメウラナミジャノメベニシジミモンシロチョウスジグロチョウキチョウモンキチョウキタテハコムラサキゴマダラチョウ

直翅目[編集]

トノサマバッタクルマバッタモドキマダラバッタコバネイナゴ

トンボ目[編集]

オオカワトンボハグロトンボアオハダトンボオナガサナエキイロヤマトンボホンサナエヤゴヤサナエチョウトンボコフキトンボネアカヨシヤンマアオヤンママルタンヤンマヤブヤンマヒヌマイトトンボ

植物[編集]

汽水域の菊屋島には近畿地方、日本海側では最大規模のヨシ原がある。護岸には多くのシオクグが生育している。京都府ではすでに絶滅しているので、近畿地方の日本海側では唯一の生育地となっている。簸磯島ではヒメシロアサザウスゲチョウジタテが発見されている。隣接する戸島湿地にはコウキヤガラ・ミズアオイ・ヒメシロアサザの群落が見られる。 河口から7kmから9kmにかけては、ヤナギ林を含む大規模なヨシ原が見られる。丸石河原には、カワラナデシコカワラヨモギカワラハコカワラマツバなどが見られる。洪水の後などにはカワラハハコが大群落を作ることがある。カワラサイコは、標本が採集されているが、現在は生育が確認されていない。外来種シナダレスズメガヤアレチハナガサなどの比率が高くなってきている[2]

流域の自治体[編集]

主な支流[編集]

括弧内は流域の自治体

  • 神子畑川(朝来市)
  • 与布土川(朝来市)
  • 大屋川(養父市)
  • 八木川(養父市)
  • 稲葉川(豊岡市)
  • 出石川(豊岡市)
  • 六方川(豊岡市)
  • 前川・奈佐川 (豊岡市)
  • 戸牧川 (豊岡市)

並行・横断する交通[編集]

並行する鉄道[編集]

横断する鉄道[編集]

道路[編集]

その他[編集]

流域の観光地[編集]

イメージキャラクター[編集]

豊岡河川国道事務所では、「ぷるるん」と名づけられた円山川の精霊のキャラクターを子供向けの河川PR事業に利用している。

関連項目[編集]


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ラムサール条約に登録、豊岡市・円山川下流域 県内初:神戸新聞2012年7月3日
  2. ^ a b c d e f g h 菅村定昌、兵庫県生物学会編、「近畿有数の生物相を誇る円山川」『兵庫県生物学会65周年記念誌 豊かな兵庫の自然力 - 生物の多様性と人々の営み -』、神戸新聞総合出版センター、2011年、14-16頁
  3. ^ 高橋信、兵庫県生物学会編、「円山川が育む野鳥の多様性」『兵庫県生物学会65周年記念誌 豊かな兵庫の自然力 - 生物の多様性と人々の営み -』、神戸新聞総合出版センター、2011年、20-21頁
  4. ^ 上田尚志、兵庫県生物学会編、「円山川河川敷で暮らす虫」『兵庫県生物学会65周年記念誌 豊かな兵庫の自然力 - 生物の多様性と人々の営み -』、神戸新聞総合出版センター、2011年、17-19頁

外部リンク[編集]