鈴鹿川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鈴鹿川
鈴鹿川 2006年5月撮影
鈴鹿川に架かる伊勢鉄道橋梁
水系 一級水系 鈴鹿川
種別 一級河川
延長 40 km
水源の標高 800 m
平均流量 7.21 /s
(高岡観測所 2000年)
流域面積 323 km²
水源 那須ヶ原岳(三重県)
河口・合流先 伊勢湾(三重県)
流域 三重県
テンプレートを表示

鈴鹿川(すずかがわ)は、三重県北部を流れる一級水系本流

地理[編集]

滋賀県との県境を成す鈴鹿山脈の那須ヶ原岳(標高800m)東麓に発し[要出典]伊勢湾に注ぐ。流路のほとんどで東海道国道1号)が並行する。上流域はかつて鈴鹿郡関町だったが、2005年1月11日から亀山市に編入された。

特筆すべき事項として、1956年8月1日、旧鈴鹿郡関町大字大杉(面積:0.197km²)が分水界を越えて旧阿山郡伊賀町に編入され、伊賀町一ツ家(現在は伊賀市一ツ家)となったため、主な支流の一つである加太川は伊賀市も流れていることになる。ただその面積の小ささゆえか、ほとんど知られていない。

流域の自治体[編集]

三重県
亀山市鈴鹿市四日市市

主な支流[編集]

括弧内は流域の自治体

  • 加太川(亀山市、伊賀市)
  • 安楽川(亀山市、鈴鹿市)
  • 内部川(四日市市)

並行する交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

外部リンク[編集]