姫川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
姫川
Himekawa River Hakuba07bs4592.jpg
長野県白馬村大出にて
水系 一級水系 姫川
種別 一級河川
延長 60 km
水源の標高 2,932 m
平均流量 22.33 /s
(山本観測所)
流域面積 722 km²
水源 白馬岳
河口・合流先 日本海
流域 長野県新潟県
テンプレートを表示
奴奈川姫

姫川(ひめかわ)は、長野県北安曇郡および新潟県糸魚川市を流れ日本海に注ぐ河川一級水系の本流。

国土交通省が公表している一級河川の水質現況において、1999年以降4回にわたって水質ランキング日本一に輝いている[1]

地理[編集]

水源は長野県北安曇郡白馬村の親海湿原の湧水である。古事記には、糸魚川市付近を治めていた豪族の娘、奴奈川姫大国主命出雲から求婚しに来たという神話が残されている。この奴奈川姫が姫川の名の由来とされる。 白馬村においては、白馬連峰に端を発する支流の松川平川扇状地を成し、平坦な盆地白馬盆地)を形成している。ただ、流域の大半は白馬岳を始めとする標高2,000mを超える山々が連なり、非常に急峻である。

流路が北アメリカプレートとユーラシアプレートの境界となっている糸魚川静岡構造線にほぼ沿い、東西にある急峻な西頸城山地と北アルプスから供給される土砂が多い。また、飛騨外縁帯の脆弱な蛇紋岩が上流部の八方尾根、中流部の平岩・小滝付近、および支流の大所川上流部に広く分布するため、地すべり地形が広く分布する。そのため豪雨による土砂災害が絶えず、道路や鉄道が不通となることがたびたびあり、暴れ川として知られている。

地質[編集]

姫川(長野県白馬村)

この川の流域には、蛇紋岩中に構造岩塊として含まれていたヒスイの産地があり、現在確認されている日本全国の縄文時代早期から奈良時代の遺跡から発見されているヒスイ製大珠や勾玉などの装身具の原料は、この川の流域や西方にある青海川流域、および新潟県糸魚川市大和川海岸から富山県下新川郡朝日町宮崎海岸にかけての日本海沿岸で採取されたヒスイを用いて現地で加工されたものであると考えられている。

現在でも、姫川河口の東西の海岸(東は糸魚川市大和川海岸、西は黒部市石田浜)や姫川の河原において、ヒスイを観察することができるが、ヒスイに類似した岩石も多く鑑定には経験を要する。糸魚川市美山公園にはヒスイについて考古学的な側面から紹介した長者ケ原考古館と、地球科学的側面から紹介した、フォッサマグナミュージアム[2]があり、フォッサマグナミュージアムでは採集した岩石がヒスイかどうかを学芸員が鑑定するサービスが行われている。

姫川源流自然探勝園 [編集]

姫川源流自然探勝園
Himekawa River headwaters.jpg
名水百選姫川源流湧水
所在地
長野県北安曇郡白馬村大字神城字佐野
北緯36度37分49秒 東経137度50分50秒 / 北緯36.63028度 東経137.84722度 / 36.63028; 137.84722 (姫川源流自然探勝園)
設備・遊具 遊歩道、取水場
駐車場 サンアルピナ白馬さのさかスキー場駐車場
テンプレートを表示

親海湿原[編集]

姫川の源流は元々の水源は青木湖であったが、佐野坂の地すべり堆積物によって堰き止められたと考えられている。親海湿原はその堆積物の間にすり鉢状の凹地に、河川の流入もなく湧水によって形成された標高750mの湿原である。また湿原の水は、「ドウカク山」の斜面に沿い伏流し姫川の源流となる。湿原の湧水は青木湖からの漏水であるとの説があるが詳しい調査は行われていない。

亜高山帯から高山帯の湿原植物が自生しホロムイソウの長野県唯一の自生地として有名である。また、福寿草水芭蕉ミツガシワ群落、カキツバタサワオグルマコオニユリサワギキョウコバギボウシドクゼリ等の多くの植物が自生する。湿原は木道の遊歩道等で整備され20分程度で一周できる。

姫川源流湧水[編集]

親海湿原の「ドウカク山」の南にある荒神の森を隔てて、親海湿原の水が再び湧水する。「ひるがの高原分水嶺公園」とともに中央分水界国道沿いに明確に見られる代表的な親水公園である。姫川源流湧水として名水百選に選定されている。[3]

河床は細かいであり、バイカモの群落、涌水近くはクレソン、川辺にはネコノメソウフクジュソウミズバショウキクザキイチゲカタクリニリンソウが咲き、ヒメザゼンソウの群落が自生する。セキショウモエビモなどの藻類が繁茂し、イワナの溯上も確認されている。

災害[編集]

土石流対策のスリットダム

明治44年(1911年)8月、稗田山の北側斜面が崩壊し、大量の岩屑が支流の浦川を流下して姫川河床に堆積し、高さ60m~65mの天然ダムを形成した。堰き止められた姫川は長瀬湖と呼ばれる湖を出現させ、川沿いの集落に甚大な被害を与えた。この崩壊は20世紀の日本における最大の山岳崩壊であり「稗田山崩れ」と呼ばれている。常願寺川鳶山崩れ安倍川大谷崩れと共に日本三大崩れの一つとされる。

近年では平成7年(1995年)7月11日の災害(7.11水害)で、川沿いに位置する姫川温泉蒲原温泉などが甚大な被害を受け、国道148号、大糸線が長期不通となった。なお、翌年12月6日にはこの災害復旧工事中に土石流が発生し作業員14人が死亡している。

このほか江戸時代より多数の出水、土砂災害の記録が残る。糸魚川市の歴史も参照のこと。

水力発電[編集]

姫川水系では電力会社のほか民間企業水力発電所を運営している。本川上流部には中部電力、中・下流部には電気化学工業黒部川電力(電気化学工業・北陸電力共同出資)、東京発電東京電力グループ)、支流の大所川には東北電力の発電所が存在する。

流域の自治体[編集]

長野県
北安曇郡白馬村小谷村
新潟県
糸魚川市

支流[編集]

並行する交通[編集]

姫川温泉とJR大糸線

姫川沿いは長野県と新潟県上越地方とを結ぶ数少ない交通路であり、塩の道千国街道)として利用されてきた歴史がある。今日でも国道148号および大糸線JR東日本西日本)が並行している交通の要衝である。

主な橋梁[編集]

  • 水神宮橋
  • 小谷大橋 - 国道148号
  • 小谷橋
  • 大正橋 - 国道148号
  • 山本橋 - 国道148号
  • 中山橋 - 国道148号
  • 翡翠橋
  • 今井橋 - 新潟県道222号西中糸魚川線
  • 姫川橋 - 北陸自動車道
  • 姫川大橋 - 国道8号
  • 姫川橋 - 新潟県道486号姫川港青海線

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]