サワオグルマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サワオグルマ
サワオグルマ Senecio pierotii.JPG
2008年5月、福島県会津地方
分類
:  植物界 Plantae
:  被子植物門 Magnoliophyta
:  双子葉植物綱 Magnoliopsida
:  キク目 Asterales
:  キク科 Asteraceae
:  キオン属 Senecio
:  サワオグルマ S. pierotii
学名
Senecio pierotii Miq.
シノニム

Tephroseris pierotii

和名
サワオグルマ(沢小車)

サワオグルマ(沢小車、学名:Senecio pierotii )はキク科キオン属多年草Tephroseris属に含む場合がある。

分布と生育環境[編集]

本州、四国、九州、沖縄に分布し、日当たりのいい山野の湿原、水辺、耕作放棄水田、水田脇などに自生する。

特徴[編集]

花茎の高さは50cmから80cmになり、黄色の舌状花と筒状花で構成されるキク科の特徴をもつ、径3cmから4cm程の花を数個から30個程度つける。花期は4月から6月頃。花期にも根生葉がある。

近縁種[編集]