江の川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
江の川
JRW nobuki sta.jpg
水系 一級水系 江の川
種別 一級河川
延長 194 km
水源の標高 1,218 m
平均流量 75.1 /s
(尾関山観測所 2000年)
流域面積 3,870 km²
水源 阿佐山(広島県)
河口・合流先 島根県江津市
流域 広島県島根県
テンプレートを表示

江の川(ごうのかわ)は、広島県および島根県を流れる一級水系本流中国地方最大のである。江川(ごうがわ)とも呼ばれる。広島県域では可愛川(えのかわ)とも呼ばれる。また、中国太郎の異名を持つ。

地理[編集]

広島県山県郡北広島町高野の阿佐山に源を発し、安芸高田市八千代湖を経て、三次市で馬洗川、西城川、及び神之瀬川と合流し、島根県江津市日本海に注ぐ。

流域の地形的状況により河口に大規模な平野部(を利用した農地など)を作らなかった事から「無能な川」と呼ばれた。しかし中国山地を越えて日本海に注ぎ水量も豊富なため、三江線などの中国地方を縦断する交通機関が発達する昭和期まで「川の道」として河川交通の要となっており、三次や粕淵(美郷町)、川本などは河港であった。

島根側では江川(ごうがわ)とも呼ばれる。そのためか、島根の高校野球の名門、江の川高等学校野球部のユニフォームの胸の文字は「GOGAWA」とされていた(なお、2009年4月に江の川高等学校は石見智翠館高等学校に校名が改められている)。


主な支流[編集]

  • 馬洗川(ばせんがわ)流域面積679.5 km²、流路延長39.2km - 江の川との合流地点近くに巴橋が架かる。
  • 西城川(さいじょうがわ)流域面積630.8km²、流路延長64.5km
  • 神之瀬川(かんのせがわ)流域面積330.3km²、流路延長76.9km
  • 出羽川(いずはがわ)流域面積162.5km²、流路延長36.0km
  • 濁川(にごりかわ)流域面積92.4km²、流路延長20.4km
  • 八戸川(やとがわ)流域面積296.2km²、流路延長36.0km

河川施設[編集]

流域の自治体[編集]

広島県
山県郡北広島町安芸高田市三次市
島根県
邑智郡邑南町、邑智郡美郷町、邑智郡川本町江津市

主な滝[編集]

  • 流域の支流には名のある滝が多く、日本の滝百選となっている常清滝(三次市)、蟠龍渓の「赤馬滝」(美郷町)や千丈渓「白藤の滝」(邑南町)など、どれも美しい[要出典]

外部リンク[編集]