比婆道後帝釈国定公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

比婆道後帝釈国定公園(ひばどうごたいしゃくこくていこうえん)は、広島県島根県及び鳥取県にまたがる国定公園である。

総面積は8,416haで、三井野原・比婆山・吾妻山・船通山・道後山の中国山地の中央部の山々と帝釈峡からなる。 1963年(昭和38年)7月24日に指定された。

概要[編集]

比婆山
帝釈峡
神竜湖

比婆山・道後山:隆起草原地形

帝釈峡地域:カルスト地形を縦走する峡谷

面積[編集]

  • 8,416ha

[編集]

渓谷[編集]

[編集]

  • 神竜湖(しんりゅうこ) ・・帝釈川ダムのダム湖
    財団法人ダム水源池環境整備センターのダム湖百選に選定されている

自然[編集]

施設[編集]

関係市町村[編集]

関連記事[編集]